狼男 (1941年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狼男
The Wolf Man
監督 ジョージ・ワグナー
脚本 カート・シオドマク
製作 ジョージ・ワグナー
出演者 後述
音楽 チャールズ・プレヴィン
撮影 ジョセフ・A・ヴァレンタイン
編集 テッド・J・ケント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年12月12日
上映時間 70分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

狼男』(おおかみおとこ、原題:The Wolf Man)は、1941年アメリカユニバーサル映画が製作した映画狼男をテーマとしたホラー映画の代表作。主演ロン・チェイニー・ジュニア。監督・製作ジョージ・ワグナー

製作が第二次大戦中であった為、日本では劇場未公開。戦後に『狼男の殺人』の題名でテレビ放映され、長くその名で知られてきた。2003年に『狼男』としてDVDがリリースされたのに伴い、現在では一般にこの題名で呼称されている。

ストーリー[編集]

ウェールズの名門タルボット家の次男ローレンスは、兄の死に伴い故郷に帰ってきた。父のジョン卿は健在だが、その跡取りとしての帰郷であった。ローレンスは町を眺めていて一目惚れした骨董屋の娘グエンと、その友人ジェニーと共にジプシーの占い師ベラの元にでかける。しかし、ベラは狼憑きであり、狼に変身したベラに襲われたジェニーを助けようとしたローレンスはベラに噛まれてしまう。狼の呪いを受けたローレンスは満月の光を浴びると凶暴な狼男に変身し、自分の意思とは無関係に殺人を犯してしまうようになる・・

概要[編集]

1930年代に『魔人ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』を始めとしてホラー映画のヒット作を多く生み出してきたユニバーサル社が、サイレント時代の怪奇スター、ロン・チェイニーの息子ロン・チェイニー・ジュニアを新たなスターとして製作したホラー映画。人狼伝説に基づいているが、特に原作小説を持たないオリジナル作品である。また、ユニバーサルは1935年に狼男をテーマとして『倫敦の人狼』を作っているが、それとの継続性はない。設定も異なる独立した作品である。

本作は戦時下の公開であったがヒットし、狼男はドラキュラ、フランケンシュタイン・モンスター、ミイラ男と並ぶホラー分野の有名キャラクターとなった。劇中のローレンス・タルボットは本来好人物であるが、狼憑きに噛まれた為に満月の夜になると狼男に変身し、自分の意思に関係なく殺人を犯してしまう二重人格的なキャラクターである。その人間ローレンスの苦悩と、凶暴な獣人の恐怖を演じたチェイニー・ジュニアも、この狼男を最大の当たり役として1940年代を代表する怪奇スターとなった。

一方でタルボットを襲う狼憑きを演じたのは、『魔人ドラキュラ』のドラキュラ役で知られる1930年代の大スターであったベラ・ルゴシ。本作では端役に近い位置付けで、怪奇の主演スター交代を印象付けた。

本作のヒットにより1943年には続編となる『フランケンシュタインと狼男』が制作されたが、同作はフランケンシュタインシリーズの続編でもある。二つのシリーズが融合して一つの世界を形成することになった。チェイニーは先行する『フランケンシュタインの幽霊』(1942年)ではモンスターを演じていたが、この『フランケンシュタインと狼男』ではモンスターはベラ・ルゴシに譲り、狼男役に専念した。チェイニーはその後も3本、合計5本のユニバーサル・ホラーで狼男を演じた。

キャスト[編集]

シリーズ作品[編集]

本作のヒットによりユニバーサル映画はチェイニー・ジュニアを狼男役として4本の続編を製作した。しかし第2作以降はフランケンシュタイン・モンスターやドラキュラなど複数の怪物が競演する怪物エンターテインメント的作品になっていった。シリーズ作は以下の通り。

  1. 狼男 (1941年)*本作
  2. フランケンシュタインと狼男 (1943年 モンスター役:ベラ・ルゴシ)
  3. フランケンシュタインの館 (1944年 モンスター役:グレン・ストレンジ/ドラキュラ役:ジョン・キャラダイン
  4. ドラキュラとせむし女 (1945年 モンスター役:グレン・ストレンジ/ドラキュラ役:ジョン・キャラダイン)
  5. 凸凹フランケンシュタインの巻 (1948年 モンスター役:グレン・ストレンジ/ドラキュラ役:ペラ・ルゴシ)

リメイク[編集]

当初は2009年2月に全米公開される予定だったが、追加撮影などのために2010年2月12日に延期された。日本では2010年4月23日公開。

外部リンク[編集]