エド・ウッド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・ウッド
Ed Wood
監督 ティム・バートン
脚本 スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
製作 ティム・バートン
デニーズ・ディ・ノヴィ
出演者 ジョニー・デップ
マーティン・ランドー
サラ・ジェシカ・パーカー
パトリシア・アークエット
音楽 ハワード・ショア
撮影 ステファン・チャプスキー
編集 クリス・レベンゾン
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月28日
日本の旗 1995年9月2日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1800万ドル
興行収入 $5,887,457[1]
テンプレートを表示

エド・ウッド』(Ed Wood)は、「史上最低の映画監督」と言われた映画監督エド・ウッドを題材にした1994年の白黒映画。監督はエド・ウッドのファンであるというティム・バートン

アカデミー賞ではマーティン・ランドーアカデミー助演男優賞を受賞、またメイクアップ賞も受賞した。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エド・ウッド ジョニー・デップ 平田広明
ベラ・ルゴシ マーティン・ランドー 内田稔
ドロレス・フーラー サラ・ジェシカ・パーカー 高乃麗
キャシー・オハラ パトリシア・アークエット ならはしみき
アメージング・クリズウェル ジェフリー・ジョーンズ 稲葉実
バニー・ブレッキンリッジ ビル・マーレイ 江原正士
ヴァンパイラ リサ・マリー 幸田直子
トー・ジョンソン ジョージ・スティール 郷里大輔
ロレッタ・キング ジュリエット・ランドー
ポール・マルコ マックス・カセラ
コンラッド・ブルックス ブレント・ヒンクリー
トム・メイソン ネッド・ベラミー
ジョージ・ワイス マイク・スター 金尾哲夫
レモン牧師 G・D・スプラドリン 小山武宏
オーソン・ウェルズ ヴィンセント・ドノフリオ
金尾哲夫
声:モーリス・ラマーシュ
(ノンクレジット)
秘書#2 メローラ・ウォルターズ
後援者 グレゴリー・ウォルコット
(カメオ出演)
その他声の出演
坂口賢一 古澤徹 棚田恵美子
宝亀克寿 津野田なるみ 伊藤栄次
伊藤和晃 峰恵研 星野充昭
日本語版制作スタッフ
字幕翻訳 石田奏子
吹替翻訳 高山美香
吹替演出 松岡裕紀
録音・調整 金谷和美
制作監修 岡本企美子
録音製作 ACクリエイト
制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

スタッフ[編集]

解説[編集]

グレンとグレンダ』製作から『プラン9・フロム・アウタースペース』完成にいたるまでのエド・ウッドの「黄金期」を描いた作品で、ウッドの知名度を飛躍的に高める契機となった。

この映画には、ウッドが監督した映画の場面を忠実に再現しているシーンがいくつかあり、あまりにもそっくりな描写にバートンのウッドに対する敬愛ぶりが伺える。またエド・ウッドは実際に女装する趣味を持っていたため、作中にもジョニー・デップが女装するシーンがある。

作品中であこがれのオーソン・ウェルズと偶然出会うシーンは脚色で、実際には本人は生涯ウェルズに会うことはなかった。ウェルズもまた生涯映画の資金繰りに苦労した人物で、片や「映画史上最高」、片や「映画史上最低」の才能がどことなく似通った人生を送ったことは興味深い。

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
アカデミー賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
メイクアップ賞 リック・ベイカー、ヴィ・ニール、Yolanda Toussieng 受賞
サターン賞 ファンタジー映画賞 『エド・ウッド』 ノミネート
主演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
脚本賞 スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー ノミネート
音楽賞 ハワード・ショア 受賞
American Comedy Awards おかしな助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
アルゼンチン映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞 ティム・バートン ノミネート
英国アカデミー賞 助演男優賞 マーティン·ランドー ノミネート
メイクアップ賞 リック・ベイカー、ヴィ・ニール、Yolanda Toussieng ノミネート
ボストン映画批評家協会 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ティム・バートン ノミネート
シカゴ映画批評家協会 主演男優賞 ジョニー・デップ ノミネート
助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
スペイン映画作家協会賞 最優秀外国語映画賞 『エド・ウッド』 受賞
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『エド・ウッド』 ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジョニー・デップ ノミネート
助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
グラミー賞 映画作曲賞 ハワード・ショア ノミネート
カンザスシティ映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 男優賞 ジョニー・デップ 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
音楽賞 ハワード・ショア 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 トップ10作品 『エド・ウッド』 受賞
全米映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
全米映画俳優組合賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
全米脚本家組合賞 脚本賞 スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー ノミネート
サテライト賞 Best DVD Extra 『エド・ウッド』 ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ Ed Wood (1994)”. Box Office Mojo. 2009年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]