エド・ウッド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・ウッド
Ed Wood
監督 ティム・バートン
脚本 スコット・アレクサンダー
ラリー・カラゼウスキー
製作 ティム・バートン
デニーズ・ディ・ノヴィ
出演者 ジョニー・デップ
マーティン・ランドー
サラ・ジェシカ・パーカー
パトリシア・アークエット
音楽 ハワード・ショア
撮影 ステファン・チャプスキー
編集 クリス・レベンゾン
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月28日
日本の旗 1995年9月2日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1800万ドル
興行収入 $5,887,457[1]
テンプレートを表示

エド・ウッド』(Ed Wood)は、「史上最低の映画監督」と言われた映画監督エド・ウッドを題材にした1994年の白黒映画。監督はエド・ウッドのファンであるというティム・バートン

アカデミー賞ではマーティン・ランドーアカデミー助演男優賞を受賞、またメイクアップ賞も受賞した。

あらすじ[編集]

冒頭、カメラは不気味な洋館の中へと入っていき、ある一室に置かれた棺へと寄っていく。すると棺の蓋が開き、案内役の男の口上が始まる。

「ようこそ諸君。君たちはまだ見ぬ何か、謎めいた何かを求めている。…それでは事の次第の一部始終をお見せしよう。まやかしは一切なし、全てはこの恐怖の体験を生き延びた人々の秘密の証言によって裏付けられている。諸君の心臓はこの真実に耐えうるか?エドワード・D・ウッドJr.の真実に…。」

―1950年代のハリウッド。映画監督を目指す青年エドワード・D・ウッド・Jrことエド・ウッドは、映画スタジオで使いっ走りの仕事をしながら、いつの日か第2のオーソン・ウェルズになることを夢見ていた。恋人の女優ドロレス・フラー、仲間のカールやコンラッド、ゲイのバーニーらと芝居を上演したりするものの、なかなか成功へのチャンスもつかめず、それ以前に彼には映画監督としての才能が徹底的に無かったが、当の本人は妙に楽天的な性格の持ち主だった。

ある時、エドはかつてドラキュラ俳優として一世を風靡したベラ・ルゴシと出会う。ルゴシは今ではすっかり落ちぶれ、薬物中毒の老人だったが、エドにとっては子供の頃からの憧れの人なのだ。B級映画会社のプロデューサーを何とか説き伏せて、エドは自身の脚本・監督・製作・主演の処女作『グレンとグレンダ』に、口上役としてルゴシを出演させる。エドが自らの服装倒錯趣味を映画に反映させていたが、ドロレスは彼の女装癖に嫌悪感を隠せなかった。完成した『グレンとグレンダ』のあまりの出来の悪さにプロデューサーは激怒し、映画は地方上映されたのみであった。

次の『怪物の花嫁』には、ルゴシ、ドロレスと共にプロレスラーのトー・ジョンソン、バーでスカウトした女優志願のロレッタらの出演で撮影が開始されるが、資金難で幾度も中断する。エドは制作資金を肩代わりする代わりにロレッタを主演女優にした為、ドロレスとの関係は完全に破たんしてしまう。またしても映画の出来も観客の受けも散々であった。更に、以前から体調を崩していたルゴシが薬物中毒のリハビリ施設に入院することになり、エドはそれに付き添っていった。

ルゴシが入院している病院で、エドはキャシーと出会う。遊園地でのデートで、エドはキャシーに自らの女装癖について告白するが、彼女は「男性として女性を愛してくれるなら」と、それを受け入れエドの伴侶となる。一方、ルゴシは治療費が続かず施設を退院することになった。医師から、ルゴシの命はもう先が長くないことを知らされたエドは、せめて本人を元気づけようと新作映画と称して、自宅前でささやかな撮影を行った。ルゴシが心臓発作で亡くなったのはその少し後のことで、彼はドラキュラの衣装で埋葬された。

ルゴシの葬式のあと無気力に陥っていたエドだったが、偶然出会った教会の牧師が「宗教映画を作りたい」と言うのを聞いて、自分の新たな作品につなげようと思いつく。タイトルは『プラン9・フロム・アウタースペース』だったが完全にSF映画の体裁だったため、教会側は難色を示す。更に撮影が始まると、教会は人気の牧師を主演に据えようとしたり、撮影手法に難癖をつけ始めたため、エドは怒って撮影現場から飛び出してしまう。

場末のバーにヤケ酒をあおりに行ったエドは、そこで何とオーソン・ウェルズと出くわす。エドはおそるおそる席に近づき、彼の大ファンであることや、映画の撮影が難航していることを告げると、ウェルズも自らの新作の資金繰りやプロデューサーとの兼ね合いに苦労していることを話す。そして、エドに助言する。「私は『市民ケーン』では信念を貫き通し、プロデューサー連中には一コマたりとも手を触れさせなかった。夢のためなら戦え。他人の夢を撮ってどうなる?」大いに励まされたエドは撮影現場に戻り、教会側の横やりをねじ伏せて、あらん限りの情熱をこめて作品を完成させた。

ロードショー館でのプレミア上映の夜、「この映画をベラ・ルゴシに捧げる」と挨拶したエドは、これこそ自らの最高傑作だと感慨に浸る。そして上映が終わった後、自分を支えてくれたキャシーにプロポーズしたのだった。


…エド・ウッドはその後もハリウッドで戦い続けたが、次第に酒におぼれ、1978年に死去した。以後、新世代のファンを獲得。「史上最低の映画監督」の称号で呼ばれている―。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エド・ウッド ジョニー・デップ 平田広明
ベラ・ルゴシ マーティン・ランドー 内田稔
ドロレス・フーラー サラ・ジェシカ・パーカー 高乃麗
キャシー・オハラ パトリシア・アークエット ならはしみき
アメージング・クリズウェル ジェフリー・ジョーンズ 稲葉実
バニー・ブレッキンリッジ ビル・マーレイ 江原正士
ヴァンパイラ リサ・マリー 幸田直子
トー・ジョンソン ジョージ・スティール 郷里大輔
ロレッタ・キング ジュリエット・ランドー
ポール・マルコ マックス・カセラ
コンラッド・ブルックス ブレント・ヒンクリー
トム・メイソン ネッド・ベラミー
ジョージ・ワイス マイク・スター 金尾哲夫
レモン牧師 G・D・スプラドリン 小山武宏
オーソン・ウェルズ ヴィンセント・ドノフリオ
金尾哲夫
声:モーリス・ラマーシュ
(ノンクレジット)
秘書#2 メローラ・ウォルターズ
後援者 グレゴリー・ウォルコット
(カメオ出演)
その他声の出演
坂口賢一 古澤徹 棚田恵美子
宝亀克寿 津野田なるみ 伊藤栄次
伊藤和晃 峰恵研 星野充昭
日本語版制作スタッフ
字幕翻訳 石田奏子
吹替翻訳 高山美香
吹替演出 松岡裕紀
録音・調整 金谷和美
制作監修 岡本企美子
録音製作 ACクリエイト
制作 DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

スタッフ[編集]

解説[編集]

グレンとグレンダ』製作から『プラン9・フロム・アウタースペース』完成にいたるまでのエド・ウッドの「黄金期」を描いた作品で、ウッドの知名度を飛躍的に高める契機となった。

この映画には、ウッドが監督した映画の場面を忠実に再現しているシーンがいくつかあり、あまりにもそっくりな描写にバートンのウッドに対する敬愛ぶりが伺える。またエド・ウッドは実際に女装する趣味を持っていたため、作中にもジョニー・デップが女装するシーンがある。

作品中であこがれのオーソン・ウェルズと偶然出会うシーンは脚色で、実際には本人は生涯ウェルズに会うことはなかった。ウェルズもまた生涯映画の資金繰りに苦労した人物で、片や「映画史上最高」、片や「映画史上最低」の才能がどことなく似通った人生を送ったことは興味深い。

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
アカデミー賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
メイクアップ賞 リック・ベイカー、ヴィ・ニール、Yolanda Toussieng 受賞
サターン賞 ファンタジー映画賞 『エド・ウッド』 ノミネート
主演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
脚本賞 スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー ノミネート
音楽賞 ハワード・ショア 受賞
American Comedy Awards おかしな助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
アルゼンチン映画批評家協会賞 最優秀外国語映画賞 ティム・バートン ノミネート
英国アカデミー賞 助演男優賞 マーティン·ランドー ノミネート
メイクアップ賞 リック・ベイカー、ヴィ・ニール、Yolanda Toussieng ノミネート
ボストン映画批評家協会 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ティム・バートン ノミネート
シカゴ映画批評家協会 主演男優賞 ジョニー・デップ ノミネート
助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
スペイン映画作家協会賞 最優秀外国語映画賞 『エド・ウッド』 受賞
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『エド・ウッド』 ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジョニー・デップ ノミネート
助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
グラミー賞 映画作曲賞 ハワード・ショア ノミネート
カンザスシティ映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 男優賞 ジョニー・デップ 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
音楽賞 ハワード・ショア 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 トップ10作品 『エド・ウッド』 受賞
全米映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
撮影賞 ステファン・チャプスキー 受賞
全米映画俳優組合賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 助演男優賞 マーティン・ランドー 受賞
全米脚本家組合賞 脚本賞 スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー ノミネート
サテライト賞 Best DVD Extra 『エド・ウッド』 ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ Ed Wood (1994)”. Box Office Mojo. 2009年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]