ビッグ・フィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッグ・フィッシュ
Big Fish
監督 ティム・バートン
脚本 ジョン・オーガスト
原作 ダニエル・ウォレス
『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』
製作 ブルース・コーエン
ダン・ジンクス
リチャード・D・ザナック
製作総指揮 アーン・シュミット
出演者 ユアン・マクレガー
アルバート・フィニー
ビリー・クラダップ
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 クリス・レベンゾン
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年12月10日
日本の旗 2004年5月15日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000[1]
興行収入 $122,919,055[1]
テンプレートを表示

ビッグ・フィッシュ』(Big Fish)はティム・バートン監督による2003年作のファンタジー映画である。ダニエル・ウォレス(Daniel Wallace)のベストセラー『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』を原作にジョン・オーガストが脚色した。劇場公開翌年の2004年には第76回アカデミー賞作曲賞にノミネートされた。

概要[編集]

前年に父を亡くし、子供を授かったティム・バートンの自身の物語とも取れる作品。次作の『チャーリーとチョコレート工場』と同様に、父と子の和解というテーマが根底にあり、この作品で新境地を開いた。

老エドワードの語る、若き日のおとぎ話のような回想シーンと、彼が病で死にゆく現実のシーンとが交互に描かれる。回想シーンは非常に華やかな色調で、バートンの常の手法であるファンタジー性が押し出されている一方、現実シーンは落ち着いたトーンで作られた対比構造が顕著である。常のように奇矯な人物は数多く登場するが、現実世界をそのまま舞台として描いた作品は実質初となる。

タイトルである『ビッグ・フィッシュ』は、誰も信じないホラ話という意味合いの言葉でもあるが、クライマックスでそれが効果的に演出されている[2]

あらすじ[編集]

身重の妻ジョセフィーンと暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だ。ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、年を取るにつれそれが作り話であることに気づき、いつしか父の話を素直に聞けなくなっていた。3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、不満が爆発する形でウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、仲違いが生じ、それ以来二人の不和が続いていたのだった。

そんなある日、母サンドラから父が病で倒れたと知らせが入る。ウィルは妻と共に実家へと戻る。しかし、病床で相変わらずな話を語り出す父と、本当の父を知りたいと葛藤する息子は理解し合えぬままだった。

父の荷物を整理していたウィルは古い証書を見つけると、エドワードの過去を聞くために、証書に名前の記された女性ジェニファーに会いに行く。ジェニファーの話から、これまで完全なほら話と思っていた話の中に実は真実が含まれていたこと、そしてエドワードが多くの人に愛され、妻子を深く愛していたことを知る。

間もなくエドワードの容態が急変。最期を迎えようとする父に、枕元でウィルは父の物語を豊かに創作して語って聞かせる。エドワードの葬式に、これまでほら話だと思っていた人々がたくさん集まってくるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 機内版
エドワード・ブルーム(回想) ユアン・マクレガー 森川智之
エドワード・ブルーム アルバート・フィニー 石田太郎
ウィル・ブルーム ビリー・クラダップ 平田広明
サンドラ・ブルーム ジェシカ・ラング 唐沢潤
ジェニファー・ヒル / 魔女 ヘレナ・ボナム=カーター 佐藤しのぶ
サンドラ・ブルーム(回想) アリソン・ローマン 片岡身江
ジョセフィーン・ブルーム マリオン・コティヤール
カール マシュー・マッグローリー 宝亀克寿
ミルドレッド ミッシー・パイル
エージェント ディープ・ロイ
ベネット医師 ロバート・ギローム
ノザー・ウィンズロー スティーヴ・ブシェミ 檀臣幸 青山穣
エーモス・キャロウェイ団長 ダニー・デヴィート 北川勝博

書誌情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Big Fish (2003)”. Box Office Mojo. 2009年9月17日閲覧。
  2. ^ バートンは「あいまいなもののなかにこそ真実は隠れているんじゃないだろうか」という(DVD特典映像より)。

外部リンク[編集]