ユアン・マクレガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユアン・マクレガー
Ewan McGregor
Ewan McGregor
カンヌ国際映画祭にて(2012年)
本名 Ewan Gordon McGregor
生年月日 1971年3月31日(43歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド クリフ (Crieff
国籍 イギリスの旗 イギリス
血液型 B
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1992年 -
配偶者 イヴ・マヴラキス(1995年 - )
主な作品
トレインスポッティング
スター・ウォーズ』シリーズ
ムーラン・ルージュ
ビッグ・フィッシュ
ゴーストライター

ユアン・ゴードン・マクレガーEwan Gordon McGregor, OBE, 1971年3月31日 - )は、スコットランド出身の俳優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1971年3月31日、スコットランドのクリフ (Crieffに生まれる。両親ともに教える職についていた[1][2]。叔父に俳優のデニス・ローソン(『スター・ウォーズ』旧三部作にウェッジ・アンティリーズ役で出演)がおり、9歳くらいから俳優を志望。エルビス・プレスリーの物真似をする人気者の少年だった。

1987年に俳優を志し、高校モリソン・アカデミーを退学。退学した高校は物理学の教師である父親の勤務先で、兄(現在はイギリス空軍のパイロット[3])は最優秀生徒に選ばれていた。カーカルディで1年間演技を勉強しながらパースレパートリー・シアターでスタッフ兼エキストラとして働き始め、初舞台を踏む。1988年にロンドンギルドホール音楽演劇学校に入学[4]。1990年にギルドホール音楽演劇学校の最終学年公演で一人芝居をし、エージェントにスカウトされる。

キャリア[編集]

1992年にテレビドラマ『カラーに口紅』の主役に抜擢、本格的にデビュー。この後も、小説『赤と黒』のドラマ化作品などで主役を務めた。映画デビューは翌年の『Being Human』。1994年にダニー・ボイルの初監督映画『シャロウ・グレイブ』に出演し注目を集めた。

1995年には俳優のジュード・ロウジョニー・リー・ミラーらと映画製作会社ナチュラル・ナイロン(Natural Nylon)を設立。ユアンとジュード・ロウは、ルームシェアした仲である。ユアンは2002年、多忙のためナチュラル・ナイロンを脱退している。

1996年にダニー・ボイルと2度目のタッグとなった『トレインスポッティング』で映画初主演。トレードマークであった肩までの長髪を切り、スキンヘッドでジャンキー役にのぞんだ。この作品は若者たちの間で人気が爆発、イギリスの映画賞を総なめする。

1999年に『スター・ウォーズ』新三部作のオビ=ワン・ケノービ役に抜擢される[5]。また、同年にはナチュラル・ナイロン製作の短編オムニバス『チューブ・テイルズ』で監督デビュー。

若い頃からバイク好きであったが、2004年、友人のチャーリー・ブアマンと共にバイクでロンドンからニューヨークまで世界一周の旅を敢行。この模様はテレビ番組にもなり、また旅行記『Long Way Round』も発表された[6]。2007年には再びバイクで、今度はスコットランドから南アフリカまで走破した[7]

2001年の映画『ムーラン・ルージュ』のサウンドトラックでは、『僕の歌は君の歌(Your Song)』をエルトンジョンと共にデュエットをしたイタリアのオペラ歌手、アレッサンドロ・サフィーナとこの歌をデュエットした。

2005年にはロンドンで『ガイズ&ドールズ』の舞台に出演、ローレンス・オリヴィエ賞にもノミネートされた[8]

2010年、『ゴーストライター』でヨーロッパ映画賞 男優賞を受賞した。イギリス出身俳優の受賞はベン・キングズレー以来9年ぶりとなった。

2012年には映画『パーフェクト・センス』が日本でも公開。

私生活[編集]

1995年7月22日にテレビシリーズの制作現場で出会ったフランス人の美術監督イヴ・マヴラキスと結婚。1996年2月に長女(クララ・マチルド)が、2001年11月に次女(エスター・ローズ)が誕生。2006年4月にはモンゴル人の女児(ジャミヤン)を養女として迎えた[9]。2011年にはもう一人養子を迎えている[10]

2008年に右目下にできたがん性のほくろを除去する手術を受けていたことを告白[11]。また、トレードマークとも言えた眉間のほくろも併せて除去した。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1993 Being Human アルヴァレズ 日本未公開
1994 シャロウ・グレイブ
Shallow Grave
1995 ブルー・ジュース
Blue Juice
ディーン・レイモンド
1996 トレインスポッティング
Trainspotting
マーク・レントン
ピーター・グリーナウェイの枕草子
The Pillow Book
ジェローム
Emma エマ
Emma
フランク・チャーチル
ブラス!
Brassed Off
アンディー・バロー
1997 ナイトウォッチ
Nightwatch
マーティン・ベル
悪魔のくちづけ
The Serpent's Kiss
ミニア・クローム
普通じゃない
A Life Less Ordinary
ロバート
1998 Desserts Stroller 日本未公開
ベルベット・ゴールドマイン
Velvet Goldmine
カート・ワイルド
リトル・ヴォイス
Little Voice
ビリー
1999 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars Episode I: The Phantom Menace
オビ=ワン・ケノービ
マネー・トレーダー 銀行崩壊
Rogue Trader
ニック・リーソン
氷の接吻
Eye of the Beholder
2000 ノーラ・ジョイス 或る小説家の妻
Nora
ジェイムズ・ジョイス
2001 ムーラン・ルージュ
Moulin Rouge!
クリスチャン ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
ブラックホーク・ダウン
Black Hawk Down
グライムズ
2002 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
Star Wars Episode II: Attack of the Clones
オビ=ワン・ケノービ
Solid Geometry ヒル 日本未公開
2003 恋は邪魔者
Down with Love
キャッチャー・ブロック
猟人日記
Young Adam
ジョー・テイラー
FASTER ファスター
Faster
ナレーション
ビッグ・フィッシュ
Big Fish
若き日のエドワード・ブルーム
2005 ロボッツ
Robots
ロドニー・コッパーボトム 声の出演
Valiant Valiant 声の出演
日本未公開
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
オビ=ワン・ケノービ
アイランド
The Island
リンカーン・6エコー / トム・リンカーン
ステイ
Stay
サム・フォスター
2006 Scenes of a Sexual Nature ビリー 日本未公開
ミス・ポター
Miss Potter
ノーマン・ウォーン
アレックス・ライダー
Stormbreaker
イアン・ライダー
2007 ウディ・アレンの夢と犯罪
Cassandra's Dream
イアン
2008 彼が二度愛したS
Deception
ジョナサン・マコーリー
ブローン・アパート
Incendiary
ジャスパー・ブラック
2009 フィリップ、きみを愛してる!
I Love You Phillip Morris
フィリップ・モリス
天使と悪魔
Angels & Demons
パトリック・マッケナ
ヤギと男と男と壁と
The Men Who Stare at Goats
ボブ・ウィルトン
アメリア 永遠の翼
Amelia
ジーン・ヴィダル
2010 ゴーストライター
The Ghost Writer
ゴーストライター ヨーロッパ映画賞男優賞受賞
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ
Nanny McPhee Returns
ロリー・グリーン カメオ出演
Jackboots on Whitehall クリス 声の出演
人生はビギナーズ
Beginners
オリヴァー
2011 パーフェクト・センス
Perfect Sense
マイケル
2012 砂漠でサーモン・フィッシング
Salmon Fishing in the Yemen
アルフレッド・ジョーンズ博士
エージェント・マロリー
Haywire
ケネス
インポッシブル
The Impossible
ヘンリー
2013 ジャックと天空の巨人
Jack the Giant Slayer
エルモント

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
1993 赤と黒
The Scarlet and the Black
ジュリアン・ソレル
カラーに口紅
Lipstick On Your Collar
ミック・ホッパー
1996 Tales from the Crypt Cold War
1997 ER緊急救命室
ER
ダンカン・スチュワート / コンビニエンスストアのガンマン ゲスト出演
2004 ユアン・マクレガーの大陸横断バイクの旅
Long Way Round
ドキュメンタリー
2007 ユアン・マクレガー大陸縦断~バイクの旅
Long Way Down
ドキュメンタリー

舞台[編集]

CM[編集]

日本語吹き替え[編集]

吹き替えは近年では森川智之がほぼ専属で担当している。その他には平田広明が担当することもある。

受賞歴[編集]

  • 1996年 エンパイア賞最優秀男優賞
  • 1997年 エンパイア賞最優秀男優賞(『トレインスポッティング』)
  • 1997年 ロンドン映画批評家協会賞最優秀男優賞(『トレインスポッティング』)
  • 1998年 エンパイア賞最優秀男優賞
  • 2002年 エンパイア賞最優秀男優賞(『ムーラン・ルージュ』)
  • 2002年 ロンドン映画批評家協会賞最優秀英国俳優賞(『ムーラン・ルージュ』)

脚注[編集]

  1. ^ Ewan McGregor biography”. tiscali.co.uk. 2008年1月15日閲覧。
  2. ^ Ewan McGregor Biography (1971–)”. filmreference.com. 2008年1月15日閲覧。
  3. ^ Barratt, Nick (2006年11月11日). “Family Detective”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/1435151/Family-Detective.html 
  4. ^ Profile – Ewan McGregor”. Hello!. 2008年7月9日閲覧。
  5. ^ 抜擢された理由の1つは、ユアン自身の顔が旧三部作でオビ=ワンを演じたアレック・ギネスの青年期の写真と酷似していたことであった。
  6. ^ Ewan McGregor gets back on his bike – this time for BBC Two”. BBC (2007年5月15日). 2008年1月23日閲覧。
  7. ^ “ユアン・マクレガー、バイクの旅を完了”. シネマトゥデイ. (2007年8月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0011164 2012年12月30日閲覧。 
  8. ^ http://www.officiallondontheatre.co.uk/awards/winners/display?contentId=90839
  9. ^ “ユアン・マクレガー、モンゴルから養女”. シネマトゥデイ. (2006年4月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0008206 2012年12月30日閲覧。 
  10. ^ “ユアン・マクレガーが4人のパパに 3月に生まれた女の子を養子に迎える”. シネマトゥデイ. (2011年7月4日). http://www.cinematoday.jp/page/N0033525 2012年12月30日閲覧。 
  11. ^ “ユアン・マクレガー、皮膚ガンの治療を受けていたことを告白”. シネマトゥデイ. (2008年4月28日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013620 2012年12月30日閲覧。 

外部リンク[編集]