鈴木福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すずき ふく
鈴木 福
鈴木 福
2011年8月 新潟県長岡市長岡まつり昼行事にて
本名 鈴木 福
生年月日 2004年6月17日(9歳)
出生地 東京都[1]
国籍 日本の旗 日本
身長 127cm[2]
血液型 B型[3]
職業 子役タレント
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ番組
活動期間 2006年 -
家族 鈴木夢(妹)
事務所 テアトルアカデミー
公式サイト 鈴木 福| テアトルアカデミー
主な作品
テレビドラマ
ゲゲゲの女房
マルモのおきて
妖怪人間ベム
映画
ちょんまげぷりん
CD
マル・マル・モリ・モリ!

鈴木 福(すずき ふく、2004年平成16年)6月17日 - )は、日本子役タレントである。

東京都出身[1]。所属芸能事務所テアトルアカデミー伊那市子ども大使と新北陸発見大使を務めている。所属レコード会社ユニバーサルミュージック・NAYUTAWAVE RECORDS左きき。妹は子役の鈴木夢[4]

略歴

2006年(平成18年)にNHK教育(当時)の『いないいないばあっ!』で芸能界デビューした[5]。2010年(平成22年度)前半期のNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房』や同年制作の映画ちょんまげぷりん』などに出演した。

2011年(平成23年)4月期のフジテレビドラマチック・サンデーマルモのおきて』に、双子の弟の笹倉友樹役で出演した。同年5月に『マルモのおきて』で双子の姉役で出演した芦田愛菜とのユニット『薫と友樹、たまにムック。』名義による同作の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」でCDデビュー[6]。同年10月期の日本テレビ土曜ドラマ妖怪人間ベム』ではベロ役で出演した。同年12月31日に行われた第62回NHK紅白歌合戦に『マルモのおきて』で共演した芦田とともに白組最年少の7歳199日で出場[7][8][9]

2012年(平成24年)2月2日徹子の部屋の37年目突入記念の最初のゲストとして出演した[10]。同年3月に公開の映画『ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜』にフーク役でゲスト出演をし、32本目を数えるドラえもんの映画シリーズのゲスト出演者の中では史上最年少での出演となる[11]。同年4月2日からbeポンキッキーズのメインキャストを同じ事務所の谷花音と共に史上最年少で務める。これは2013年で40周年を迎えるポンキッキシリーズの歴史の中で初の試みとなる[12]。同年4月期のTBS系「コドモ警察」で連続ドラマ初主演を務める[13]。同年4月21日放送の世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編「7歳になったら」で同番組史上最年少の主演で初のホラーを演じた。同年4月27日よりテレビアニメ「ドラえもん」の「100年後ボックスプロジェクト」のナビゲーターとして妹の鈴木夢と共に兄妹で月1回のペースでレギュラー出演をする。[14]同年4月30日から「笑っていいとも!」のHolidayレギュラーに抜擢される。学校が休みになる祝日や夏休み等長期休暇中の出演で同番組史上最年少のレギュラーとなる[15]。同年5月に第15回日刊スポーツ・ドラマグランプリの助演男優賞を史上最年少で受賞する[16]。同年12月5日に「イヤイヤYO〜!!」でソロでCDデビューをする[17]。 2013年に日テレ系番組『ビートたけしの超訳ルーヴル』のロケの為、フランスのルーヴル美術館に行った。 これが鈴木福の初海外旅行となった。[18]

人物

  • 趣味は映画鑑賞[19]
  • 1歳11カ月の時に太鼓を叩きながら歌ったり、2歳のときに仮面ライダーになりきってイスから大きくジャンプしていた[21]
  • 滑舌が悪いことを気にしている[22]
  • 父親は三味線を作っている
  • 『マルモのおきて』に出演した際に涙を流すシーンで当初はスタッフが目薬を用意していたが、「涙は自前でいきます」と目薬の使用を断り、共演した阿部サダヲを驚かせた。同ドラマの視聴率が12%台から15%台に上がった週にはスタッフ全員でお祝いし、共演している芦田愛菜とともにフルーツポンチを作り、ふるまった[27]
  • 『妖怪人間ベム』で共演した亀梨和也とともにプロ野球観戦に行っている。この観戦は亀梨の主導で実現したもので試合後には亀梨が仲介となり選手のサインボールをもらった[28]
  • 明星食品チャルメラ」のCMを撮影した際、チャルメラを一生懸命に吹くシーンや電柱からおじさんを覗き込むシーンなどはアドリブでやっている。このCMは冬の設定だが実際の収録は夏に行われており、当日は収録のためにエアコンを入れることができないという過酷な状況だったが弱音を吐かず最後までやり遂げ、ナレーションの収録時には喉の奥にできた口内炎の痛みに耐えて収録をし、周囲のスタッフを感心させた[29]。当初、製作スタッフはチャルメラおじさんに似せるために特殊メイクも視野に入れていたが検証の結果、切り抜いたフェルトのパーツを数十種類用意し、肌に優しい特殊な糊で顔に貼り付けることになった[30]
  • アクション』が好きで将来は『アクション俳優』になりたいとインタビューで語っている[31]
  • 童謡の『シャボン玉』に独特の節やポーズをつけた「チャラい歌い方」をたびたび披露しており、テレビ番組で共演の谷花音などから「チャラ男」扱いされる事があるという[32][33]
  • コドモ警察』シリーズの福田雄一監督は『(鈴木福は)普通の子どもで学校帰りに撮影に来れば、その日に学校で何があったかを無邪気に話し、遠足帰りに来れば、遠足に行ったままのリュック姿で『今日、遠足でさ〜』って話すので最高に嬉しかった』と語っている。[34]

受賞歴

2011年

2012年

  • 第15回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 助演男優賞(『妖怪人間ベム』)[41]
  • 第26回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)ベスト5ソング・バイ・ダウンロード(「マル・マル・モリ・モリ!」)[42][43]
  • 第21回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2011 新人賞・助演男優賞(『妖怪人間ベム』)[44]
  • 第8回 TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2011 最優秀新人男優賞(『妖怪人間ベム』)[45]

2013年

  • The Fantastic Fest 2013 GUTBUSTER COMEDY FEATURES部門 主演男優賞(映画『コドモ警察』)[46]

作品

シングル

出演

映画

テレビドラマ

テレビアニメ

  • ドラえもん(2012年 - 、テレビ朝日)
    • 「ぜつめつ動物に会いに行こう!」のコーナー(2012年3月6日 -)フクラージョとして映画の見どころや劇中に登場するキャラクターを紹介
    • 「100年後ボックスプロジェクト」のナビゲーター(2012年4月27日 -)月1回のペースで妹の鈴木夢と共にレギュラー出演[60]
  • ロンゴマックス(2012年10月15日- BSフジ)ノブヒコ 役[61]
  • 紙兎ロペ(2013年6月7,14,21,28日,7月5日、フジテレビ) 小学生3人役[62]

劇場アニメ

吹き替え

バラエティ

キッズ番組

CM

PV

ファッションショー

交通関連

  • 大崎警察署1日署長(2012年10月13日)
  • 平成25年春の全国交通安全運動 イメージキャラクター(2012年4月6日-4月15日)

観光関連

美術関連

その他

  • お天気のお知らせ「へんしん!!じゃがポテ仮面」(2010年、毎日放送
  • DVD「へんしん!!じゃがポテ仮面」(2011年4月18日、ケンメディア)
  • バファローブルプロデュースBsキッズデー(2012年5月3日)[99][100]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b インタビュー > Vol.302 阿部サダヲ&芦田愛菜&鈴木福”. テレビドガッチ. 2012年7月1日閲覧。
  2. ^ 鈴木福くんプロフィール”. 明星食品. 2013年9月2日閲覧。
  3. ^ 鈴木福のプロフィール・ヒストリー”. オリコン芸能人事典. 2012年7月1日閲覧。
  4. ^ テアトルアカデミーWebサイト > マネージャーblog
  5. ^ 日本タレント名鑑(2010年9月2日閲覧)
  6. ^ “芦田愛菜&鈴木福、新ドラマ主題歌のCD発売 芦田、出来は「97点!」”. ORICON STYLE. (2011年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/music/86244/full/ 2011年11月17日閲覧。 
  7. ^ 全体では7歳193日の芦田が最年少出場歌手となる。
  8. ^ “【紅白歌合戦】愛菜&福、史上最年少で初紅白 愛菜ちゃんはKARAとコラボ希望”. ORICON STYLE. (2011年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2004241/full/ 2011年12月1日閲覧。 
  9. ^ “紅白歌合戦 出場歌手決まる”. NHK NEWSWEB. (2011年11月30日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111130/t10014311521000.html 2011年11月30日閲覧。 
  10. ^ “徹子もメロメロ!? 「徹子の部屋」に人気子役・鈴木福くんが初登場!”. webザテレビジョン. (2012年1月20日). http://news.thetv.jp/article/27448/ 2012年3月9日閲覧。 
  11. ^ “鈴木福、史上最年少で映画『ドラえもん』にゲスト出演&応援隊長に就任「がんばります!!」”. ORICON STYLE. (2012年1月6日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2005443/full/ 2012年2月26日閲覧。 
  12. ^ “鈴木福 : 谷花音と”ラブラブ”タッグ ポンキッキーズ初の子どもメーンキャストに”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2012年3月13日). http://mantan-web.jp/2012/03/13/20120313dog00m200035000c.html 2012年3月15日閲覧。 
  13. ^ “福くんドラマ初主演 “ミタ”の望結ちゃんと深夜ドラマで共演”. ORICON STYLE. (2012年3月19日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2008729/full/ 2012年3月22日閲覧。 
  14. ^ “福くん「ドラえもん」で兄妹初レギュラー”. サンケイスポーツ. (2012年4月23日). オリジナル2012年9月8日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/EnoN 2012年4月23日閲覧。 
  15. ^ “バナナマン、ローラが新レギュラー 福くんも祝日なら出演して「いいとも!」”. ORICON STYLE. (2012年3月29日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2009320/full/ 2012年3月29日閲覧。 
  16. ^ “助演男優賞は鈴木福/日刊ドラマGP”. 日刊スポーツ. (2012年5月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120503-944346.html 2012年5月3日閲覧。 
  17. ^ “鈴木福がついにソロデビュー「コンサートやりたい」”. ORICON STYLE. (2012年10月24日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2018039/full/ 2013年2月27日閲覧。 
  18. ^ “菅野美穂、ルーヴル美術館の世界初映像に密着取材”. ORICON STYLE. (2013年2月26日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2022047/full/ 2013年3月23日閲覧。 
  19. ^ a b 鈴木福インタビュー”. ラリス株式会社. 2013年5月28日閲覧。
  20. ^ “映画化決定『コドモ警察』の鈴木福、アイデアマンの横顔”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月28日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2017195/full/ 2012年10月5日閲覧。 
  21. ^ “徹子の部屋”. TVでた蔵 (TVでた蔵). (2012年2月2日). オリジナル2013年10月2日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/m1bEo 2012年2月2日閲覧。 
  22. ^ “価格.comテレビ紹介情報”. 価格.com (価格.com). (2012年9月30日). http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=35143/episodeID=593805/ 2013年3月23日閲覧。 
  23. ^ 『名前をなくした女神』クランクアップ☆”. つるの剛士オフィシャルろっきんブログ つるたけ日記 (2011年6月14日). 2011年8月30日閲覧。
  24. ^ “鈴木福くん母親 和楽器リトミック教室主宰してTVで演奏経験も”. NEWSポストセブン(小学館). (2011年11月12日). http://www.news-postseven.com/archives/20111112_70025.html 2011年11月14日閲覧。 
  25. ^ “福君とベンチに座ろう 彫像が伊那市に”. 中日新聞 ([中日新聞]]). (2012年12月5日). http://tabi.chunichi.co.jp/odekake/121205nagano_ina.html 2013年10月16日閲覧。 
  26. ^ “徹子の部屋”. TVでた蔵 (TVでた蔵). (2012年2月2日). http://datazoo.jp/tv/%25E5%25BE%25B9%25E5%25AD%2590%25E3%2581%25AE%25E9%2583%25A8%25E5%25B1%258B/542198 2013年10月16日閲覧。 
  27. ^ “『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」”. NEWSポストセブン(小学館. (2011年6月19日). http://www.news-postseven.com/archives/20110619_23478.html 2011年11月17日閲覧。 
  28. ^ “福くん 亀梨と“闇に隠れて”野球観戦で妖怪人間の絆深めた”. 女性自身(光文社. (2011年11月17日). http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E4%BB%8A%E9%80%B1%E3%81%AE%E7%94%BA%E3%83%8D%E3%82%BF/4355 2011年11月17日閲覧。 
  29. ^ “福くん、チャルメラおじさんに変身”. デイリースポーツ. (2011年9月1日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/09/01/0004424871.shtml  2011年11月18日閲覧。 
  30. ^ “明星食品/チャルメラCM”. 明星食品. http://www.myojofoods.co.jp/motto_myojo/tvcm/charumera/ 2011年12月22日閲覧。 
  31. ^ “鈴木福、将来の夢は「アクション俳優」”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年8月11日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2015510/full/ 2013年3月24日閲覧。 
  32. ^ “福はチャラ男 谷花音にバラされた”. 日刊スポーツ. (2012年6月17日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120617-968677.html 
  33. ^ 週刊文春』2012年7月26日号
  34. ^ “「福くんを見たときには、度肝を抜かれた」 映画『コドモ警察』福田監督に聞く”. 日経電子版 (日経電子版). (2013年3月20日). http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/interview/article.aspx?id=MMGEzu000012032013 2013年3月23日閲覧。 
  35. ^ “『コドモ警察』福田雄一監督インタビュー”. ぴあ関西版 (ぴあ関西版). (2013年3月19日). http://kansai.pia.co.jp/interview/cinema/2013-03/kodomokeisatsu.html 2013年3月23日閲覧。 
  36. ^ “gooテレビ”. gooテレビ (gooテレビ). (2012-03 -15). http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/629485/index.html 2013年3月24日閲覧。 
  37. ^ “AKB48らが『レコ大』大賞候補に 『第53回日本レコード大賞』各賞発表”. ORICON STYLE. (2011年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2003900/full/ 2011年11月29日閲覧。 
  38. ^ “AKB48、東方神起らがレコ大優秀作品賞に! 特別賞は「マル・マル・モリ・モリ!」”. webザテレビジョン. (2011年11月21日). http://news.thetv.jp/article/26148/ 2011年11月29日閲覧。 
  39. ^ “鈴木福くん「僕がいい子かどうか分からないけど…」”. webザテレビジョン. (2011年11月29日). http://news.thetv.jp/article/26335/ 2011年11月29日閲覧。 
  40. ^ “「日本有線大賞」候補にAKB48、氷川きよしら8組決定”. ORICON STYLE. (2011年11月26日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2004119/full/ 2011年12月6日閲覧。 
  41. ^ “ドラマGP秋「妖怪人間ベム」4部門制す”. 日刊スポーツ. (2012年1月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120114-889371.html 2012年1月15日閲覧。 
  42. ^ “日本ゴールドディスク大賞 : マルモリコンビが2部門受賞「これからも歌っていきたい」”. まんたんウェブ. (2012年1月27日). http://mantan-web.jp/2012/01/27/20120127dog00m200055000c.html 2012年1月27日閲覧。 
  43. ^ “愛菜ちゃん&福くん「とてもうれしいです!」”. webザテレビジョン. (2012年1月28日). http://news.thetv.jp/article/27686/ 2012年1月31日閲覧。 
  44. ^ ドラマ大賞2011”. TV LIFE. 2012年2月15日閲覧。
  45. ^ ドラマ・オブ・ザ・イヤー 2011[10〜12月期] 結果発表!”. TVnavi. 2012年2月25日閲覧。
  46. ^ [http://fantasticfest.com/news/entry/the-fantastic-fest-2013-award-recipients  アメリカ最大規模のジャンルムービー映画祭・Fantastic Fest2013アワード](英語)2013年9月26日閲覧
  47. ^ 錦戸亮がちょんまげ姿で癒やし系サムライに?映画初主演作『ちょんまげぷりん』製作決定! - シネマトゥディ 2010年2月3日
  48. ^ “妖怪人間ベム : 人気ドラマが念願の映画化 亀梨和也も「はやく妖怪人間になりた~い!」”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2012年6月18日). http://mantan-web.jp/2012/06/18/20120617dog00m200023000c.html 2012年6月19日閲覧。 
  49. ^ “マルモリダンス復活! 『マルモのおきて』がSP版で10月9日放送決定”. ORICON STYLE. (2011年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2001388/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  50. ^ “イケメンあっちゃんに愛菜ちゃん「かっこいい!」”. デイリースポーツ. (2011年6月30日). オリジナル2012年9月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/BAbd 2011年11月18日閲覧。 
  51. ^ “亀梨和也主演でアニメ『妖怪人間ベム』が初の実写化〜ベラに杏、ベロに“マルモリ”鈴木福”. ORICON STYLE. (2011年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000652/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  52. ^ 注目ドラマ紹介 :「妖怪人間べム」 名作アニメを現代を舞台に亀梨、杏、福君で実写化 - まんたんウェブ(毎日新聞デジタル) 2011年10月22日
  53. ^ “「嵐」櫻井翔 終戦直後に「まるでタイムスリップ」”. スポニチ. (2012年2月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/20/kiji/K20120220002666590.html 2012年2月20日閲覧。 
  54. ^ “福くん、連ドラ初主演で難役“中年刑事””. サンケイスポーツ. (2012年3月18日). オリジナル2012年3月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120319135755/www.sanspo.com/geino/news/20120318/oth12031805040012-n1.html 2012年3月17日閲覧。 
  55. ^ “鈴木福、『世にも奇妙な』一人二役に初挑戦 「“こわしんで”見て!」”. ORICON STYLE. (2012年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2008784/full/ 2012年3月21日閲覧。 
  56. ^ 土曜ワイド劇場”. テレビ朝日 (2012年4月23日). 2012年4月23日閲覧。
  57. ^ “鈴木福が一休さんに! ゴールデン初主演SPドラマで主題歌にも挑戦”. ORICON STYLE. (2012年5月18日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011751/full/ 2012年5月18日閲覧。 
  58. ^ “『24時間テレビ』ドラマのヒロインに上戸彩 嵐・二宮と12年ぶり共演”. ORICON STYLE. (2012年6月23日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2013369/full/ 2012年6月23日閲覧。 
  59. ^ “上戸彩 : 嵐・二宮と12年ぶり共演に「ワクワクドキドキ」 「24時間テレビ」SPドラマ”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2012年6月23日). http://mantan-web.jp/2012/06/23/20120622dog00m200044000c.html 2012年6月23日閲覧。 
  60. ^ “鈴木福くん&夢ちゃん、『ドラえもん』の新ミニコーナーで兄妹初レギュラー”. ORICON STYLE. (2012年4月23日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2010545/full/ 2012年4月23日閲覧。 
  61. ^ “「beポン」に脚本「ワンピ」スタッフ、中川翔子、AKB48松井が声優の異色の論語アニメ登場!”. navicon. (2012年10月6日). http://navicon.jp/news/16058/ 2013年3月25日閲覧。 
  62. ^ “鈴木福くん、脱力アニメ「紙兎ロペ」声優で一人三役に初挑戦!”. 映画.com. (2013年6月7日). http://eiga.com/news/20130607/3/ 2013年6月9日閲覧。 
  63. ^ “鈴木福、「映画ドラえもん」に史上最年少ゲスト出演”. マイコミジャーナル. (2012年1月6日). http://eiga.com/news/20120106/2/ 2012年3月15日閲覧。 
  64. ^ 鈴木福&劇団ひとり「ハッピーフィート2」でペンギン親子に - 映画.com 2011年9月8日
  65. ^ “鈴木福 : 劇団ひとりと親子ペンギンに 3Dアニメ「ハッピー フィート2」で”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2011年9月8日). オリジナル2012年7月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/oosM 2012年1月2日閲覧。 
  66. ^ “[鈴木福]剛力彩芽と12歳差カップルに 「マクダルのカンフーようちえん」吹き替えで”. 映画.com. (2012年3月9日). http://news.mynavi.jp/news/2012/03/09/080/index.html 2012年3月9日閲覧。 
  67. ^ “笑っていいとも! : バナナマン、ローラが新レギュラーに AKB48秋元は卒業”. まんたんウェブ(毎日新聞デジタル). (2012年3月29日). http://mantan-web.jp/2012/03/29/20120328dog00m200085000c.html 2012年3月29日閲覧。 
  68. ^ 祝日・夏休みなど、小学校が休みの日に出演する予定であるが、不定期出演である。詳細は笑っていいとも!Holidayレギュラーの項目参照
  69. ^ “鈴木福&谷花音がポンキッキーズの最年少MCに”. ORICON STYLE. (2012年3月13日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2008359/full/ 2012年3月13日閲覧。 
  70. ^ “2013年度放送予定表”. てれび絵本公式サイト. (2013年6月7日). http://www.nhk.or.jp/kids/program/pdf/sche_tv_ehon.pdf 2013年6月9日閲覧。 
  71. ^ NEWS RELEASE”. 雪印メグミルク (2012年3月17日). 2012年4月14日閲覧。
  72. ^ NEWS RELEASE”. 雪印メグミルク (2012年4月5日). 2012年4月6日閲覧。
  73. ^ “芦田愛菜と鈴木福の『マルモリ』コンビがCMで再共演”. ORICON STYLE. (2011年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000417/full/ 2011年11月16日閲覧。 
  74. ^ “芦田愛菜&鈴木福、2人で仕切る“入学準備説明会””. ORICON STYLE. (2011年10月25日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2003043/full/ 2011年10月25日閲覧。 
  75. ^ ““風紀委員”愛菜&福が新入生をチェック”. サンケイスポーツ. (2012年6月20日). オリジナル2012年6月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120630061032/www.sanspo.com/geino/news/20120620/oth12062005060017-n1.html 2012年6月23日閲覧。 
  76. ^ “愛菜ちゃん&福くんのCM再び、イトーヨーカドーが3年連続で起用。”. エキサイトニュース. (2013年6月21日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20130621/Narinari_20130621_22019.html 2013年6月21日閲覧。 
  77. ^ theDrownerzTVさんのチャンネル YouTube。ルスツ30周年 スペシャルサマーカーニバルCMのBGMを担当するthe Drownerzのチャンネル。CMとそのメイキング映像を視聴できる。
  78. ^ ルスツリゾートCMギャラリー”. ルスツ (2012年4月13日). 2012年4月14日閲覧。
  79. ^ 鈴木福が“チャルメラおじさん”に変身 - オリコン 2011年9月1日
  80. ^ “大人気子役の鈴木福が可愛らしいチャルメラおじさんに変身!”. Walkerplus. (2011年9月1日). http://news.walkerplus.com/2011/0901/3/ 2011年11月18日閲覧。 
  81. ^ 鈴木福くんがCMソングを披露! - webザテレビジョン(角川マガジンズ) 2011年9月30日
  82. ^ “鈴木福くん、将来の夢は仮面ライダー「変身したい!」”. ORICON STYLE. (2011年8月25日). http://life.oricon.co.jp/2001133/full/ 2011年12月29日閲覧。 
  83. ^ ニュースリリース”. Kracie (2011年8月10日). 2012年3月6日閲覧。
  84. ^ ニュースリリース”. Kracie (2012年2月2日). 2013年3月6日閲覧。
  85. ^ ニュースリリース”. Kracie (2013年2月5日). 2013年2月5日閲覧。
  86. ^ ニュースリリース”. Kracie (2013年3月5日). 2013年3月5日閲覧。
  87. ^ ニュースリリース”. Kracie (2013年7月18日). 2013年7月18日閲覧。
  88. ^ ニュースリリース”. アサヒ飲料 (2012年3月23日). 2012年3月26日閲覧。
  89. ^ ニュースリリース”. アサヒ飲料 (2012年7月5日). 2013年7月5日閲覧。
  90. ^ “鈴木福くん&夢ちゃん兄妹、初共演CMで“変顔”披露”. ORICON STYLE. (2012年4月4日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2009658/full/ 2012年4月4日閲覧。 
  91. ^ “鈴木 福くん、今度は髭をたくわえバナナの王様になっちゃった”. BARKS. (2012年4月6日). http://www.barks.jp/news/?id=1000078497 2012年4月6日閲覧。 
  92. ^ “凸凹カップル誕生!? 黒柳徹子と福くんが共演”. ORICON STYLE. (2012年8月22日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2015925/full/ 2012年10月16日閲覧。 
  93. ^ “水谷ゆうちゃん&福くん 小学生コラボ”. デイリースポーツ. (2011年9月15日). オリジナル2012年7月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/qdBE 2011年11月18日閲覧。 
  94. ^ ““福福”コンビが『ドラえもん』主題歌でタッグ 福くん、福山公認ダンス踊る!”. ORICON STYLE. (2012年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006175/full/ 2012年2月26日閲覧。 
  95. ^ “鈴木福がファッションショーに初挑戦!「杏さんのおかげで頑張れた」”. ウォーカープラス. (2012年2月3日). http://news.walkerplus.com/2012/0203/24/ 2012年4月30日閲覧。 
  96. ^ “鈴木福君、トミー ヒルフィガー表参道店でプレッピーに変身!”. 日刊テラフォー. (2013年3月27日). http://www.terrafor.net/news_pkrzh74pww.html 2013年3月27日閲覧。 
  97. ^ “スペシャルゲストモデル”. 公式HP. (2013年8月10日). http://kawahaku.jp/cast/ 2013年8月10日閲覧。 
  98. ^ “「第17回東京ガールズコレクション」写真特集怒涛の100枚! HKT、壇蜜も登場”. マイナビニュース. (2013年9月1日). http://news.mynavi.jp/news/2013/09/01/047/index.html 2013年9月2日閲覧。 
  99. ^ “5・3京セラで福くん招待し「キッズデー」”. デイリースポーツ. (2012年3月20日). http://www.daily.co.jp/baseball/2012/03/20/0004897981.shtml 2012年5月6日閲覧。 
  100. ^ “福くん初始球式「夢みたい」背番号29”. デイリースポーツ. (2012年5月4日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/05/04/0005024845.shtml 2012年5月6日閲覧。 

外部リンク