青山穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あおやま ゆたか
青山 穣
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本愛知県
生年月日 1965年1月30日(49歳)
血液型 O型
身長 174 cm
職業 声優
事務所 ケンユウオフィス
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

青山 穣(あおやま ゆたか、1965年1月30日 - )は、日本声優九プロダクションより移籍し、現在の所属事務所ケンユウオフィス

愛知県生まれ。日本大学芸術学部卒業。東北新社映像テクノアカデミア出身。身長174cm[1]

来歴[編集]

小学生の頃にがんばれベアーズなどの洋画を見始めてから、映画に興味を持ち、小学生ながら、1回が朝の10時から夕方の6時や7時頃まで、1日中映画館にこもりっきりで、同じ映画を何回も何回も見直していた[2]

中学生で、映画研究会のサークルに入ろうと思い進学したが、中学校には映画研究会が無かった為、ベアーズの団体行動に憧れて、演劇部に入部した。しかし演劇部は女子部員が40人程で、男子部員は、青山穣のみであった。芝居をすること自体は最高に楽しかったが、いかんせん男が一人だけという疎外感を意識していた。高校に入ったら、今度こそ映画研究会にと、密かに考えていた[2]

高校は男子高校に進学したが、映画研究会が無かった為、演劇部に入部。中学の反動か、本当に面白かった。この事で役者を目指すとっても大きなきっかけになったが、進学した高校の演劇部は過激な訓練で、この頃には芝居の魅力に完全に取り付かれていたとインタビューで語っている。高校演劇は高校野球の甲子園より難しく、青山穣が所属していた高校は愛知県で中部地区に属しており、その中部6県、愛知県岐阜県三重県福井県石川県富山県の中から1校だけしか全国大会に出られない。甲子園より狭き門で、青山穣は出場権を獲得できた[2]

大学に進学し、基本の理論も含めて、演劇にまつわる全てを学んでみたいと考え、完全に役者の道を目指そうと考えた。演劇青年として、芝居にどっぷり漬かった毎日を過ごし、大学卒業後はロンドン留学し、2~3年ロンドンに在住していた。当時、演技訓練は、個人レッスンを受けて、芝居見学がほとんどだったが、イギリスばかりを見て、あのパターンが理想だと考え過ぎてしまい、日本人に出来る芝居、日本人に合う芝居、それがどのようなものか想像ができなかったのか、精神的引きこもりだったと語っている[2]

留学後、ヨーロッパ演劇を学んだ為、今度は日本の古典劇もちゃんと勉強しなければいけないと思い、学生時代から歌舞伎座で、アルバイトをしていた仕事を行いながら、同時に、小劇場を主宰をしていた。その仕事以外にも、役者として、ほかの劇団の舞台の客演には、星の数ほど出演[2]

歌舞伎座でのアルバイトをしている時、とある人から「青山は声に特徴があるから、声優に向いているかも」と勧められ、映像テクノアカデミア入学する[2]。 卒業後、とあるシリーズの主役に抜擢される[2]

エピソード[編集]

インタビューで少し大きな役で、クセのある役が来たのはどんな作品ですか?という質問に対し、ランドール・ボッグスと答え、すごく面白い役だったと語っている[2]

悪役を演じていて、悪って複雑で、そして大概は最後に死なないといけない、その死に向かって演じてやろうというドラマチックな楽しさは必ずあるという[2]

理想とする役者はオリヴィエアル・パチーノブランドで、目標ともしている[2]

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1997年

1998年

1999年

  • GTO(太垣)

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

1994年

2001年

2002年

2004年

2006年

2010年

劇場アニメ[編集]

1998年

1999年

2000年

2010年

2012年

ゲーム[編集]

2001年

2003年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

ラジオドラマ[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

特撮[編集]

1996年

1997年

1999年

2000年

ナレーション[編集]

ドラマCD[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 所属プロフィール 【男性】”. 所属プロフィール. ケンユウオフィス公式サイト. 2012年2月4日22:37閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 卒業生インタビュー 青山穣
  3. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2011年12月23日閲覧。
  4. ^ スタッフ&キャスト”. 『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』アニメ公式サイト. 2013年12月12日閲覧。
  5. ^ キャラクター”. フェアリーテイル ゼレフ覚醒. 2012年3月7日閲覧。
  6. ^ 「KILLER IS DEAD」がロックバンド JESSE and THE BONEZと楽曲タイアップ。「BOSSMAN」および「ACCESS VIOLATION」を収録 - 4Gamer.net”. 4gamer.net. 2013年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]