スタートレック:エンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタートレック:エンタープライズ
別名 Enterprise
フォーマット サイエンス・フィクション
製作者 リック・バーマン
ブラノン・ブラーガ
出演者 スコット・バクラ
ジョン・ビリングズリー
ジョレーン・ブラロック
ドミニック・キーティング
アンソニー・モンゴメリー
リンダ・パーク
コナー・トリナー
オープニングテーマ Faith of the Heart
音楽

デニス・マッカーシー
ジェイ・チャタウェイ
ブライアン・タイラー
ジョン・フライゼル
マーク・マッケンジー
デヴィッド・ベル
ヴェルトン・レイ・バンチ
ケヴィン・キナー

ポール・ベイラージェオン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 4
話数 98 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 リック・バーマン
ブラノン・ブラーガ
マニー・コト
放送時間 42/44分
製作会社 パラマウント・テレビジョン
ブラーガ・プロダクションズ
リック・バーマン・プロダクションズ
番組販売会社 CBSテレビジョン・ディストリビューション
放送
放送局 UPN
映像 1080p (HDTV版)
720p (HDTV版)
放送期間 2001年9月26日 (2001-09-26) – 2005年5月13日 (2005-5-13)
前番組 スタートレック:ヴォイジャー
関連番組 宇宙大作戦
まんが宇宙大作戦
新スタートレック
スタートレック:ディープ・スペース・ナイン
外部リンク
Enterprise at StarTrek.com

スタートレック:エンタープライズ』(: Star Trek: Enterprise、略称 ENT)は、アメリカSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの5番目のテレビドラマ作品。全98話。

舞台設定[編集]

2001年9月から、UPN系列で全米での放送を開始した。『宇宙大作戦』で描かれたカーク船長の5年間の探査ミッションの約100年前、惑星連邦成立前の22世紀を舞台に、ジョナサン・アーチャー船長指揮する地球初の深宇宙探査船「エンタープライズ NX-01」とそのクルーの活躍を描く。スタートレック世界の時間軸で、映画『ファーストコンタクト』から『宇宙大作戦』までの期間を直接描いた初めての作品となる。

製作[編集]

本作以前の『スタートレック』は、シリーズを通しての設定や別の作品のストーリーを前提とした話も多かったが、本作はシリーズ第一作である『スタートレックTOS 宇宙大作戦』以前の時代を舞台とし、そうした設定をいったん白紙の状態に戻した事で、予備知識を持たない人も楽しむことができるようになっている。また、他作品のエピソードの前日譚も随所に織り込まれている。

本国アメリカではシリーズで初めてタイトルに「Star Trek」の名を冠しないで放送された。アメリカでの番組タイトルは、第1・第2シーズンの放送時は Enterprise で、第3シーズンから日本版と同じく、Star Trek: Enterprise に変更。

本作のテーマ曲「Where My Heart Will Take Me」はスタートレックシリーズでは初となる歌詞付きで、歌手はイギリス出身のラッセル・ワトソン(原曲はロッド・スチュワートの「Faith of the Heart」)。なお、第3シーズンからの番組名変更にともない、主題歌も新アレンジで再録音された。

しかし、放送開始当初から視聴率的には低迷し、過去のシリーズに登場したキャラクターや俳優を出演させるなど様々なテコ入れが試されたが、視聴率は地を這う一方で、2005年2月3日(現地時間2日)に第4シーズン・フィナーレを最後に打ち切りされることが正式に発表された。そして、同年5月中旬、「最後のフロンティア[1]」が最終エピソードとして放送され、全4シーズン・98話を以って終了した。最終話には『新スタートレック』のウィリアム・T・ライカー副長役のジョナサン・フレイクスとカウンセラー・ディアナ・トロイ役のマリーナ・サーティスが特別ゲスト出演した(内容的にも新スタートレック第164話「The Pegasus(難破船ペガサスの秘密)」とリンクしている)。

『スタートレック』シリーズはその時点で、1966年の『スタートレックTOS 宇宙大作戦』開始から40年近くが経過していた。1987年に始まった『新スタートレック』からは15年以上にわたり途切れなくテレビ放送が続いており、そのうち7年は2つのシリーズが並行して放送されていた。こうして、TNG開始以降だけでも4本のテレビシリーズ(合計500話以上)と6本の映画が製作される中、プロデューサーかつメインライターであったマイケル・ピラーロナルド・D・ムーアジェリ・テイラーらの離脱の影響もあり、シリーズとしてのネタ切れや世界観そのもののマンネリ化が隠せなかった。

『新スタートレック』以降のテレビシリーズや劇場作品で製作陣の中枢にあり、本作の最終話を含む数多くの脚本も執筆していたリック・バーマンとブラノン・ブラーガはこれを最後にシリーズから完全に退くことになった。

なお、日本語吹き替え版は当初「船長」ではなく、「艦長」と当てられていたが、『宇宙大作戦』との整合性をとるために、1話のアフレコ終了後に変更され、1話自体も録り直されている。

サブタイトル[編集]

シーズン1[編集]

番号 原題(英語) 日本語版題名
1 Broken Bow 夢への旅立ち(前編)
2 Broken Bow 夢への旅立ち(後編)
3 Fight or Flight 死のファースト・コンタクト
4 Strange New World 風が呼んだエイリアン
5 Unexpected 予期せぬ侵入者
6 Terra Nova 植民星テラ・ノヴァの謎
7 The Andorian Incident 汚された聖地
8 Breaking the Ice 彗星は去り行くとも
9 Civilization 狙われた星アカーリ
10 Fortunate Son 復讐の連鎖
11 Cold Front 時を見つめる男
12 Silent Enemy 言葉なき遭遇
13 Dear Doctor 遥かなる友へ
14 Sleeping Dogs 名誉に生きる者
15 Shadows of P'Jem 恩讐を越えて
16 Shuttlepod One 引き裂かれたクルー
17 Fusion 果てなき心の旅
18 Rogue Planet 幻を狩る惑星
19 Acquisition 獲物たちの罠
20 Oasis 閉ざされたオアシス
21 Detained テンダーの虜囚
22 Vox Sola 漂流生命体の叫び
23 Fallen Hero 追放された者への祈り
24 Desert Crossing 幻影の戦士
25 Two Days and Two Nights 楽園での出来事
26 Shockwave, Part I 暗黒からの衝撃波(前編)

シーズン2[編集]

番号 原題(英語) 日本語版題名
27 Shockwave, Part II 暗黒からの衝撃波(後編)
28 Carbon Creek スプートニクの飛んだ夜に
29 Minefield 許されざる越境
30 Dead Stop 謎の自律浮遊基地
31 A Night in Sickbay 小さな生命の灯
32 Marauders 招かれざる訪問者
33 The Seventh 封印された記憶
34 The Communicator 危険なコンタクト
35 Singularity 三重星系の誘惑
36 Vanishing Point 転送空間の恐怖
37 Precious Cargo 眠る女の謎
38 The Catwalk 嵐を告げる男達
39 Dawn 熱き夜明け
40 Stigma 消せない汚名
41 Cease Fire 戦場の絆
42 Future Tense 沈黙の漂流船
43 Canamar 地獄への護送船
44 The Crossing 光の意志
45 Judgment 反逆の法廷
46 Horizon 兄弟の地平
47 The Breach 理由なき憎しみ
48 Cogenitor 第3の性
49 Regeneration 覚醒する恐怖
50 First Flight 運命の飛行
51 Bounty 狙われた首
52 The Expanse 帰還なき旅

シーズン3[編集]

番号 原題(英語) 日本語版題名
53 The Xindi トレリウムD
54 Anomaly オサーリア人の襲撃
55 Extinction 突然変異
56 Rajiin 美しき潜入者
57 Impulse 幽霊船
58 Exile 孤独な亡命者
59 The Shipment 兵器工場潜入
60 Twilight 留められない記憶
61 North Star ウエスタン
62 Similitude ライサリア砂漠幼虫
63 Carpenter Street デトロイト2004
64 Chosen Realm 選ばれし領域
65 Proving Ground アンドリア人の協力
66 Stratagem 策略
67 Harbinger 新たなる脅威の兆し
68 Doctor's Orders フロックス船長の孤独
69 Hatchery トゥポルの反乱
70 Azati Prime 爬虫類族の攻撃
71 Damage 球体創造者
72 The Forgotten デグラの決断
73 E2 エンタープライズ2
74 The Council 評議会の分裂
75 Countdown 地球攻撃10時間前
76 Zero Hour 最終決戦

シーズン4[編集]

番号 原題(英語) 日本語版題名
77 Storm Front, Part I 時間冷戦(前編)
78 Storm Front, Part II 時間冷戦(後編)
79 Home ヒーローたちの帰還
80 Borderland ボーダーランド
81 Cold Station 12 コールド・ステーション
82 The Augments 野望の果て
83 The Forge 狙われた地球大使館
84 Awakening 陰謀の嵐
85 Kir'Shara バルカンの夜明け
86 Daedalus 亜量子転送
87 Observer Effect 死の観察者
88 Babel One バベル1号星
89 United ロミュランの陰謀
90 The Aenar 氷窟の民
91 Affliction クリンゴンの苦境
92 Divergence 優生クリンゴン
93 Bound 誘惑の甘い罠
94 In a Mirror, Darkly, Part I 暗黒の地球帝国(前編)
95 In a Mirror, Darkly, Part II 暗黒の地球帝国(後編)
96 Demons テラ・プライム(前編)
97 Terra Prime テラ・プライム(後編)
98 These Are the Voyages... 最後のフロンティア

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

その他の登場人物[編集]

その他[編集]

ラッセル・ワトソンが歌うオープニング曲「ホェア・マイ・ハート・ウィル・テイク・ミー」 (Where my heart will take me) は、映画『パッチ・アダムス』のエンディングで流れるロッド・スチュワートが歌う「フェイス・オブ・ザ・ハート」 (Faith of the Heart) に若干のアレンジを施したものである。ヴォーカルの入った曲が、スタートレックのシリーズのテーマ曲に使われたのは、初めてである。

脚注[編集]

  1. ^ These Are the Voyages...ズィーズ・アー・ザ・ボイェジーズ

外部リンク[編集]