Mary Sue

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・スー(Mary Sue)とは、二次創作における用語の1つ。二次創作に登場する、理想化されたオリジナルキャラクターを総称した言葉(ただし、必ずしも作者本人とは限らないし、願望充足を目的としたものであるとも限らない)[1]

概要[編集]

メアリー・スーは、1973年に出版されたファンジン『Menagerie』2号に掲載されたポーラ・スミス(Paula Smith)による『スタートレック』の二次創作小説「A Trekkie's Tale」に登場するオリジナルヒロイン、メアリー・スー大尉(作中の描写によれば「…艦隊で最年少の大尉であり…年はまだ15歳と半年」)の名前から取られた[2][3][4]。この小説自体、当時のファンたちが書いていた二次創作小説に登場しがちな、非現実的で思春期の少年少女の願望を具現化したようなオリジナルキャラクター(艦隊でも最年少かつ最優秀で、原作に登場するクルーらから尊敬や愛をよせられ、しかも驚くような能力を持ち、死ぬときは劇的に死んで全員が悲しみに包まれる)[3]を揶揄した小説だった。メアリー・スーはその後、二次創作作品に限らず原作に登場する同種のキャラクターに対しても呼ばれる(例えば後述するウェスリー・クラッシャー)ようになるなど適用範囲が拡大した。メアリー・スーが男性キャラクターである場合は「Marty Stu」、「Gary Stu」、「Gary Sue」などという[5]

欧米の二次創作の場ではオリジナルキャラクターの登場自体が嫌われ、二次創作小説の投稿を受け付けるサイトでも「Mary Sueお断り」と明記していることがしばしばある[要出典]

亜種[編集]

Marty Stuは、メアリー・スーの男性版であり、典型的な"理想の男性"として描かれている[6]

フェミニスト向け雑誌ビッチ英語版は、『新スタートレック』のキャラクターであるウェスリー・クラッシャーをMarty Stuと見なした[7] 。 このキャラクターのウェスリーという名前が原作者であるジーン・ロッデンベリーのミドルネームから取られていることなどから、ファンや研究者の間ではロッデンベリーが作中に自分自身を登場させる意図があったのではないかと推測されている[8][9][10][10][11](ただし、ウェスリーの劇中での出番は少なく、第四シーズンで完全に降板した)。

Marty StuはGary Stu, Larry Stu, Mary Joe, Marty Samといった名前で呼ばれることもある[12][13]

また、ある種の性格付けが行われたメアリー・スーの亜種としてEinstein Sue (ずば抜けて頭がいいキャラクター), Jerk Sue (短気ですぐ手を出すキャラクター),Sympathetic Sue (読者の同情を引こうとするキャラクター)などがある[12]

大衆文化での言及[編集]

バフィー 〜恋する十字架〜』の第4シーズンスーパースター英語版はメアリー・スーに対する風刺であると、研究書"Fighting the Forces"の著者の一人であるJustine Larbalestierは述べている[1]

この回は登場人物の一人である冴えない青年ジョナサン・レビンソンがある日突世界中の人から愛されるほど魅力的になるが、自分自身がそうなるよう魔法をかけたことがバフィーたちによって暴かれるという内容になっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Segall, Miriam (2008). Career Building Through Fan Fiction Writing: New Work Based on Favorite Fiction. Digital Career Building. Rosen Publishing Group. p. 26. ISBN 1404213562. 
  2. ^ Verba, Joan Marie (2003). Boldly Writing: A Trekker Fan & Zine History, 1967-1987. Minnetonka MN: FTL Publications. ISBN 0-9653575-4-6. http://www.ftlpublications.com/bwebook.pdf. 
  3. ^ a b Smith, Paula, A TREKKIE'S TALE, http://books.google.com/books?id=V81wCQ_4BiwC&pg=PA15&lpg=PA15&dq=a+trekkie's+tale+paula+smith&source=web&ots=yTmGDQRgTu&sig=VYd5H1K66REshTlrSw1MNd4QLak 
  4. ^ SF Citations for OED: Mary Sue”. 2006年5月20日閲覧。
  5. ^ The (Original) Mary Sue Litmus Test”. Merlin Missy (2007年9月14日). 2008年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月3日閲覧。
  6. ^ Kukkonen, Karin; Klimek, Sonja (2011). Metalepsis in Popular Culture. p. 96. ISBN 9783110252781. http://books.google.com/?id=Wvf47a4jVzcC&pg=PA96&dq=Marty+Stu#v=onepage&q=Marty%20Stu&f=false 2012年12月20日閲覧。. 
  7. ^ Bitch: Feminist Response to Pop Culture 31. 2006. 
  8. ^ Pat Pflieger, 150 Years Of Mary Sue. Presented at the American Culture Association conference, March 31, 1999, San Diego, CA. Webpage found 2008-10-16.
  9. ^ Pat Pflieger (2001). TOO GOOD TO BE TRUE: 150 YEARS OF MARY SUE. 3. Presented at the American Culture Association conference. Retrieved 2007-01-15. 
  10. ^ a b Wil Wheaton. “Star Trek: The Next Generation: Justice”. TV Squad. 2008年11月18日閲覧。
  11. ^ Mary Sue Gives Birth, Baby Undergoes Sex Change”. 2015年3月3日閲覧。
  12. ^ a b The many different types of Mary Sue”. OngoingWorlds.com. 2013年4月14日閲覧。
  13. ^ Kukkonen, Karin; Klimek, Sonja (2011). Metalepsis in Popular Culture. p. 96. ISBN 9783110252781. http://books.google.com/?id=Wvf47a4jVzcC&pg=PA96&dq=Marty+Stu#v=onepage&q=Marty%20Stu&f=false. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]