ウェスリー・クラッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェスリー・クラッシャー(Wesley Robert Crusher)は、『新スタートレック』に登場する人物の一人。ウィル・ウィトンが演じた(日本語版の吹き替えは石田彰)。

概要[編集]

父を早くに亡くした為、母(ビバリー・クラッシャー中佐:艦隊医師)の勤務先U.S.SエンタープライズDで暮らしていた。 知能が高く、母自慢の息子で、周囲からも天才少年と言われていたが、異星人の少女や同じ年頃の子に恋をしたりと、中身はハイティーンの少年である。若さゆえの残酷さも併せ持ち、レジナルド・バークレーに対して「ブロッコリー」という渾名(あだな)をつけた為に、彼からは嫌われていた。

ピカード艦長より、エンタープライズD内のみの少尉に任命されパイロットを務めていた事もあった。

周囲の期待や、父の跡を継ぐ感覚で艦隊士官学校に入学するも、同級生を危険な飛行で死なせ、仲間と嘘の報告をしてしまう事件を起こし、卒業延期の処分を受ける。

その後、旅人(タウ・アルファC惑星人)と呼ばれる『精神力でワープを超える』能力者の指導を受け、新しい自分流の生き方を目指す旅に出るため、士官学校を退学(番組撮影当時、スタッフからは「ウェスリーはエンタープライズFで未来の艦長だよ」と言われていた模様)。

映画『ネメシス/S.T.X』では、ライカー副長カウンセラートロイの結婚式に出席しており、宇宙艦隊に復帰後「中尉」に昇格している模様。その後日談である「StarTrek:TITAN」では、ライカーが艦長を務めるU.S.S.タイタンに勤務して順調に昇進を続けている。

なお、ファーストネームの「ウェスリー」は原作者のジーン・ロッデンベリーのミドルネームに由来している。原作者の名前を持った未成年の、しかも有能でモテるキャラクターであったため、「最悪のMary Sue」であるとの批判をする向きもある。が、実際の劇中での役割は「機転の利く使い走りの小僧」程度で、少尉に任官して以後はほとんど出番・活躍がない。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

余談[編集]

企画段階において、エグゼクティブ・プロデューサーのボブ・ジャストマンはウェスリーのキャラクターを「レスリーという名前の少女」に変更したがったが、却下された。