ウィリアム・シャトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・シャトナー
William Shatner
William Shatner
本名 William Alan Shatner
生年月日 1931年3月22日(83歳)
出生地 モントリオール
国籍 カナダの旗 カナダ
配偶者 Gloria Rand (1956–1969)
Marcy Lafferty Shatner (1973–1994)
Nerine Kidd-Shatner (1997–1999)
Elizabeth Anderson Martin (2001–)
主な作品
宇宙大作戦
ボストン・リーガル

ウィリアム・“ビル”・シャトナー(William "Bill" Shatner、1931年3月22日 - )は、カナダケベック州モントリオール出身の映画監督俳優声優ラジオ DJ としても、レギュラー番組を持っていた。他にもSF作家の顔も持ち、小説『サイバー・ドラック/テクウォー』を執筆するなど多彩な芸術家として知られる。

長寿人気 TV シリーズ・『スタートレック』シリーズのカーク役、そして近年では、『ボストン・リーガル』のデニー・クレイン役(プライムタイム・エミー賞ゴールデングローブ賞との両方で最優秀助演男優賞を受賞した)で知られる。2010年バンクーバーオリンピックでは、3月1日(日本時間)にBCプレイス・スタジアムで行われた閉会式に登場し、故郷への賛辞を述べた。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

ポーランド及びハンガリーユダヤ人移民の家庭に生まれる[1][2]。カナダに生まれ育ったが、華やかなハリウッド黄金時代を夢見、早くから芸能界に憧れて成長する。小学生のころにラジオ番組に出演、その後はTVにも出始め積極的に芸能活動を開始。評判が広がって10代のころにはDJとして本格的にラジオにレギュラー出演する。マギル大学入学後は、舞台演劇をはじめ、俳優として数多くの舞台公演を経験。学士も取得[3]。やがて1957年、生まれて初めて映画に出演、『カラマゾフの兄弟』で映画俳優としてのキャリアをスタートさせた。その後はブロードウェイでもシアターワールド賞を受賞。順調にスター街道を駆け上がった。

スタートレック[編集]

1966年、TV シリーズ『宇宙大作戦』がスタート。カーク船長役で永く主演を務め、一気にブレイク。レナード・ニモイジョージ・タケイジェームズ・ドゥーアン などと共演して世界中のSFファンを虜にし、日本でも世代を越えてカルト的に支持を集めた。一時、シリーズが途切れるが1979年『スタートレック』シリーズとして映画化されて大ヒットを記録。以降、年度を挟み6作も製作され、後年は自らも主演のみならず製作総指揮、監督、脚本などを担当し、作品の中核を担った。1994年、『スタートレック ジェネレーションズ』を区切りとしてカークを卒業した(しかし、その後、後日談となるオリジナル小説を自ら執筆している。スタートレックに関する日本語資料一覧を参照のこと)。

その他[編集]

『スタートレック』以外の代表作としては自ら執筆したSF小説の映像化『サイバー・ドラッグ/テクフォー』シリーズの主演、1982年スタートのTVドラマ『パトカーアダム30』の主演などが名高い。また、子供向けアニメーションの声優としても活躍している。近年では、上述のように『ボストン・リーガル』のデニー・クレイン役における演技が非常に高く評価され、プライムタイム・エミー賞ゴールデングローブ賞の最優秀助演男優賞を受賞している。

自分が出演した作品は見ないので、自分が監督した『スタートレックV 新たなる未知へ』以外の『スタートレック』も見たことはないと語っている[4]

趣味と私生活[編集]

4度の結婚歴がある。だが、3度目の妻とはプール事故により死別するという悲しい過去を経験。その後は2001年に27歳年の離れたモデルと再婚する。

ケベック州出身という事もあり、英語とフランス語共に堪能である。

また、俳優業以外の職業はドーベルマン犬のブリーダー、競走馬騎手としての顔も有名。趣味は乗馬テニスでありプロ並の腕を誇っている。

2006年に腎臓結石を摘出しチャリティー企画で販売、$25,000の値をつける[5]

主な作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1958 カラマゾフの兄弟
The Brothers Karamazov
アレクセイ・カラマゾフ
1961 嵐の学園
The Explosive Generation
ピーター・ギフォード
ニュールンベルグ裁判
Judgment at Nuremberg
ハリソン・バイヤーズ
1962 侵入者
The Intruder
アダム
1964 暴行
The Outrage
牧師
1970 一人の生存者
Sole Survivor
Josef Gronke テレビ映画
1971 大統領のスキャンダル
Vanished
デイヴ・ポーリック テレビ映画
不思議な村
The People
カーティス テレビ映画
1973 検事
Incident on a Dark Street
ディーヴァー・G・ウォレス テレビ映画
ホラーフライト・悪魔の旅客機
The Horror at 37,000 Feet
ポール テレビ映画
荒野のあした
Pioneer Woman
ジョン・サージェント テレビ映画
1974 キラー・インパルス/殺しの日本刀
Impulse
マット・ストーン
ビッグ・バッド・ママ
Big Bad Mama
ウィリアム・J・バクスター
1975 魔鬼雨
The Devil's Rain
マーク・プレストン
1977 巨大クモ軍団の襲撃
Kingdom of the Spiders
Dr.ロバート・ラック・ハンセン
1978 若草物語
Little Women
Friedrich Bhaer テレビ映画
地獄の大墜落/エア・インフェルノ
Crash
カール・トビアス テレビ映画
1979 スタートレック
Star Trek: The Motion Picture
ジェームズ・T・カーク船長
暴走パニック超特急
Disaster on the Coastliner
スチュアート・ピータース テレビ映画
1980 大統領の誘拐
The Kidnapping of the President
ジェリー・オコナー
ベビーシッター
The Babysitter
ジェフ・ベネディクト テレビ映画
1982 面会時間
Visiting Hours
ゲイリー
スタートレックII カーンの逆襲
Star Trek: The Wrath of Khan
ジェームズ・T・カーク船長
フライング・ハイ2/危険がいっぱい月への旅
Airplane II: The Sequel
バック・マードック
1984 スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!
Star Trek III: The Search for Spock
ジェームズ・T・カーク船長
1986 スタートレックIV 故郷への長い道
Star Trek IV: The Voyage Home
ジェームズ・T・カーク船長
1989 スタートレックV 新たなる未知へ
Star Trek V: The Final Frontier
ジェームズ・T・カーク船長 監督・出演
1991 スタートレックVI 未知の世界
Star Trek VI: The Undiscovered Country
ジェームズ・T・カーク船長
1993 ローデッド・ウェポン1
Loaded Weapon 1
General Mortars
1994 サイバー・ドラック/テクフォー VOL.1「ウォー」
Tekwar
ウォルター・H・バスコム テレビ映画
サイバードラッグ/テクウォーVOL.2「ロード」
TekWar: TekLords
ウォルター・H・バスコム テレビ映画
サイバードラッグ/テクウォーVOL.3「ラボラトリー」
TekWar: TekLab
ウォルター・H・バスコム テレビ映画
サイバードラッグ/テクウォーVOL.4「ジャスティス」
TekWar: TekJustice
ウォルター・H・バスコム テレビ映画
1995 スタートレック ジェネレーションズ
Star Trek: Generations
ジェームズ・T・カーク
1996 ルディ ~億万長者な14歳?~
The Prisoner of Zenda, Inc.
マイケル・ゲートウィッチ テレビ映画
1998 シークレット・プラン
Land of the Free
エイダン
2000 デンジャラス・ビューティー
Miss Congeniality
スタン・フィールズ
2001 ファルコンダウン
Falcon Down
ロバート・カーソン
バクテリア・ウォーズ
Osmosis Jones
市長 アニメ、声の出演
2002 ショウタイム
Showtime
ウィリアム・シャトナー
アメリカン・サイコ2
American Psycho II: All American Girl
スタークマン
ザ・コンタクト
Groom Lake
ジョン
2004 ドッジボール
Dodgeball: A True Underdog Story
ドッジボール協会会長
2005 デンジャラス・ビューティー2
Miss Congeniality 2: Armed & Fabulous
スタン・フィールズ
2006 ライアンを探せ!
The Wild
カザール アニメ、声の出演
森のリトル・ギャング
Over the Hedge
オジー アニメ、声の出演
2009 ファンボーイズ
Fanboys
本人

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1959-1964 トワイライト・ゾーン
The Twilight Zone
2エピソード
1964 0011ナポレオン・ソロ
The Man from U.N.C.L.E.
マイケル・ドンフィールド 1エピソード
1965 逃亡者
The Fugitive
トニー・バレル 1エピソード
1966-1969 宇宙大作戦
Star Trek
ジェームズ・T・カーク船長 79エピソード
1970-1974 鬼警部アイアンサイド
Ironside
4エピソード
1973 マニックス特捜網
Mannix
アダム・ランガー 1エピソード
1974 燃えよ!カンフー
Kung Fu
Brandywine Gage 1エピソード
1975-1976 Barbary Coast ジェフ・ケーブル 14エピソード
1982-1986 パトカーアダム30
T. J. Hooker
T・J・フッカー巡査部長 90エピソード
1976 刑事コロンボ
Columbo: Fade in to Murder
ウォード・ファウラー エピソード「ルーサン警部の犯罪」
1993 新・刑事コロンボ
Columbo: Butterfly in Shades of Grey
フィールディング・チェイス エピソード「4時02分の銃声」
1994-1996 TekWar ウォルター・H・バスコム 18エピソード
1997 クロニクル 倒錯科学研究所
Perversions of Science
コーンフェルド 1エピソード
2004 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
デニー・クレイン 5エピソード
2004-2008 ボストン・リーガル
Boston Legal
デニー・クレイン 主演で101エピソード
2007 エベレスト 若きクライマーの挑戦
Everest
ノーマン・ケリー ミニシリーズ
2010-2011 $#*! My Dad Says エディソン・ミルフォード・グッドサン3世 18エピソード
2012 ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~
Rookie Blue
ヘンリー・マクレオド 1エピソード

参照[編集]

  1. ^ “More William Shatner than Captain Kirk”. The Telegraph (London). (2008年6月28日). http://www.telegraph.co.uk/culture/books/non_fictionreviews/3555336/More-William-Shatner-than-Captain-Kirk.html 
  2. ^ William Shatner Biography (1931–)”. Filmreference.com. 2009年9月13日閲覧。
  3. ^ Shatner, William”. The Canadian Encyclopedia. 2010年5月6日閲覧。
  4. ^ Adams, Stephen (2008年2月8日). “William Shatner 'never watched Star Trek'”. The Telegraph. 2011年8月9日閲覧。
  5. ^ “ウィリアム・シャトナー、自分の腎臓結石を売る”. シネマトゥデイ. (2006年1月24日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007682 2013年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]