スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!
Star Trek III: The Search for Spock
監督 レナード・ニモイ
脚本 ハーヴ・ベネット
原作 ジーン・ロッデンベリー
製作 ハーヴ・ベネット
製作総指揮 ゲイリー・ナーディノ
出演者 ウィリアム・シャトナー
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 チャールズ・コレル
編集 ロバート・F・シュグリュー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年6月1日
日本の旗 1984年6月9日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,000,000 (概算)
興行収入 $76,471,046[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
前作 スタートレックII カーンの逆襲
次作 スタートレックIV 故郷への長い道
テンプレートを表示

スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!』(スタートレックスリー ミスター・スポックをさがせ!、Star Trek III: The Search for Spock)は、『スタートレック』の(オリジナルシリーズ)全6作中3作目。スポックを演じるレナード・ニモイの初監督作品。劇場公開時の邦題は『スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!』。

ストーリー[編集]

カークたちはエンタープライズを救うために殉職したスポックの宇宙葬を行い、悲しみのうちに帰還する。しかしスポックの棺はジェネシス装置によって生まれた新惑星に軟着陸し、その肉体は魂の無い状態で再生していた。実はスポックは壮絶な死の間際、自己の魂(カトラ)をドクターマッコイに託していたのである。それを知りスポックの救出を司令官に掛け合うカークだったが、軍規によりジェネシス星へ近づく事は禁じられていた。もう一つの人格に苦しむマッコイやスポックの魂を救うため、カークたちはエンタープライズ号を乗っ取り惑星ジェネシスへ向かう。しかしその頃、カークの息子デヴィットが指揮する科学船グリソムはジェネシスへの航行を許可された。が、ジェネシス装置の存在を知ったクリンゴン人のクルーグによってグリソムは破壊され、デヴィットたちはスポックの肉体とともに捕虜にされてしまう。一方、ジェネシス装置には不安定な元素が使われていたことが分かる。そのため惑星ジェネシスは、急激な老化により終焉を迎えつつあった。

キャスト[編集]

 役名   テレビ (日本)   俳優   日本語版1   日本語版2
ジェームズ・T・カーク  カーク船長  ウィリアム・シャトナー  矢島正明  矢島正明
スポック  Mr.スポック  レナード・ニモイ
フランク・ウェルカー(叫び声) 
瑳川哲朗  菅生隆之
レナード・マッコイ  Dr.マッコイ  ディフォレスト・ケリー  山内雅人  小島敏彦
モンゴメリー・スコット  チャーリー  ジェームズ・ドゥーアン  小林修  小林修
ウフーラ  ウラ  ニシェル・ニコルズ  横尾まり  朴璐美
ヒカル・スールー  加藤  ジョージ・タケイ  富山敬、(坂東尚樹)  坂東尚樹
パベル・チェコフ  チェコフ  ウォルター・ケーニッグ  曽我部和恭  樫井笙人 
デビッド・マーカス博士     メリット・バトリック  山寺宏一  田島康成
サーヴィック大尉     ロビン・カーティス[注釈 1] 弥永和子  安藤麻吹
クルーグ艦長     クリストファー・ロイド  内海賢二  内海賢二 
サレク大使  サレク大使  マーク・レナード  納谷悟朗  納谷悟朗 
トゥラル     デイム・ジュディス・アンダーソン  高村章子
  • 日本語版1は日本テレビ『金曜ロードショー』(1988年6月3日)で放送、追加収録の上LD(バイリンガル・コレクション)およびDVD(通常版)に収録(坂東直樹はカット部分の代役)
翻訳:木原たけし、演出:小山悟
  • 日本語版2はDVD(スペシャル・コレクターズ・エディション)に収録

スタッフ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『スタートレックII カーンの逆襲』において、同役を演じたカースティ・アレイが出演料の交渉で折り合わず降板したため、急遽、同役を演じることとなった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]