モンゴメリー・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンゴメリー・スコット (Montgomery 'Scotty' Scott) は、アメリカSF作品『スタートレック』シリーズ、主にテレビドラマ宇宙大作戦』(TOS) の登場人物。宇宙パトロール船USSエンタープライズ号機関主任で、日本語吹替版での呼び名は「チャーリー」。カークスポックマッコイにつぐ主要キャラである。俳優はジェームズ・ドゥーアン

プロフィール[編集]

2222年地球スコットランド生まれの人間男性。宇宙艦隊士官で、TOS当時の階級少佐

通常は機関室で任務についているが、船長カーク・副長スポックに次ぐ上級士官なので、2人ともいないとき(かなり頻繁に起こる)にはブリッジで指揮を執る。ただし、そのばあいは物語の主な舞台が惑星上であることが多いので、ブリッジにいる姿は画面にはあまり現れない。

エンジニアとしては超人的で、カークの無茶な要求をかならずクリアする。

 カーク :(スコットに要求した作業が)「何時間かかる?」
 スコット:「○時間です」
 カーク :「×時間(半分以下)でやれ」
 スコット:「わかりました」

・・・というたぐいのやりとりが定番で、続編シリーズでも頻繁に現れた。後にわざと多めに時間を取り、それより早く終わらせる事で有能に見せる為の知恵だと言う事を、『新スタートレック』でラフォージに話している。

キャラクター[編集]

強いスコットランドなまりで話す。正装時にはスコットランドの民族衣装であるキルトで現れ、自室にはバグパイプや鎧冑(中にとっておきのウィスキーが隠してある)が飾ってある。

機関室を離れると女に弱かったり、殺人事件の容疑者になったりと、巻き込まれ型の少し抜けたコミカルな役柄になることが多い。

酒好きで、エンタープライズに大量に持ち込んでいる。中でもスコッチ・ウィスキーが好き。ただし、酒に強くはない。

歴代シリーズでの活躍[編集]

TOS以後では、劇場版の第1作『映画1作目』~『映画7作目』に登場。エンタープライズ・オリジナル艦及びエンタープライズAの機関主任を務める。口ひげを生やし、徐々に恰幅のいい体型になっていった。最終階級は大佐

映画2作目』では、共に機関室で働いた甥のピーター・プレストン少尉を失う。

『映画7作目』ではカーク、チェコフと共にエンタープライズBの処女航海にゲストで招かれ、エネルギーリボンとの遭遇で、緊急にブリッジで艦の制御を手伝う羽目に。

退役後、連邦輸送艦USSジェノーランの乗客としてノルピン・コロニーに向かう途中で消息を絶つ。実はジェノーランはダイソンの天球の表面で航行不能となっており、転送バッファ内に緊急退避して救助を待っていたという設定で、行方不明時の年齢のまま24世紀の『新スタートレック』(TNG) 第130話「エンタープライズの面影」に登場した。エンタープライズDに救助された後、ピカードの計らいでシャトル一機を無期限で借り受け、新天地へと旅立った。

ネーミング[編集]

愛称はスコッティ。この役名はスコットランドなまりであることからついた。モンゴメリーは俳優のドゥーアンのミドルネームである。

スコッティという呼び名がスポックと聞き間違いやすいからか、日本語吹き替え版では「チャーリー」とされた。そのあおりでTOS8話「セイサス星から来た少年」に登場のゲストの役名「チャーリー」も別の名に変更されている。日本ではフルネームがモンゴメリー・チャーリー・スコットだとされることもある。

演じた俳優と声優[編集]

俳優

スコットランドなまりは、演じたドゥーアン(実際の出身はアイルランドカナダ人)の特技の一つである。

日本語版吹き替え

TOSシーズン1とDS9は小林修、TOSシーズン2~3は内海賢二、TNGは寺島幹夫。劇場版は小林修、神山卓三島香裕藤本譲

ディープ・スペース・ナイン(DS9)』第104話「伝説の時空へ」にも再登場するが、これはシスコらが『宇宙大作戦』43話「新種クアドロトリティケール」の過去に行ったという設定で、当時の映像の編集・合成。声は原語版では俳優本人が声を演て、吹き替えではカーク役の矢島とウフーラ役の松島のみオリジナルと同じ。

関連項目[編集]