納谷悟朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なや ごろう
納谷 悟朗
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本 北海道函館市
死没地 日本の旗 日本 千葉県千葉市
生年月日 1929年11月17日
没年月日 2013年3月5日(83歳没)
血液型 O型
身長 163cm
職業 俳優声優ナレーター演出家
事務所 テアトル・エコー
配偶者 火野カチ子
著名な家族 納谷六朗(弟)
俳優活動
活動期間 1951年 - 2008年[1]
ジャンル テレビドラマ映画舞台
デビュー作 宝島
声優活動
活動期間 1959年 - 2012年
ジャンル 特撮アニメゲーム吹き替えナレーション
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

納谷 悟朗(なや ごろう[2]1929年11月17日[3] - 2013年3月5日[4])は、日本俳優声優ナレーター舞台演出家テアトル・エコー所属。

北海道函館市出身。立命館大学法学部中退。弟は俳優・声優の納谷六朗、妻は女優・声優の火野カチ子。代表作に『ルパン三世』シリーズ(銭形警部役)がある。洋画ではクラーク・ゲーブルチャールトン・ヘストンジョン・ウェインの声の吹き替えを担当[5]

生涯[編集]

幼少期に東京府(現東京都)へ移住する。学生時代に芝居の面白さを知り、1951年に劇団東童入団。役者デビューは舞台宝島』。1955年劇団「稲の会」設立に参画。1957年劇団現代劇場。1959年熊倉一雄に誘われてテアトル・エコーに所属。

テアトル・エコー入会当時、洋画のテレビ放映の際に、新劇畑の俳優が起用されることが多く、納谷もこうした中で洋画の「アテレコ」に多用されることとなった。最初期の洋画放映でのアテレコは生放送だったため、声のタイミングを合わせるのが難しく、声がずれることはしょっちゅうだったというが、「なにしろ生放送だから証拠が残らない」ということで、特に問題にもならなかったという。「テレビドラマにも出演したが、拘束日数が長いので事務所が嫌がり、自然と声の仕事が増えた。声の吹き替えのできる俳優が少なかったので、とにかく忙しかった。現場で会わせるのは同じ顔ばかりだった」と語っている。現場にすれば「メイクも衣装も不要」で手軽な「声の出演」に対する扱いは悪く、ギャランティは通常の70%のレートだった。これは大変に不本意だったというが、忙しかったので金は稼げたという[6]

ルパン三世 PartIII』放送中の1985年3月に胃潰瘍で入院し、胃腸を半分切除する手術を行う[7]。それ以降は体力の衰えにより声が出しにくくなったという[8]。その後も胃潰瘍、胃がんなどの手術を経験し、体力的に無理のない範囲で仕事を続けていた。劇団関係者によれば、80歳を過ぎて体力が少しずつ低下し、内臓だけでなく呼吸器も影響を受けていたという[9]

2008年の舞台公演中に体調不良を訴え俳優業を引退し、2009年に都内から千葉市に転居[1]。その後も声優業は続け、日曜洋画劇場で2012年5月28日に収録した『インセプション』の吹き替え収録後体調を崩し入退院を繰り返していたが、2013年3月5日、慢性呼吸不全のため千葉市内の自宅で死去[1][10]。83歳没[4]。通夜及び告別式は近親者のみで行われ、3月11日にマスコミに公表された。5月21日には恵比寿・エコー劇場でお別れの会が行われ、栗田貫一小林清志増山江威子野沢雅子山寺宏一ら声優仲間やファンおよそ300人が訪れた。また、神谷明麻上洋子井上真樹夫松井菜桜子は納谷の訃報が発表された際、自身のブログで追悼のコメントを述べている。

エピソード[編集]

人物像[編集]

特技は男性の話す京都弁趣味野球[11]。熱烈な阪神タイガースのファンであり、かつてテレビ朝日系列で放送されていた『サンデープロジェクト』のプロ野球コーナーで、「ナレーター:阪神狂の納谷悟朗」とテロップで表記されていた。日本共産党支持者であり、選挙のときは推薦人名簿に名を連ねている。『しんぶん赤旗』紙面に掲載される際の肩書きは「俳優・演出家」である。

声質は銭形警部などでみられる「濁声」で知られている。役作りの上でこの声色を多用する事が多いが、元々の地声は濁りのない声質である(銭形については「二枚目の声で演じていたら現在まで持たなかっただろう」と語っている)。テレビ草創期からアニメや洋画のアテレコ(声の吹き替え)、番組ナレーションで活動している。役柄では、『仮面ライダー』のショッカー首領のような悪の組織のボス、威厳ある悪役を演じることが多い。『ウルトラマンA』のような正義のヒーローを演じることもあり、チャールトン・ヘストンの吹き替えなどでも善玉の主人公を演じている。

テアトル・エコー全盛期で、なおかつ当人も人気絶頂の時期にはギャランティの袋が立ったほど稼いでいたという逸話がある。しかしそのほとんどは酒代・煙草代に消えたという。本人は「貯金は好きではない」とも語っている。

仕事に対する姿勢[編集]

声優業確立以前から活動している他の人物同様、「声優である以前に俳優である」という姿勢とポリシーを持つ。自身は「舞台の役を与えられたのと同じ感覚でやっていた」と語っている。「声優という呼び方は許さない」が口癖であり、『ルパン』関係や『ヤマト』関係のインタビューにおいて、ほぼ毎度開口一番に発している。インタビュー取材の際、「“声優の”納谷悟朗さん」と呼ばれた事に憤慨して取材を断ったこともあるという。一方で、「声優」という言葉が一般的でなかったころに使われた「アテ師」という言葉に対しては「(「アテ師」という言葉を)決して誇らしく使っているわけではないけれど、そんなに嫌いな言葉ではなかったです」と述べている[12]

舞台に立てない者は役者として認めておらず、舞台経験のない多くの若手声優に対しては、「舞台経験があったほうが良いですね。台本を読み込む力がつくし、僕自身は新劇出身だったので、比較的声の仕事は楽にやれた」と語っており[12]、舞台を演じる若手声優は積極的に支援している。声優界の将来に対しては「ただ声を当てればいいと考えている声優が多すぎる。目の前に客がいると思っていない」と憂う発言をしている[8]

納谷は「こういう役だから、こう演じる」ということにはこだわっていない。本人は「僕はやれと言われたからやるだけであって、その演技が良かったかは後の問題。評価はお客様がしてくれることであって、『良い悪い』はなかった」と語っている[13]

『仮面ライダー』[編集]

『仮面ライダー』での「ショッカー首領」役は、非情さと威厳を併せ持つ「怖くて強くて絶対だ」とのイメージで演じた。現場からはチャールトン・ヘストン役の声を求められたという。近年はスペシャルゲストのような形での作品参加が増え、「『大首領の声で』と言われる仕事も多くなり、ありがたいことだと思ってやっています」と語っている[14]

「ショッカー首領」の台詞は大抵抜き録りで、他の役者たちの昼休み前に行い、一言二言で終わることが多かった。「怪人」役の他の同僚が数本まとめ録りで長時間拘束されているなか、納谷だけさっさと帰ってしまうので、「やっぱり首領は違うよな」とやっかみ半分の声がよく挙がったという[15]

『ルパン三世』[編集]

『ルパン三世』ではテレビシリーズの第1作から2010年に放送されたTVスペシャル『ルパン三世 the Last Job』までの39年間、銭形警部の声を担当していた。これは一貫して次元大介の声を担当する小林清志に次ぐ長さであった。長年銭形を担当していることもあり、本人は「銭形はいつまでも歳を取らないけど、僕は年々歳を取っていくので、合わせるのが少し辛いですね」と語っていた。なお、銭形警部の声は、2011年12月放送の『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』から山寺宏一が担当となったが[16]、今後も機会があれば銭形役を演じたいとの旨を語っていた[17]。また、ルパン三世のパイロットフィルム(シネマスコープ版 )で石川五ェ門を演じたこともある。

フランスのTVシリーズ『アルセーヌ・ルパン』の日本放映版や、TVスペシャル『怪盗ルパン 813の謎』ではアルセーヌ・ルパン役を吹き替えている。

ルパン三世 風魔一族の陰謀』で銭形も含めキャストが交代されたが、その話は納谷には届いておらず、加藤精三に聞かされたときは山田に近い怒りの感想を述べ、個人的には「複雑だ」とコメントした。

初代ルパン三世役[18]だった山田康雄が急逝した際、葬儀で弔辞を読んだのは銭形警部役の納谷だった。納谷は山田の遺影に向かって、銭形警部がルパン三世に怒鳴るような口調で「おい、ルパン。これから俺は誰を追い続ければいいんだ」、「お前が死んだら俺は誰を追いかけりゃいいんだ」と涙ながらに呼びかけた。山田とは、『ルパン三世』以外にも吹き替え作品で多く共演している。また、一緒に千葉の上総湊にある海の家を借りていたこともある。海の家からスタジオに通い、アフレコが終わるとすぐに家に帰り、酒を飲んだりしていろいろ遊んでいたこともあるという[19]

『宇宙戦艦ヤマト』[編集]

宇宙戦艦ヤマト』ではヤマト艦長の沖田十三の声を担当。沖田の声を担当した際、当時納谷は40代であり、「なんでこんな老け役をやらなきゃいけないんだ」と不満に思っていたこともあった。最初のアフレコの頃は沖田を70代ぐらいのキャラクターだと思って喋っていたという。しかし、「艦長ということは70代なんてことはあり得ない」と感じ、本人としては「現役の艦長だったら50代くらいだから、もっと若くやればよかった」と心残りにしている[19]

この作品が声優ブームのきっかけになったこともあり、当時はアフレコスタジオの外で、よくファンが出待ちをしていたこともあるという。しかし、自身は「キャラクターの声を当てているだけであり、それがスターみたいな扱いをされるのは不思議でしょうがなかった」と語っている[12]

納谷は戦争体験があるが、子供の頃は戦争で死のうと思っていた時代であったこともあり、『宇宙戦艦ヤマト』自体は嫌いではないと語っている[12]

洋画の吹き替え[編集]

洋画では、ジョン・クリーズチャールトン・ヘストンリック・ジェイソンロバート・ライアンジョン・ウェインクラーク・ゲーブルリー・ヴァン・クリーフマーティン・ランドーロバート・テイラージャック・パランスの声を主に担当している。様々なジャンルの作品に声を当て、出演作は100本以上に昇っている(下記のリストを参照)。ジョン・ウェインは小林昭二がトラブルで降板したため、急遽代役登板で務めたのが始まりだった[20]。チャールトン・ヘストンの吹き替え版で特に個人的に『ベン・ハー』『十戒』が思い入れが深いと語っている。

西部劇には数多く声を当て、山田康雄小林清志大塚周夫野沢那智と共にテレビ洋画劇場におけるマカロニ・ウェスタンの放映を支えた。特にウェインと前述のヘストンに関して、強くてでかい男の声を要求されたこともあるらしく、「僕の声質がそういうキャラクターに合っていると思って、お使いになったのではないか」と語っている[12]

山田康雄の持ち役だった『荒野の用心棒』のクリント・イーストウッドでは、納谷が上記の強い男性を演じてきた経歴などから、「納谷さんがやってください」と依頼があった。その頃山田がまだ活躍中で、納谷は気が進まず断ったが、局側が引き下がらなかったため、山田と相談のうえ結局吹き替えたことを語っている[13]。イーストウッドの吹き替えは、山田の死後、『目撃』(ソフト版)で担当している。

ウェインの吹き替えに関して、初めて担当した際、ウェインの地声に近い声を出すと演出家にNGを出され、ウェインの体格に合った太い声で演じたという逸話がある。なお、実際に納谷の声は柔らかいトーンであり、ウェインの地声に近いと言われている[21]

刑事コロンボでは、旧シリーズの最終話「策謀の結末」で、犯人のデヴリン(クライヴ・レヴィル)を担当(コロンボ警部の吹き替えは小池朝雄)。この「小池版」は後年紛失したとされ、幻となっていたが、現在はブルーレイBOXに収録されている。ただし、この「小池版」は放送当時いくつかのシーンがカットされていたため、完全版として収録したブルーレイ版の該当シーンは、原語(英語)に字幕という形で収録されている。

後任[編集]

納谷の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1963年

1964年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1984年

1985年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

OVA[編集]

1969年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1995年

1998年

2001年

2002年

2008年

2010年

2012年

劇場アニメ[編集]

1969年

1970年

1971年

1977年

1978年

1979年

1980年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1989年

1991年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1999年

2001年

2009年

ゲーム[編集]

1985年

1992年

1994年

1995年

1996年

  • 銀河英雄伝説(ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ)※SS版

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2007年

2010年

2011年

2012年

  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(ズール皇帝)

特撮[編集]

ナレーション[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

映画[編集]

納谷は東宝の特撮映画での仕事も多いが、本多猪四郎監督とはよく酒を飲む間柄だったという[23]

海外アニメ[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオドラマ版『マカロニほうれん荘』(1978年:TBSラジオ)ススキ小次郎
  • NHKFMラジオドラマ「黒後家蜘蛛の会」:(1981年:NHK
  • NHKFMラジオドラマ「ふたりの部屋」:『阿刀田高ショート・ショート』(1983年:NHK
  • NHKFMラジオドラマ「FMアドベンチャー」:『警官嫌い』(1984年:NHK)
  • NHKFMラジオドラマ「アドベンチャーロード」:『長く孤独な狙撃』(1988年:NHK)
  • NHKFMラジオドラマ「青春アドベンチャー」:『ロスト・ワールド』(1997年:NHK)チャレンジャー
  • ラジオドラマ『闇の守人』(2007年:NHK)ラルーグ
  • 歌謡ドラマ(2004年-:NHK)

ドラマCD[編集]

時期不明

1993年

1999年

  • Weiß kreuzシリーズ(鷹取斎上)
    • Dramatic Precious 2nd STAGE TEARLESS DOLLS
    • Dramatic Precious Final STAGE DREAMLESS LIFE

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 平家物語 - 平清盛
  • 道元の冒険
  • 二番街の囚人
  • 正直ゲーム
  • 樹の下にはいつも想い出が…
  • サンシャイン・ボーイス
  • チンプス-特選リフォーム、見積り無料!?-
  • ブローニュの森は大騒ぎ※舞台演出
  • シルヴィアの結婚
  • 青年がみな死ぬ時
  • Pures『終わらない僕たちの夜』 - 風紀委員長

バラエティ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ““銭形のとっつぁん”納谷悟朗さん死去 2013年3月12日”. サンケイスポーツ. オリジナル2013年3月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130314024339/http://www.sanspo.com/geino/news/20130312/oth13031205050009-n2.html 2014年10月10日閲覧。 
  2. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、571頁。ISBN 978-4415008783
  3. ^ 『仮面ライダー大全』 双葉社、2000年、109頁。ISBN 4-575-29121-8
  4. ^ a b 「ルパン三世」銭形警部役 納谷悟朗さん死去,スポーツニッポン,2013年3月11日
  5. ^ テアトル・エコー:納谷悟朗”. テアトル・エコーによるプロフィール. テアトル・エコー. 2011年12月18日15:13閲覧。
  6. ^ 緯度0大作戦DVDチャンピオンまつり短縮版』納谷のコメンタリーより
  7. ^ 飯岡順一「ルパンと共に35年 第11回」『ルパン三世officialマガジン』Vol.12、2007年、p.126
  8. ^ a b 銭形のとっつぁんが遺した遺言
  9. ^ さらば銭形警部 名声優・納谷悟朗さん、慢性呼吸不全で死去”. さらば銭形警部 名声優・納谷悟朗さん、慢性呼吸不全で死去. スポーツ報知. 2013-3-20 14:24閲覧。
  10. ^ 「銭形警部」役で人気 納谷悟朗さん死去,NHK,2013年3月11日
  11. ^ 『アニメディア』(学研)創刊号附録インタビュー
  12. ^ a b c d e 宇宙戦艦ヤマト 納谷悟朗さんインタビュー Part2”. 2010年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月27日閲覧。
  13. ^ a b 吹替の帝王 声優インタビュー” (2009年8月19日). 2012年10月13日閲覧。
  14. ^ 『オフィシャルファイルマガジン 仮面ライダー7』(講談社)
  15. ^ 緯度0大作戦DVDチャンピオンまつり短縮版』
  16. ^ 「ルパン三世」最新作は新声優で!銭形警部の声優に山寺宏一!峰不二子、石川五ェ門も一新!シネマトゥデイ 2011年10月9日
  17. ^ 『ルパン三世 Master File』-THE PERFORMERS -その声の魅力-より
  18. ^ 厳密にはパイロット版のルパン役の広川太一郎野沢那智を含めば三代目である。
  19. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト 納谷悟朗さんインタビュー Part1”. 2009年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月23日閲覧。
  20. ^ 『緯度0大作戦DVDチャンピオンまつり短縮版』
  21. ^ 吹替の帝王 コラム”. 2012年10月13日閲覧。
  22. ^ 効果音としてのエースの掛け声は『流星人間ゾーン』のゾーン・ファイターの掛け声として流用された。
  23. ^ 『緯度0大作戦DVDチャンピオンまつり短縮版』

外部リンク[編集]