曽我部和恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そがべ かずゆき
曽我部 和恭
プロフィール
本名 曽我部 和行
そがべ かずゆき
愛称 ガベさん
出生地 日本の旗 日本千葉県
生年月日 1948年4月16日
没年月日 2006年9月17日(58歳没)
血液型 A型
身長 172cm
所属 青二プロダクション(最終)
活動
活動期間 1973年 - 2000年2005年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

曽我部 和恭(そがべ かずゆき、1948年4月16日[1] - 2006年9月17日)は、日本の男性声優俳優ミュージシャン。旧芸名及び本名は曽我部 和行(そがべ かずゆき)[1]

人物像[編集]

経歴[編集]

千葉県船橋市で戦国武将長宗我部氏の末裔の家系のサラリーマンの家に出生。小学6年で東京都に転居。千代田区立神田一橋中学校東京都立一橋高等学校を経て[2]敬愛大学経済学部へ入学。中学2年からエレキギターで作曲するようになり、歌手を目指して大学を4年で中退して日本テレビタレント養成所へ入る。演技を学ぶうちに芝居への意欲が涌き、22歳でテアトル・エコーの養成所へ[2][3]熊倉一雄納谷悟朗の指導を受け、テアトル・エコーの舞台公演に出演するとともに、研究生時代からアニメや洋画の吹替に声優に端役として出演した[2]。声優としてデビュー作はニッポン放送のラジオドラマ「湖畔亭事件」の主役、アニメ声優としては『パンダコパンダ』のおまわりさん役がデビュー作[4]1974年に『破裏拳ポリマー』でアニメの初主役を果たした[2]

1977年には古谷徹古川登志夫らと声優バンド「スラップスティック」を発足し、ギタリストと作詞・作曲で活動していた。私生活では1980年6月に結婚[2][5]。声優としては、アニメで美形キャラクターを多く演じ、吹き替えでは、ジャン・クロード・ヴァンダムの初期作品では多く担当した[6]

テアトル・エコーの正所属となり舞台の演出も手掛けていたが[7]、1990年代に青二プロダクションへ移籍。

一身上の都合から、2000年12月31日に引退した。引退後の持ち役は主に置鮎龍太郎稲田徹らに引き継がれたが、『絶対無敵ライジンオー』、『元気爆発ガンバルガー』のDVD購入特典である新作ドラマCDには出演した。引退後の出演はこのCDのみとなった。『ガンバルガー』のDVDにおいても、各巻冒頭の「テレビから離れて画面を明るく」という注意をヤミノリウス三世として語る新録音声が収録されている。

その他、2005年に出版された『アマゾンから帰ってきた男 別冊』で『仮面ライダーアマゾン』に関してインタビューを受けている。本書の中では特撮とアニメのアフレコの違いや『仮面ライダーアマゾン』以外にも、一番印象に残っている洋画の吹き替え役などを語っている。本人は引退を否定し、将来に対する復帰への意欲を語っており、近影も掲載されていた。

2006年9月17日午後8時頃、食道癌のため千葉県内の病院で死去した。58歳没。死の2ヶ月前に癌が見つかった時点では、すでに進行した末期状態で、手の施しようもない状態であったという。葬儀に参列した旧友たちは、スラップスティック等でも「痩せすぎ」ということがネタになっていた曽我部のスマートな容貌がさらに痩せ細っているのを見て、思わず涙を零したという。

特色[編集]

超電磁マシーン ボルテスV』、『パタリロ!』、『J9シリーズ』や『聖闘士星矢』など、美形主役級キャラを多数担当した。また、『元気爆発ガンバルガー』のヤミノリウスIII世のように二枚目半のギャグキャラクターも得意とした。

ゼンダマン』では主役の「鉄ちゃん(ゼンダマン1号)」に内定しており、主題歌のレコーディングにもセリフ入れで参加していた。しかし、番組初収録前に体調不良となり降板した[8](後任は三ツ矢雄二)。

人物[編集]

剣道二段[3]。趣味はサングラス収集[4]。ニックネームはガベさん[9]。好きなミュージシャンはザ・ベンチャーズジミ・ヘンドリックスジェフ・ベック寺内タケシ。好きな作家は半村良平井和正エラリー・クイーンモーリス・ルブラン[4]

かつて[いつ?]神谷明中尾隆聖内田直哉らと演劇活動をしていたことがある(担当は演出)。その際、芝居の演出方法で口論になってもテアトル・エコー養成所時代の先輩の神谷には最終的に逆らえなかったと言う逸話がある。

地元・千葉県においては自治体主催の公演、ママさん劇団「陽気妃」の舞台演出家としても作品を残している。

没後[編集]

人気のゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』において『超電磁マシーン ボルテスV』の峰一平などの声は、現在に至るまで生前の曽我部が録音したもののみが使われている。

後任[編集]

曽我部の引退後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

OVA[編集]

1985年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1997年

1998年

劇場アニメ[編集]

1978年

1979年

1980年

1981年

1983年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1992年

1994年

1995年

1996年

ゲーム[編集]

1985年

1991年

1992年

  • BURAI2 闇皇帝の逆襲(ビドー・クレラント)

1993年

1994年

1995年

  • ブルー・シカゴ・ブルース(ブライス・リッチ)

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

  • スーパーロボット大戦α for Dreamcast(峰一平、ビショット・ハッタ)
  • スーパーロボット大戦α外伝(峰一平)
  • ボカンGo Go Go(時ワタル/ヤットデタマン)

2003年

2004年

2005年

2006年

  • スーパーロボット大戦XO(ジーン)

2008年

2011年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

  • JOKER(海王寺弓人)
    • JOKER FILE.1 ムーン・ファンタジー
    • JOKER FILE.2 ドリーム・プレイング・ゲーム
  • 闇の末裔(伯爵)

カセットブック[編集]

  • 聖闘士星矢「黄金十二宮(前・後編)」(双子座のサガ)
  • 美少女戦士セーラームーンそのに(クンツァイト)
  • 有閑倶楽部「ピジョン・ブランは危険なサイン」(松竹梅魅録)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『声優名鑑』、503頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d e 「声優クローズ・アップ 曽我部和行(テアトル・エコー)『ジ・アニメ』1980年11月号、pp.176-177
  3. ^ a b アニメージュ編集部「曽我部和行 "役者くさくない剣道二段のMr.スリム"」『アニメ声優24時』徳間書店、1981年、pp.79-84
  4. ^ a b c 「声優100人に聞きました'95 曽我部和恭」『ザ・声優1995』メディアックス、1994年、p.92
  5. ^ アニメージュ』1980年8月号、p.169
  6. ^ 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店、1997年、pp.76-77
  7. ^ アニメディア』1988年7月号、p.96
  8. ^ ジ・アニメ『曽我部和行インタビュー』(近代映画社)[要文献特定詳細情報]
  9. ^ 声優ファン会編著『アニメ・ヴォイス大事典上』飛天出版、1999年、p.205