パヴェル・チェコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パヴェル・アンドレイェヴィッチ・チェコフ: Павел Андреевич Чеков[1])は、アメリカサイエンス・フィクション作品『スタートレック』シリーズ、主にテレビドラマ宇宙大作戦』の登場人物である。宇宙パトロール船USSエンタープライズ号操縦士(ナビゲーター)。より正しくは「チェーホフ」で、「チェコフ」は英語読み。

プロフィール[編集]

2245年地球ロシア生まれの人間男性。宇宙艦隊士官。当時の階級は少尉。認識番号656´5827B(スタートレックIV 故郷への長い道より)

キャラクター[編集]

シンデレラはロシアの物語」「クアドロトリティケール(作中の新種の麦)はロシアの発明」など、何でもロシア起源だと主張する。

レギュラーの登場人物の中で最も若い。また、失敗が多くやられ役となることも多い。瀕死の目にあうことも多く、「危機一髪! OK牧場の決闘」にいたっては射殺までされた。陽気で女好きな性格。

歴代シリーズでの活躍[編集]

  • 宇宙大作戦
第2シーズンから登場。『宇宙大作戦』開始後、ソビエト連邦(ソ連)の新聞『プラウダ』に「国際的なエンタープライズ乗組員の中にソ連人がいないのはおかしい」という記事が載り、それを読んだジーン・ロッデンベリーテコ入れもかねて新しい登場人物の投入を決めた。
日程の都合で登場しなかったが(『宇宙大作戦』終了後全米中に散らばっていた役者たちが、アニメの声のためだけに、あちこちで声の収録の日程を組んでいた)、まんが宇宙大作戦のエピソード「惑星ファイロスの巨人」はケーニッグの脚本作品である。
  • 劇場版
第1作目第7作目第11作目第12作目に登場。保安主任、U.S.S.リライアント副長兼科学士官を務めた。なお『第2作目』ではカーンに「お前は見た事があるな」と言われるが、この発端となったエピソード「宇宙の帝王」は第1シーズンの話であり、公開後にファンから指摘が殺到した。新俳優による別世界を描く『第11作目』では、当初から他の6人と共に乗り組んでいるが、ケーニッグが演じたオリジナル版と比べ、髪がはねているという大きな違いがある。

演じた俳優と声優[編集]

俳優

テレビドラマ『宇宙大作戦』および劇場版第1作目第7作目を演じた俳優はウォルター・ケーニッグ劇場版第11作目以降はアントン・イェルチンが演ずる。 吹き替えでは再現されていないが、ひどいロシア訛りを話す。ロシア訛りが話せることが、ケーニッグのオーディション合格理由の1つだった。ただし、ケーニッグは実際はシカゴ生まれのリトアニア系2世である。

日本語版吹き替え

井上弦太郎。劇場版では、古川登志夫曽我部和恭金尾哲夫西村知道辻親八。DS9では遊佐浩二。なお井上はチェコフが出演していない『宇宙大作戦』第1シーズンでも、後にチェコフが座る右舷席の士官など、脇役を何度も演じている。

スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』第104話「伝説の時空へ」にも再登場するが、これはベンジャミン・シスコらが『宇宙大作戦』43話「新種クアドロトリティケール」の過去に行ったという設定で、当時の映像の編集・合成。声は原語版では俳優本人が声を演て、吹き替えではカーク役の矢島とウフーラ役の松島のみ『宇宙大作戦』と同じだった。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン翻字Pavel Andreievich Chekov