プラウダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プラウダ、またはプラヴダロシア語:Правда プラーヴダ英語:Pravda)は、かつてのソビエト連邦共産党機関紙であったロシア連邦新聞、またそれを発行する出版社(新聞社)。ウラジーミル・レーニンによって1912年4月22日(ロシア旧暦、西暦では5月5日)に発刊された。プラウダとはロシア語で「真実・正義」の意であり、中国語では「真理報」と呼ぶ。

概要[編集]

最盛期の発行部数は1,000万部を超え、世界一の発行部数を誇ったこともあった(ちなみに現在の一位は日本読売新聞)。ソ連崩壊後発行部数を大きく減らし、また日に依っては4面のみで構成される場合もあった。それでも2000年代初頭においてロシアで第2位の発行部数がある。

ソ連時代は政府機関紙のイズベスチヤとともに国民に対するプロパガンダ紙であり無味乾燥な公式発表とスローガンばかりで広告や写真の少ない新聞であった。党にとって都合の悪い事は極力書かれず、ときには事実をねじ曲げられ、捏造も行われた。多くの国民もそのようなことはわかっていたので行間を読む、裏を読むといったことで真実を探ろうとした。そのような状況から「ソ連の二大新聞プラウダとイズベスチヤの違いはなにか?プラウダにイズベスチヤ(ニュース)はなく、イズベスチヤにプラウダ(真実)は無い」というような小咄(アネクドート)も生まれた。

現在ではロシアにおけるタブロイド型の新聞として人気を集めている。旧プラウダ紙のスタッフによって運営されているニュースサイトプラウダ・オンラインも存在するが、これと現在のプラウダ紙の間に直接の関係はない。「プラウダ」と呼ばれる新聞は他にもいくつかあり、有名なものとしてはかつてコムソモールの機関誌であり、現在ロシアでもっとも部数の多いタブロイド新聞であるコムソモリスカヤ・プラウダなどが挙げられる。

2000年代初頭にはUFO超常現象陰謀論などを扱うようになりこの方面でも注目されている。たとえば超常現象研究家のコンノケンイチはプラウダのサイトに載った「地球外文明によってつくられた月面都市」の記事を著書『UFOとアポロ疑惑 月面異星人基地の謎』で引用している。

歴史[編集]

1912年5月5日ペテルブルクレーニンによって発刊される。その後たびたび政府により発刊禁止と紙名を変えての発刊が繰り返される。

第一次世界大戦中は発刊されなかったが、1917年2月革命後にペテルブルク(当時はペトログラート)で復刊する。しかしケレンスキー政府により発刊停止を命じられる。10月革命でレーニンらボルシェビキが権力を握るとプラウダも再び発刊された。1918年には主筆にブハーリンを迎え、ソビエト政府とともにモスクワに移転する。革命後は党の機関紙として党員・一般国民に対して党の考えを伝えるプロパガンダ紙の役目を果たした。

ゴルバチョフ書記長によるペレストロイカグラスノスチ政策の時代にはイズベスチヤにくらべ保守的な記事が多く、時にはゴルバチョフの政策を批判することさえあった。ソ連崩壊後は古き良きソ連時代を懐かしむといった論調も目立つものの、内容はずっと軟化している。

1991年に共産党が解散されその資産が接収された際にプラウダ紙もその一部として発行が停止されたが、その数週間後には旧スタッフによって同じ名前の新聞が創刊された。数ヶ月後にプラウダ紙の経営権はギリシャの実業家ヤンニコス家に移ったが、これに反発したスタッフたちはプラウダ紙から独立し、独自の新聞創刊(これはのちに政府によって発行禁止となった)を経て1999年にロシア語による初めてのニュースサイトであったプラウダ・オンラインを開設した。

プラウダの発行する主な新聞・雑誌[編集]

プラウダ
日刊紙
アガニョーク(Огонёк、ともしびの意)
かつてはソビエト共産党の機関誌、週刊。
クロコディル(Крокодил、ワニの意)
ソ連邦時代は唯一の漫画誌。インテリ層に根強い人気がある。
セリスカヤ・ジーズニ(Сельская жизнь、農村生活の意)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]