十月革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十月革命
種類 労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命
目的 ブルジョワ臨時政府打倒。
対象 ロシア
結果 ボリシェヴィキ政権樹立。
発生現場 ロシアの旗 ロシア ペトログラード
期間 1917年11月7日-1918年
指導者 ウラジーミル・レーニン
関連団体 メンシェヴィキ
『ボリシェヴィキ』 ボリス・クストーディエフ(1920年)

十月革命(じゅうがつかくめい、ロシア語: Октябрьская революцияラテン文字表記の例Oktiabr'skaia revoliutsiia)は、ユリウス暦1917年10月25日(現在のグレゴリオ暦11月7日)、ロシアの首都ペトログラード(後のレニングラード、現在のサンクトペテルブルク)で起きた労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命。多数の労働者や兵士らを扇動した革命家らによるクーデターとも解される。ソビエト革命あるいはボリシェヴィキ革命とも。

概要[編集]

十月革命は、ロシア社会民主労働党が分裂して形成された左派勢力ボリシェヴィキにより引き起こされた。一連のロシア革命のなかでは、ロマノフ王朝による帝政を崩壊させ共和政国家誕生へと至った二月革命に次ぐ第二段階にあたる。十月革命では、二月革命で発足した立憲民主党(カデット)主導の臨時政府が倒され、臨時政府と並存していたボリシェヴィキ主導のソヴィエト(労働者・農民・兵士の評議会)へと権力が集中された。これに引き続いてロシア内戦1917年 - 1922年)が起こり、最終的には1922年に史上初の共産主義国家であるソビエト連邦が誕生する。

ボリシェヴィキはかねてから暴力による革命を主張しており、1917年10月12日、影響下にあったペトログラード・ソヴィエト軍事革命委員会Военно-революционный комитет, военревком, ВРК)を作らせて武装蜂起の準備を進めた。軍事革命委員会の指令下にあるボリシェヴィキの軍隊・赤衛隊(赤衛軍;Красная гвардия)は、1917年10月24日にペトログラードの政府施設の占拠を開始し、10月25日に軍事革命委員会が「臨時政府は打倒され軍事革命委員会に権力が移った」とする宣言を発表した。10月26日未明には臨時政府が置かれていたペトログラードの冬宮が制圧され臨時政府メンバーは逮捕された。

この当時、ロシアではユリウス暦が採用されており、現在のグレゴリオ暦と比べて日付は13日遅れている。十月革命はグレゴリオ暦によると十一月革命となるが、この記事では十月革命に統一し、日付についてもユリウス暦を用いる。

呼称[編集]

当初、この蜂起は「十月蜂起」(Октябрьский переворот)あるいは「25日の蜂起」と呼ばれていたことが、同時代の資料(レーニン全集第一版など)にみられる。やがて時間が過ぎ、ソ連の歴史上の大事件とみなされるようになるとともに「十月革命」という呼び方が使われ始めた。

ソビエト連邦における公式な呼び方は、1927年の革命十周年以後、「十月社会主義者大革命」(Великая Октябрьская социалистическая революцияVelikaya Oktyabr'skaya sotsialisticheskaya revolyutsiya)であった。

背景[編集]

ロシアで革命前に進行していた急速な工業化など社会的・経済的変化により、農業を中心にした伝統的な社会は打撃を受けて揺らぐ一方、医師・法律家・技師・ホワイトカラーといった専門家層や教育を受けた中産階級がロシア国内では台頭していた。こうした新たな市民が力を増し、生活の改善を求めたことは、革命が爆発する上での下準備となった。

第一次世界大戦もロシア社会に衝撃を与え革命の原因となった。この戦争でロシアでは戦死者が増え、工業や経済は行き詰まり、市民生活は貧窮にあえいだ。こうして市民は為政者へ怒りをぶつけ、帝政を転覆する二月革命へと至った。その後、臨時政府とソヴィエトが並び立つ二重権力状態が誕生し混乱が続いたが、人々は様々な政治勢力の中でも、強い指導者になりうることを証明しロシア社会の変革を約束したボリシェヴィキに対して支持をよせるようになった[1]

二月革命後のロシア政治[編集]

7月の蜂起の失敗[編集]

二月革命で成立した臨時政府の実権は、社会革命党ドゥーマ議員でペトログラード・ソヴィエトの副議長にもなったアレクサンドル・ケレンスキーが握っていた。戦争に疲れ和平を求める兵士らに対し、陸軍大臣を兼務したケレンスキーは第一次世界大戦の継続を主張した。6月16日(ユリウス暦)、彼はドイツ帝国およびオーストリア・ハンガリー帝国に対してガリツィアで攻撃を開始するが(ケレンスキー攻勢)、緒戦の勝利にもかかわらず兵士の志気低下で戦線は崩壊し7月2日に作戦は失敗に終わった。7月6日には逆に独軍と墺軍の反攻が始まりロシア軍は後退に追い込まれ、8月にはドイツ軍のリガ攻勢によりリガを奪われた。

この攻勢失敗をきっかけに、兵士らの戦争への不満と労働者らの飢餓や苦境への不満が爆発した。7月3日から7月7日(ユリウス暦)にかけ、ペトログラードではボリシェヴィキに率いられた労働者や兵士らが街頭へ出て臨時政府に対する蜂起を開始した。ペトログラード沖合の海軍基地の島クロンシュタットからは水兵20,000人ほどが武装してペトログラードへと行進し、ソヴィエトへの権力集中を求めた。ペトログラードとモスクワの労働者らも蜂起し事態は大きくなった。ペトログラードでは市街戦が起こったが、臨時政府は軍を指揮して蜂起を鎮圧した。

この蜂起の後、臨時政府はボリシェヴィキが反乱を煽ったと非難し、ウラジーミル・レーニングリゴリー・ジノヴィエフを含むボリシェヴィキの指導者は逮捕を避けるために潜伏を強いられ、一時的にボリシェヴィキの勢力は後退した。7月から8月にかけてボリシェヴィキは準合法的な活動に終始したが、ロシア政界のなかで最左翼にあるという政治的位置はますます強固なものとなった。社会民主労働党のうち過激な反戦派が1917年初頭に結成したメジライオンツィ (地区連合派、межрайонцыMezhraiontsyレフ・トロツキーアドリフ・ヨッフェ、コンスタンチン・ユレーネフらが所属した) はボリシェヴィキと距離を置きつつ共同歩調をとっていたが、8月初めのボリシェヴィキ党大会でボリシェヴィキに統合された。メジライオンツィの指導者たち、特にトロツキーは労働者や兵士らに対して鼓舞を行っており、ヨッフェも後に「蜂起のための実際的な組織が行う活動のすべては、ペトログラード・ソヴィエト議長トロツキーにより指揮されるようになった」と書いている[2]。これを兵士らの圧倒的な支持を受けるトロツキーと、それを脅威に感じるスターリンとの間の権力闘争の始まりであると解釈する者もいる[3]。ヨッフェとユレーネフは後に革命路線を支持して武装蜂起の準備と実行に関わり、ボリシェヴィキのペトログラード制圧に死活的な役割を果たした。

コルニーロフ事件[編集]

8月から9月にかけてコルニーロフ事件が起こったが、これもボリシェヴィキの勢力復活に大きな役割を果たし、十月革命の触媒となった。臨時政府軍の総司令官ラーヴル・コルニーロフ将軍は、混乱する大ロシアを立て直すためにはより信頼に足る軍事指導者が必要と考えており、臨時政府とソヴィエトの両方に属するケレンスキーと対立しつつあった。ケレンスキーはコルニーロフを総司令官に任命したが、そのすぐ後にコルニーロフを、自ら軍事独裁を行おうとしているとして批判した。

コルニーロフが実際に独裁の陰謀をめぐらしていたかについては現在も定かでない部分が多い。コルニーロフはケレンスキーがボリシェヴィキの脅迫や強要の下で動いていると考え、全てのロシア国民に対して「死につつあるロシアの大地を守れ」と呼びかけて決起を行った。コルニーロフ将軍のクーデターに直面したケレンスキーは、臨時政府の軍人たちを信頼することができず、ボリシェヴィキの赤衛隊などの武装勢力に救援を要請し、武器まで彼らに供与した。コルニーロフのクーデターは、ボリシェヴィキの説得を受けた兵士やコサック兵らがコルニーロフを見捨てたことにより流血に至らないまま失敗に終わり、コルニーロフとその支持者ら7,000人ほどが逮捕された。

軍事革命委員会[編集]

1917年10月10日(ユリウス暦)、ボリシェヴィキの中央委員会は投票を行い、10対2で「武装蜂起はもはや避けられず、その期は十分に熟した」という宣言を採択した[4]。ペトログラード・ソヴィエトは10月12日(ユリウス暦)に軍事革命委員会を設置した。これは元々はペトログラードの防衛を目的としてメンシェヴィキが提案したものだったが、武装蜂起のための機関を必要としていたボリシェヴィキは賛成した。トロツキーは「われわれは、権力奪取のための司令部を準備している、と言われている。われわれはこのことを隠しはしない」と演説し、あからさまに武装蜂起の方針を認めた。彼は権力掌握を承認させるために、10月25日(ユリウス暦)に開会する予定の第二回全国ソヴィエト大会の時期に合わせて蜂起することを主張した。メンシェヴィキは軍事革命委員会への参加を拒否し、委員会の構成メンバーはボリシェヴィキ48名、エスエル左派社会革命党左派)14名、無政府主義者4名となった。

前後して軍の各部隊が次々にペトログラード・ソヴィエトに対する支持を表明し、臨時政府ではなくソヴィエトの指示に従うことを決めた。

10月25日[編集]

防護巡洋艦アヴローラ(オーロラ)、1917年撮影
『冬宮への突入』、1920年の再現群像劇

10月23日(グレゴリオ暦の11月5日)、ボリシェヴィキの指導者の一人でエストニア人のヤーン・アンヴェルト(Jaan Anvelt)は、革命後に創設されたエストニア自治政府の首都タリンで左翼革命勢力を率いて武装蜂起を開始した。10月24日、最後の反撃を試みた臨時政府は、忠実な部隊によってボリシェヴィキの新聞『ラボーチー・プーチ』『ソルダート』の印刷所を占拠したが、軍事革命委員会はこれを引き金として武力行動を開始した。

これに対する抵抗は少なく、赤衛隊はほぼ流血なしでペトログラードの印刷所、郵便局、発電所、銀行などの要所を制圧し、10月25日(グレゴリオ暦の11月7日)に「臨時政府は打倒された。国家権力は、ペトログラード労兵ソヴィエトの機関であり、ペトログラードのプロレタリアートと守備軍の先頭に立つ軍事革命委員会に移った」と宣言した。

臨時政府の閣僚が残る冬宮に対する占領は25日午後9時45分、防護巡洋艦アヴローラの砲撃を合図に、ウラジーミル・アントーノフ=オフセーエンコ率いる部隊が進入して始まった。冬宮はコサックや士官学校生、女性部隊により防衛されていたが、ほとんど抵抗らしき抵抗はなく、26日未明の午前2時ごろに占領された。なすすべなく会議を続けていた閣僚たちは逮捕され、ケレンスキーは冬宮を脱出し最終的に国外へ逃れた。[5]

十月革命の公式な日付は冬宮を除くすべての政府機関が占領された10月25日(グレゴリオ暦11月7日)とされている。後に、10月25日から26にかけての出来事はソ連政府によって実際よりも劇的に描かれるようになった。イギリスのペトログラード駐在武官アルフレッド・ノックスは冬宮の守備が体をなしておらず、ほぼ無抵抗で占領された様を目撃して書き残しているが[6]1920年に革命3周年を記念して冬宮で上演された歴史再現群衆劇『冬宮への突入』では、冬宮占領の様はドラマチックに描かれている。以後、セルゲイ・エイゼンシュテインの映画『十月』(1928年)など十月革命を描いた作品でも「冬宮突入」は革命のクライマックスとされ、激しい戦闘の末に冬宮が制圧された、という描き方がなされている。

第二回ソヴィエト大会[編集]

蜂起の最中、予定通り第二回全国労働者・兵士・農民代表ソヴィエト大会が開かれた。投票によって選ばれた670人の評議員のうち、300人ほどがボリシェヴィキであり、残りのうち100人近くがケレンスキー政府の転覆と革命政権樹立を支持した社会革命党左派エスエル左派)であった。冬宮占領を待ち、大会は権力のソヴィエトへの移行を宣言した。こうして革命は承認された。

しかしソヴィエトへの権力移行には反対勢力もあった。ソヴィエト大会評議員のうち、社会革命党(エスエル)の右派と中道派、およびメンシェヴィキは、レーニンとボリシェヴィキがクーデターを起こして不法に権力を奪取し、専制を強め、ソヴィエトの決議が通る前にすでに先に物事を決めてしまっていると責めた。ボリシェヴィキに抵抗する彼らにトロツキーは「おまえたちは破産した。おまえたちの役割は終わった。おまえたちはこれから歴史のごみ箱行きだ」となじった。

10月27日、第二回ソヴィエト大会は、臨時政府に代わる新しいロシア政府として、レーニンを議長とする「人民委員会議」(Совет народных коммиссаров、略してソヴナルコム)を設立した。大会は全交戦国に無併合・無賠償の講和を提案する「平和に関する布告」、農民ソヴィエトに貴族・教会など地主から土地を没収し再分配する権限を与えることを宣言する「土地に関する布告」を採択した。ボリシェヴィキは工業を復興させ都市と農村の間で商品が円滑に交換されることを目指しており、農民の支持を必須のものとしていた。彼らは自らを労働者と農民の同盟を代表するとみなした。この観念は、鎌とハンマーをあしらったソビエト連邦の国旗国章に表れている。

さらに大会は次のような布告を行った。すなわち、ロシアのすべての銀行の国有化、工場の管理権限を労働者ソヴィエトへ与える「労働者統制」、銀行口座の押収、教会資産の没収、戦時中の労働賃金を上回る賃金への固定、ロシア帝国および臨時政府が負った債務の一方的破棄、ポーランドフィンランドの独立への約束である。

ソヴィエト権力の確立[編集]

冬宮から逃亡したケレンスキーは、プスコフで騎兵第3軍団長ピョートル・クラスノフの協力をとりつけ、その軍によって10月27日にペトログラードへの反攻を開始した。ペトログラード市内でもエスエルやメンシェヴィキを中心に「祖国と革命救済委員会」がつくられ、10月29日に士官学校生らが反乱を開始した。しかし反乱はその日のうちに鎮圧され、ケレンスキー・クラスノフ軍も翌日の戦闘で敗れた。

モスクワでは10月25日にソヴィエト政府を支持する軍事革命委員会が設立され、26日には臨時政府の側に立つ社会保安委員会がつくられた。10月27日に双方の武力衝突が起こり、当初は社会保安委員会側が優勢だったが、周辺地域から軍事革命委員会側を支持する援軍が到着して形勢が逆転した。11月2日に社会保安委員会は屈服して和平協定に応じた。軍事革命委員会は11月3日にソヴィエト権力の樹立を宣言した。

ボリシェヴィキとともに武装蜂起に参加した社会革命党左派は、11月に党中央により除名処分を受け、左翼社会革命党として独立した。左翼社会革命党はボリシェヴィキからの入閣要請に応じ、12月9日に両者の連立政府が成立した。

ボリシェヴィキ主導の権力奪取は、ロシア帝国の他の部分でも徐々に進んだ。ヨーロッパ・ロシアの北部と中部ではソヴィエトへの移行が進み、モスクワやロシア南部では戦闘が起こったものの短期間のうちに収束した。1918年初頭までには各都市はソヴィエトの支配下に置かれている。しかしロシア人以外の民族が多数派を占める地域では、二月革命の後に相次いで独立宣言を行ったり独立への動きを見せていたためソヴィエトへの移行は進まなかった。例えばウクライナでは、ウクライナ中央ラーダ1917年6月23日に自治を宣言し、11月20日には中央ラーダは臨時政府のロシアとの連邦を前提とするウクライナ人民共和国の創立を宣言した。これはペトログラードのボリシェヴィキ政府(ソヴナルコム)と対立を深め、12月の赤軍のウクライナ侵攻を発端に全面的な武力衝突へと至り、1918年1月25日にはウクライナはついにロシアからの独立を宣言した。エストニアでは1917年11月28日に議会が独立を宣言した。ヤーン・アンヴェルトのボリシェヴィキ派勢力は12月8日にレーニンのソヴナルコム政府を承認したが、その勢力は首都タリンの周囲しか把握していなかった。アゼルバイジャンの首都バクーのソヴィエトはソヴナルコムに従ったが、これはロシアの非ロシア人地域の中では稀な例であった。

その後[編集]

革命40周年記念切手、1957年

「十月革命」の成功は、ロシアを議院内閣制の国から社会主義国へと変貌させることになった。新政府は、ロシア国内の反ボリシェヴィキ勢力や、ロシア革命に介入した国々との戦争(ロシア内戦)を1918年から1922年まで続けた。ボリシェヴィキは「平和についての布告」やロシア帝国政府と列強諸国との秘密条約の暴露などをきっかけにヨーロッパ全土で反政府運動が起き、欧州大戦から一転して欧州社会主義革命に進むことを期待したが、ロシアに続いて社会主義の友邦になる国はヨーロッパには現れず、周囲を敵対国に囲まれることになった。ボリシェヴィキが進めた共産主義化・計画経済化(「戦時共産主義」)は、内戦の混乱や諸外国による経済封鎖ともあいまって経済の崩壊という結果に終わり、1921年に新経済政策(ネップ)が施行され軌道に乗るまで経済の混乱は収束しなかった。

アメリカ合衆国1933年まで新政府を承認しなかった。ヨーロッパ諸国は1920年代初めにソビエト連邦を承認し始め、ネップの施行後は貿易関係が再開する。

脚注[編集]

  1. ^ Wade, Rex A. The Bolshevik Revolution and Russian Civil War. Wesport: Greenwod Press, 2001
  2. ^ Trotsky: Towards October 1879-1917 by Tony Cliff
  3. ^ A Concise History of the Russian Revolution by Richard Pipes
  4. ^ Central Committee Meeting—10 Oct 1917
  5. ^ J.バーナード・ハットン (著), 木村浩 (翻訳) 『スターリン―その秘められた生涯』61頁、ISBN 9784061588981
  6. ^ http://www.spartacus.schoolnet.co.uk/RUSknox.htm

関連項目[編集]

外部リンク[編集]