ムルマンスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムルマンスク州
ロシア語: Мурманская область
ムルマンスク州の旗 ムルマンスク州の紋章
ムルマンスク州旗 ムルマンスク州紋章
ムルマンスク州の位置
公用語 ロシア語
首府 ムルマンスク
ムルマンスク知事 マリーナ・ワシーリエヴナ・コフトゥン
構成体種別
連邦管区 北西
経済地区 北方
面積
 - 総計
国内第26位
144,900km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第61位
892,534人
6.2人/km2
92.2% : 7.8%
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.gov-murman.ru/

ムルマンスク州Мурманская область, Murmanskaya Oblast')はロシア連邦北西連邦管区に含まれるオーブラスチ)の一つ。州都はムルマンスク

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

地理[編集]

Murmansk region.png

いわゆるラップランド地方の東部、コラ半島の全体を占める。西にノルウェーフィンランドと国境を接する。ロシア連邦内では、南にカレリア共和国と隣り合う。白海バレンツ海に面する。

が多く、主要な河川にポノイ川ヴァルグザ川などがある。最大の湖はイマンドラ湖

ムルマンスク州の領域の大部分はツンドラ地帯、あるいは森林ツンドラ地帯であり、南部の一部にタイガが見られる。

住民[編集]

住民の大半はロシア人であるが、わずかな数のサーミ人も暮らす。ムルマンスクとサンクトペテルブルクを繋ぐ鉄道に沿った地域に住民が集中している。サーミ人にとっては「サーミ人の歴史的地域」でもある。

産業[編集]

漁業が盛ん。燐灰石鉄鉱石ニッケルなどを産する。バレンツ海上の陸棚で原油が採掘されている。

都市[編集]

州都ムルマンスクのほかに、鉱業都市のアパチートゥイキロフスクモンチェゴルスク、軍港都市セヴェロモルスク、古い港町であるカンダラクシャコラなど。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]