ノヴォシビルスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノヴォシビルスク州
ロシア語: Новосибирская область
ノヴォシビルスク州の旗 ノヴォシビルスク州の紋章
ノヴォシビルスク州旗 ノヴォシビルスク州紋章
ノヴォシビルスク州の位置
公用語 ロシア語
首府 ノヴォシビルスク
ノヴォシビルスク州知事 ヴァシーリー・ユルチェンコ
構成体種別
連邦管区 シベリア
経済地区 西シベリア
面積
 - 総計
国内第18位
178,200km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第18位
2,692,251人
15.1人/km2
75.1% : 24.9%
時間帯 UTC +7(DST: なし)オムスク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://nso.ru/

ノヴォシビルスク州Новосибирская область; Novosibirsk Oblast)はロシア連邦中南部のオーブラスチ)。州都はノヴォシビルスクシベリア連邦管区に含まれる。

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Omsk time zone.svg

この地域は、オムスク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+7時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+6で夏時間がUTC+7であった)

地理[編集]

西シベリア平原の南東部、オビ川エルティシ川のあいだに位置する。南部でカザフスタンと国境を接する。ロシア連邦内では、西にオムスク州、北にトムスク州、東にケメロヴォ州、南にアルタイ地方と隣り合う。東西の最大の幅は642km、南北には444km。大部分は平原であり、南部にはステップが広がる。北部は森林で覆われ、湖沼が多い。最大のは南部のチャニ湖。

大陸性の気候。1月の平均気温は-15.0度、7月の平均気温は+22.0度。

住民[編集]

住民の93%はロシア人。そのほか、ドイツ人ヴォルガ・ドイツ人、1.76%)、ウクライナ人(1.26%)、タタール人(1.03%)、カザフ人ベラルーシ人アルメニア人アゼルバイジャン人チュヴァシ人など。住民の約半分がノヴォシビルスク市に集中している。

歴史[編集]

17世紀ごろからロシア人の入植が始まった。ノヴォシビルスクは、19世紀末までは小村に過ぎなかったが、シベリア鉄道が開通して以後、急速に発展した。1937年に州として設置された。

資源・産業[編集]

石炭を産する。北西部では原油天然ガスが採掘される。主な産業は自動車製造、金属加工、化学工業、食品加工など。

都市[編集]

14の都市、30の行政地区、18の町、428の集落が数えられる。州都ノヴォシビルスクのほかに、主な都市として、ベルツクサマーラなど。