オムスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オムスク州
ロシア語: Омская область
オムスク州の旗 オムスク州の紋章
オムスク州旗 オムスク州紋章
オムスク州の位置
公用語 ロシア語
首府 オムスク
オムスク州行政長官 ヴィクトル・ナザロフ
構成体種別
連邦管区 シベリア
経済地区 西シベリア
面積
 - 総計
国内第28位
139,700km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第25位
2,079,220人
14.9人/km2
68.7% : 31.3%
時間帯 UTC +7(DST: なし)オムスク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.omskportal.ru/

オムスク州Омская область; Omsk Oblast)はロシア連邦オーブラスチ)。州都はオムスクシベリア連邦管区に属する。

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Omsk time zone.svg

この地域は、オムスク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+7時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+6で夏時間がUTC+7であった)

地理[編集]

西シベリア平原の西南部に位置する。南にカザフスタンと国境を接する。ロシア連邦内では、西から北にチュメニ州、東にノヴォシビルスク州トムスク州と隣り合う。南北の距離は約600km、東西には300km。

主要な河川はエルティシ川で、河川交通に利用されている。

大陸性の気候。1月の平均気温は-19度から-18度、7月の平均気温は+18度から+19度。年間降水量は300mmから400mm。

住民[編集]

住民の半分強が州都オムスクに集中している。2002年の国勢調査では、

ドイツからヴォルガ川下流域に18世紀に入植したヴォルガ・ドイツ人第二次世界大戦で西シベリアや中央アジアへ追放された人々である。 アルタイ地方ノヴォシビルスク州ケメロヴォ州も現在でもドイツ人が多いが、総数ではオムスク州がドイツ人が最も多い州である。

歴史[編集]

一帯は、16世紀末にイェルマークによってロシアの支配下に組み込まれ、ロシア人の入植が始まった。1716年にオムスク市が建設される。

1934年12月7日に州が設置された。

産業[編集]

主要な産業は石油精製、食品加工、木材加工など。土地が肥沃で、農業も盛ん。

関連[編集]