西シベリア平原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西シベリア平原の位置を示した衛星写真

西シベリア平原(にしシベリアへいげん)とは、シベリア西部の西シベリアドイツ語版を占める平原。西シベリア低地と呼ばれることもある。面積は約300万km²。南北の広がりは2,500km、東西には1,900km。

地理[編集]

西はウラル山脈から東はエニセイ川まで広がる。北は北極海に面し、東北には中央シベリア高原が広がり、南はカザフ丘陵アルタイ山脈で限られる。

オビ川水系(エルティシ川トボル川トゥラ川エシム川など)とエニセイ川水系(アンガラ川アバカン川など)が流れ、湖沼も多い。

北部はツンドラ、中部はタイガ、南部はステップが広がる。

歴史[編集]

ミヌシンスク盆地にはアファナシェヴォ文化タガール文化が栄えた。

資源[編集]

大量の原油天然ガスが埋蔵されている。

関連項目[編集]