ケメロヴォ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケメロヴォ州
ロシア語: Кемеровская область
ケメロヴォ州の旗 ケメロヴォ州の紋章
ケメロヴォ州旗 ケメロヴォ州紋章
ケメロヴォ州の位置
公用語 ロシア語
首府 ケメロヴォ
ケメロヴォ州知事 アマン・トゥレーエフ
構成体種別
連邦管区 シベリア
経済地区 西シベリア
面積
 - 総計
国内第34位
95,500km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第14位
2,899,142人
30.4人/km2
86.7% : 13.3%
時間帯 UTC +7(DST: なし)オムスク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://ako.ru/

ケメロヴォ州Кемеровская область)はロシア連邦オーブラスチ)。州都はケメロヴォシベリア連邦管区に含まれる。

概要[編集]

  • 面積 95,700km²
  • 人口 2,899,142人(2002年)
  • 人口密度 30人/km²

1943年1月26日に州として設置された。

もっとも古い町はイェルマークに率いられたコサック隊が通過してまもなく1618年に建設されたノヴォクズネツク。ノヴォクズネツクは1961年までクズネツクと呼ばれていた。ノヴォクズネツクは州都ケメロヴォをしのぐ州最大の都市である。

標準時[編集]

Map of Russia - Krasnoyarsk time zone.svg

この地域は、オムスク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+7時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+6で夏時間がUTC+7であった)

地理[編集]

シベリア西南部に位置し、北にトムスク州、東にクラスノヤルスク地方ハカス共和国、南にアルタイ地方、西にノヴォシビルスク州アルタイ共和国と接する。

20の都市を有し、19の地区に分けられる。シベリア鉄道本線とトムスク支線が通る。

産業[編集]

数多くの炭鉱が分布し、主要な産業は石炭産業。プロコピエフスクメジュドゥレチェンスク、ケメロヴォ、ノヴォクズネツク、オシンニキなどがその中心。ユルガでは自動車製造が、また、ケメロヴォでは化学工業も盛ん。

住民[編集]

住民の大部分は都市に住む。ロシア人のほか、ショル人英語版タタール人ウクライナ人チュヴァシ人ドイツ人ヴォルガ・ドイツ人)など。シベリアでは人口密度が高い地域である。

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]