チュクチ自治管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チュクチ(チュコト)自治管区
ロシア語: Чукотский автономный округ
チュクチ(チュコト)自治管区の旗 チュクチ(チュコト)自治管区の紋章
チュクチ自治管区旗 チュクチ自治管区紋章
チュクチ(チュコト)自治管区の位置
公用語 ロシア語
首府 アナディリ
チュクチ自治管区知事 ロマン・コピン
構成体種別 自治管区
連邦管区 極東
経済地区 極東英語版
面積
 - 総計

737,700km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第82位
53,824人
0.1人/km2
 :
時間帯 UTC +12(DST: なし)マガダン時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.eao.ru/

チュクチ自治管区(チュクチじちかんかく、Чуко́тка, Чукотский автономный округ)はロシア極東連邦管区の北東端に位置する自治管区面積は、737,700km²。人口は、約53,000人。州都はアナディリ

名称[編集]

チュコト自治管区ともいう。

地理[編集]

チュクチ自治管区はロシアの最東端であると同時に、ユーラシア大陸の最東端に位置する。管区内を経度180度線が通ることで、東半球西半球にまたがる。なお、日付変更線はロシアとアメリカの国境に合わせて、自治管区の東側を通る。

西にサハ共和国、南にマガダン州、南東にコリャーク自治管区と隣り合う。北は北極海の一部である東シベリア海チュクチ海があり、大陸の沖合にはウランゲリ島がある。この島もチュクチ自治管区に所属している。

東はベーリング海ベーリング海峡に面して、その向こうにアメリカ合衆国アラスカ州がある。大陸部分の最東端はチュクチ半島デジニョフ岬西経169度43分)であり、その東にあるダイオミード諸島のラトマノフ島(大ダイオミード島)が自治管区(=ロシア連邦)の最東端になる。大ダイオミード島からアメリカ領の小ダイオミード島まではわずか3.7kmの距離である。

管区の北部には中央シベリア高地につながるコルィマ山脈チュクチ山脈が、南側はカムチャツカ半島につながるコリャーク山脈があるため、いずれも山がちである。中部にはアナディル湾に注ぐアナディル川が流れ、流域は低湿地帯になっている。

冬の寒さは極めて厳しく、夏は短い。秋から春にかけては流氷の影響を受ける。

行政区画[編集]

主要都市[編集]

州都アナディリの他のに、北極海に面した港ペヴェクがある。

歴史[編集]

経済[編集]

この地域にはタングステン石油石炭天然ガスなどの資源が眠っており、ゆっくりとではあるが開発が行われている。他地域との交通の便が悪いため、原子力発電所を建設して地域内の需要に対応している場所がある。(ビリビノ原子力発電所)

また、ロシア最大の富豪であるロマン・アブラモヴィッチが知事となってから、彼の資産の多くがアナディリ市をはじめとした管区内の社会基盤整備に投入されている。彼自身はほとんどアナディリに住んでいないが、住民の生活向上には大きな貢献をしている。

コルィマ鉱山

住民[編集]

先住民族のチュクチ、シベリアユピックコリャークエヴェンユカギールのほか、多数のロシア人が住む。

歴代知事[編集]

標準時[編集]

この地域は、マガダン時間を使用している。時差はUTC+12時間である。
2010年3月28日まではカムチャツカ時間を使用し、時差は通常はUTC+12時間、夏時間UTC+13時間であったが、ドミトリー・メドベージェフ政権による国内時間帯の削減策(「時の改革」)によりマガダン時間に統合された。2011年には従来のマガダン夏時間が通年で適用されるようになった(詳細は「カムチャツカ時間」を参照)。