チェリャビンスク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェリャビンスク州
ロシア語: Челябинская область
チェリャビンスク州の旗 チェリャビンスク州の紋章
チェリャビンスク州旗 チェリャビンスク州紋章
チェリャビンスク州の位置
公用語 ロシア語
首府 チェリャビンスク
チェリャビンスク州知事 ピョートル・スーミン
チェリャビンスク州第一副知事 アンドレイ・コスイロフ
構成体種別
連邦管区 ウラル
経済地区 ウラル
面積
 - 総計
国内第36位
87,900km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第9位
3,603,339人
41人/km2
81.8% : 18.2%
時間帯 UTC +6(DST: なし)エカテリンブルク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.ural-chel.ru/

チェリャビンスク州Челябинская область, Chelyabinsk Oblast)は、ロシア連邦中南部のオーブラスチ)。州都はチェリャビンスクウラル連邦管区に含まれる。

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Yekaterinburg time zone.svg

この地域は、エカテリンブルク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+6時間で、夏時間はない(2011年3月までは標準時がUTC+5で夏時間がUTC+6であった)。

地理[編集]

ウラル山脈の南東部、西シベリア平原の西南端に位置する。南にカザフスタンと国境を接する。ロシア連邦内では、西にバシコルトスタン共和国、北にスヴェルドロフスク州、東にクルガン州と隣り合う。大陸性の気候。

歴史[編集]

1736年にチェリャビンスクに要塞が築かれる。19世紀シベリア鉄道が開通してから人口が急増した。

1934年1月17日に州として設置された。

2013年2月15日現地時刻9時頃には重さ10トンと見られる隕石が落下し、衝撃波によって多数の人や建物に被害がでる自然災害が発生した。詳細は2013年チェリャビンスク州の隕石落下を参照。

産業[編集]

自動車製造、金属加工が主要な産業。鉄鉱石、亜鉛などを産する。

都市[編集]

州都・チェリャビンスクのほかに、主な都市はマグニトゴルスクスラトウストトロイツクミアスコペイスクなど。

関連項目[編集]