エカテリンブルク時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの標準時:
時差 標準時
UTC+2 MSK−1: カリーニングラード時間 (USZ1)
UTC+3 MSK: モスクワ時間 (MSK)
UTC+4 MSK+1: サマラ時間 (SAMT)
UTC+5 MSK+2: エカテリンブルク時間 (YEKT)
UTC+6 MSK+3: オムスク時間 (OMST)
UTC+7 MSK+4: クラスノヤルスク時間 (KRAT)
UTC+8 MSK+5: イルクーツク時間 (IRKT)
UTC+9 MSK+6: ヤクーツク時間 (YAKT)
UTC+10 MSK+7: ウラジオストク時間 (VLAT)
UTC+11 MSK+8: スレドネコリムスク時間 (SRET)
UTC+12 MSK+9: カムチャツカ時間 (PETT)

エカテリンブルク時間(エカテリンブルクじかん、Yekaterinburg Time、YEKT)は、協定世界時 (UTC) を6時間進ませた標準時 (UTC+6) である。ロシア第4標準時とも呼ばれる。2011年3月27日までは UTC+5 で、エカテリンブルク夏時間 (Yekaterinburg Summer Time、YEKST) が UTC+6 であったが、それまでの夏時間を通年の標準時とする形で夏時間制が廃止された。

採用しているロシアの地域[編集]

関連[編集]