ネネツ自治管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネネツ自治管区
ロシア語: Ненецкий автономный округ
ネネツ語:Ненёцие автономной ӈокрук
ネネツ自治管区の旗 ネネツ自治管区の紋章
ネネツ自治管区旗 ネネツ自治管区紋章
ネネツ自治管区の位置
公用語 ロシア語ネネツ語
首府 ナリヤン・マル
ネネツ自治管区知事 ヴァレリー・ポタペンコ
構成体種別 自治管区
連邦管区 北西
経済地区 北方
面積
 - 総計
国内第20位
176,700km2
人口(2010年国勢調査[1]
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第83位
42,090人
0.24人/km2
 :
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.adm-nao.ru

ネネツ自治管区(ネネツじちかんく、ロシア語: Ненецкий автономный округ)はロシア連邦北西部の自治管区。行政の中心はナリヤン・マルアルハンゲリスク州に帰属する。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

歴史[編集]

この地域にはすでに石器時代には人間が暮らしていた。1929年ネネツ民族管区として形成され、1936年にナリヤン・マルが建設された。1977年に自治管区に改称。

地理[編集]

東ヨーロッパ平原の北限部に位置し、バレンツ海に面する。西はティマン山脈を、東はウラル山脈を境界とする。南にコミ共和国と隣り合う。カニン半島コルグエフ島ヴァイガチ島が含まれる。主要な河川はペチョラ川

行政区画[編集]

住民[編集]

人口の66%がロシア人、13%がコミ人、12%がサモイェード系のネネツ人。人口の約半分が行政の中心ナリヤン・マルに集中している。公用語ロシア語ネネツ語

経済[編集]

永久凍土が広がり、農業には適さない。トナカイの飼育や漁業、毛皮獣の狩猟などが主な産業である。近年、油田が発見され、その採掘が始められている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Федеральная служба государственной статистики (Federal State Statistics Service) (2011年). “Информационные материалы об окончательных итогах Всероссийской переписи населения 2010 года (Information on the final results of the 2010 All-Russian Population Census)” (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年2月9日閲覧。