イルクーツク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イルクーツク州
ロシア語: Иркутская область
イルクーツク州の旗 イルクーツク州の紋章
イルクーツク州旗 イルクーツク州紋章
イルクーツク州の位置
公用語 ロシア語
首府 イルクーツク
イルクーツク州知事 セルゲイ・エロシェンコ
構成体種別
連邦管区 シベリア
経済地区 東シベリア
面積
 - 総計
国内第7位
767,900km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第21位
2,581,705人
3.4人/km2
79.3% : 20.7%
時間帯 UTC +9(DST: なし)イルクーツク時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.govirk.ru/

イルクーツク州Иркутская область; Irkutsk Oblast)はシベリア南部に位置するロシア連邦オーブラスチ)。州都はイルクーツクシベリア連邦管区に属する。

概要[編集]

ウスチオルダ・ブリヤート自治管区を含む。

標準時[編集]

Map of Russia - Irkutsk time zone.svg

この地域は、イルクーツク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+9時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+8で夏時間がUTC+9であった)

地理[編集]

東にブリヤート共和国チタ州、南にトゥヴァ共和国、西にクラスノヤルスク地方、北にサハ共和国と隣り合う。州の南東部にバイカル湖がある。主要な河川は、南部のアンガラ川レナ川、北部のチャヤ川ニジニャヤ・ツングースカ川など。

大陸性気候で、年のほぼ半分は気温が零下である。冬の気温は-17度から-33度、夏の気温は+17度から+33度。

住民[編集]

住民の79.3%が都市に暮らす。もともとはブリヤート人テュルク系の諸民族が暮らしていた地域であるが、現在の人口の大部分はロシア人である。18世紀以後にロシア人が集中的に入植した。在留邦人は僅少。

政治[編集]

イーゴリ・エシポフスキー知事は、2009年5月9日午後、州内視察のため、ヘリコプターでイルクーツクを出発後、音信不通となり、翌10日墜落したヘリコプターが発見され、エシポフスキー知事ら乗員4人全員が死亡した。

教育[編集]

産業[編集]

主な産業は石炭鉄鉱石などの採掘や、アルミニウム精錬、化学工業。大規模な水力発電が行なわれている。

都市[編集]

州都イルクーツク(人口594,500人)のほかに、主な都市としてアンガルスク(267,000人)、ブラーツク(253,600人)、ウソリエ・シビルスコエ英語版(104,300人)、ウスチ=イリムスク英語版(107,200人)など。

外部リンク[編集]