イルクーツク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イルクーツク
Иркутск
Irkutsk ISS011-E-9913.jpg
View of Irkutsk from space
Flag of Irkutsk (Irkutsk oblast).png Coat of Arms of Irkutsk.png
市旗 市章
位置
イルクーツクの位置の位置図
イルクーツクの位置
座標 : 北緯52度17分 東経104度18分 / 北緯52.283度 東経104.300度 / 52.283; 104.300
歴史
建設 1661年
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 シベリア連邦管区
 行政区画 イルクーツク州の旗 イルクーツク州
 市 イルクーツク
市長 ヴィクトール・イヴァーノヴィチ・コンドラシェフ (Виктор Иванович Кондрашов)
地理
面積  
  市域 301km2
標高 440m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 575,817人
その他
等時帯 イルクーツク時間UTC+9
郵便番号 664xxx
市外局番 +7 3952
ナンバープレート 38, 85
公式ウェブサイト : http://www1.irkutsk.ru/

イルクーツクロシア語:Иркутскイルクーツク英語:Irkutsk)は、ロシアシベリア地方(北緯52°17′、東経104°16′)に位置する都市で、イルクーツク州の州都。人口は約59万人。

首都モスクワからはシベリア鉄道で繋がっており、ロシア極東地域ウラル中央アジアを繋ぐシベリア東部の工商および交通の要衝である。ロシア正教会の大主教座が置かれ、劇場、オペラ座などの文化施設も充実する。これらの公共建築にはシベリアに抑留された日本人によって建てられたものも多い。しかし、現在では在留日本人は僅少。また、「シベリアのパリ」と呼ばれることもある。

街はバイカル湖西岸内陸にあたり、イルクート川とバイカル湖から流れ出るアンガラ川(どちらもエニセイ川の支流)の合流地点の右岸に位置する。

歴史[編集]

イルクーツクの伝統的家屋

1652年コサックの一隊が毛皮をとるためにアンガラ川の河畔に設けた宿営地を起原とし、1686年に市としての勅許を得た。

古くから毛皮の集積地中国タシュケントとの国境交易の基地として使われてきた。 18世紀末に、イルクーツクに一時滞在した日本人・大黒屋光太夫は、中国、朝鮮・満州などの人が交易におとずれ繁華な土地であると述べている[1]

また、ロシア中央から囚人政治犯の送られる流刑地でもあり、1825年にはデカブリストの乱を起こした貴族たちはイルクーツクに流された。1863年にはポーランド立憲王国で反ロシア蜂起(「一月蜂起」)が起き、蜂起の参加者たちがイルクーツクに流された。市内にあるゴシック様式レンガ造りの教会は流刑にあったポーランド人たちが建設したカトリック教会である。

シベリアへのキリスト教宣教の拠点でもあり、イルクーツクのインノケンティは、正教会では「イルクーツクの奇跡者聖インノケンティ」として聖人とされる。1898年にはシベリア鉄道がイルクーツクまで開通し、1904年ウラジオストクまで延伸された。

日本との関係も深く、最初にロシアを訪れた日本人である伝兵衛1701年にイルクーツクに滞在したのを皮切りに、多くの漂流者がこの地に永住し、前述のとおり、大黒屋光太夫もこの街に往路・復路ともに滞在している。1705年伝兵衛を教師としてサンクトペテルブルグに創設されたロシア最古の日本語学校が1753年イルクーツクに移設され、日本から漂流し、ロシアに帰化した者たちが教鞭をとっていた。

第二次世界大戦後は、日本人の抑留地のひとつとなり、抑留者による労働で建設された建物が残る。また、イルクーツク市は1967年3月20日以来、石川県金沢市姉妹都市協定を結んでいる。そのため、市内には「金沢通り」という名前(ロシア語日本語表記とが看板で併記)の通りがある。

気候[編集]

大陸性気候ケッペンの気候区分では亜寒帯冬季少雨気候に属し、1月の月平均気温が-17.9℃で7月の月平均気温は18.2℃と、夏と冬、昼と夜の気温の差が大きい。1971年~2000年平年値より1月は2.1℃(-20.0℃)も上昇した。

イルクーツク (1981年~2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 2.3
(36.1)
10.2
(50.4)
20.0
(68)
29.2
(84.6)
34.5
(94.1)
35.6
(96.1)
37.2
(99)
34.1
(93.4)
29.5
(85.1)
24.5
(76.1)
14.1
(57.4)
4.6
(40.3)
37.2
(99)
平均最高気温 °C (°F) −12.9
(8.8)
−7.9
(17.8)
0.3
(32.5)
9.4
(48.9)
18.0
(64.4)
22.7
(72.9)
24.8
(76.6)
22.1
(71.8)
15.7
(60.3)
7.7
(45.9)
−2.8
(27)
−10.6
(12.9)
7.2
(45)
日平均気温 °C (°F) −17.9
(−0.2)
−14.6
(5.7)
−6.5
(20.3)
2.5
(36.5)
10.2
(50.4)
15.4
(59.7)
18.2
(64.8)
15.8
(60.4)
9.1
(48.4)
1.7
(35.1)
−7.7
(18.1)
−15.4
(4.3)
0.9
(33.6)
平均最低気温 °C (°F) −22
(−8)
−19.8
(−3.6)
−12.3
(9.9)
−2.9
(26.8)
3.4
(38.1)
9.2
(48.6)
12.9
(55.2)
10.8
(51.4)
4.2
(39.6)
−2.7
(27.1)
−11.8
(10.8)
−19.3
(−2.7)
−4.2
(24.4)
最低気温記録 °C (°F) −49.7
(−57.5)
−44.7
(−48.5)
−37.3
(−35.1)
−31.8
(−25.2)
−14.3
(6.3)
−6
(21)
0.4
(32.7)
−2.7
(27.1)
−11.9
(10.6)
−30.5
(−22.9)
−40.4
(−40.7)
−46.3
(−51.3)
−49.7
(−57.5)
降水量 mm (inch) 14
(0.55)
7
(0.28)
12
(0.47)
18
(0.71)
35
(1.38)
75
(2.95)
113
(4.45)
93
(3.66)
51
(2.01)
22
(0.87)
20
(0.79)
17
(0.67)
477
(18.78)
 % 湿度 82 75 65 57 55 67 75 78 77 73 79 84 72
平均月間日照時間 93.0 140.0 207.7 222.0 266.6 264.0 241.8 217.0 183.0 151.9 93.0 62.0 2,142
出典 1: Pogoda.ru.net[2]
出典 2: HKO


交通[編集]

市の中心部分(旧市街)はアンガラ川の右岸(東側)にあり、そこからアンガラ川を跨ぐ橋を通り対岸にシベリア鉄道イルクーツク駅がある。市内はバス路面電車タクシーなどが利用できる。

主要道路にはシベリア横断道路がアンガラ川左岸にあり、東へはチタまでがM55幹線道路、西へはノヴォシビルスクまでがM53幹線道路と呼ばれている。また、アンガラ川の舟運も利用でき、下流へはブラーツクまで、上流はリストヴィアンカを経てバイカル湖上の各地へ通じている。

空港イルクーツク国際空港がある。

教育[編集]

次のような大学がある。 [3] [4]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桂川甫周『北槎聞略・大黒屋光太夫ロシア漂流記』亀井高孝校訂、岩波書店(岩波文庫)1993年、47頁
  2. ^ Pogoda.ru.net- Climate Data for Irkutsk 1981-2010” (Russian). 2012年4月26日閲覧。
  3. ^ Language study in Irkutsk
  4. ^ [http://encyclopedia.stateuniversity.com/pages/10736/Irkutsk.html Irkutsk - Geography and Climate, History, Economy, Transport, TV and mass media, Twin cities, Education, Science]

外部リンク[編集]