アストラハン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストラハン州
ロシア語: Астраханская область
アストラハン州の旗 アストラハン州の紋章
アストラハン州旗 アストラハン州紋章
アストラハン州の位置
公用語 ロシア語
首府 アストラハン
アストラハン州知事 アレクサンドル・ジルキン
アストラハン州政府議長(首相) コンスタンチン・マルケロフ
構成体種別
連邦管区 南部
経済地区 ヴォルガ
面積
 - 総計
国内第55位
44,100km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第55位
1,005,276人
22.8人/km2
67.7% : 32.3%
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.astrobl.ru/

アストラハン州アストラハニ州とも;ロシア語:Астраханская областьアーストラハンスカヤ・オーブラスチ、Astrahan Oblast)は、ロシア連邦を構成するオーブラスチ)のひとつ。

北カフカースに位置し、南部連邦管区に属する。 面積47,236km²、人口1,010,300(2004年)、州都はヴォルガ川河口の街アストラハンである。

地形[編集]

東にカザフスタンと接し、西にカルムイク共和国、北にヴォルゴグラード州と接する。 カスピ海北部、プリカスピスカヤ低地に位置し、海面下である。カスピ海に注ぐヴォルガ川の河口付近は「ヴォルガ・デルタ」(三角州)になっている。カルムイク・ステップロシア語版英語版キルギス・ステップを擁す。

歴史[編集]

1630年オイラート四部英語版(ドルベン・オイラト、瓦剌)のひとつトルグート部の指導者ホー・ウルロクロシア語版ドイツ語版太師にカルムイク人が率いられてヴォルガ河畔(ノガイ・オルダ)へ移住しカルムイク・ハン国英語版1630年 - 1771年)が成立。1670年ステンカ・ラージンの率いた軍勢にカルムイク人も参加し、アストラハンが占領され、ロシア政府に対する抵抗の拠点となった。

18世紀に入ると、ピョートル1世がアストラハンに造船所を建設。1704年には、ピョートル1世が導入した新税に反発して反政府の蜂起が発生し、当時の地方長官が処刑される事件が起こったが、軍によって鎮圧された。1717年11月2日ロシア帝国アストラハン県を設置。1719年11月23日に、クリミア・ハン国や東方のタタールジュンガル)との緩衝地帯形成を目的とする、ロシア皇帝ピョートル大帝の命令で人口希薄なヴォルガ川沿岸の空白地の耕作へドイツ人の移民誘致が始まり、ロシア人ウクライナ人ドイツ系ヴォルガ・ドイツ人)の移住者に圧迫されて、カルムイク人は荒地に押しやられた。

1755年に清の乾隆帝がジュンガル・ホンタイジ国を征服(第2次オイラト・満州戦争英語版)、疫病(天然痘)の蔓延でカルムイク人の父祖の地が空き地になる。1771年、ヴォルガ・カルムイク人の指導者ウバシロシア語版ドイツ語版は、父祖の地である東トルキスタンイリ地方への帰還を決定した。 ところがその年は暖冬で、ヴォルガ川が凍結しなかったためヴォルガ西岸にいた半数は取り残されることになった。この取り残された人々がカルムイク共和国のカルムイク人の祖先である。このときみすみすカルムイク人たちを逃がしたロシア政府の辺境守備での無能振りと権威の失墜(ウラル・コサックの蜂起 (1772年))が、2年後の1773年ドン・コサックが蜂起したプガチョフの大乱を招くきっかけとなった。

1957年、現在の領域が確定。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

アストラハン州は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは、標準時がUTC+3で夏時間がUTC+4であった)

ヴォルガ・デルタ
アストラハン港

関連項目[編集]

外部リンク[編集]