プスコフ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プスコフ州
ロシア語: Псковская область
旗不明 プスコフ州の紋章
プスコフ州旗 プスコフ州紋章
プスコフ州の位置
公用語 ロシア語
首府 プスコフ
プスコフ知事 ミハイル・クズネツォフ
構成体種別
連邦管区 北西
経済地区 北西
面積
 - 総計
国内第52位
55,300km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第64位
760,810人
13.8人/km2
69.8% : 30.2%
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.pskov.ru/

プスコフ州Псковская область; Pskov Oblast)はロシア連邦オーブラスチ)。州都はプスコフ北西連邦管区に属する。

概要[編集]

住民の95%はロシア人、 2%がウクライナ人。1989年の人口は846,000人であったが、大きく減少している。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

地理[編集]

ロシア連邦の北西端に位置し、エストニアラトビアベラルーシと国境を接する。600を越えると3,700ほどのがある。主要な河川はヴェリカヤ川。エストニアとの国境上にチュド湖がある。面積の約40%は森林に覆われている。穏やかな大陸性の気候。

歴史[編集]

10世紀ごろからロシア人が定住した。12世紀から13世紀にかけてはノヴゴロドに支配されていた。その後は絶えずドイツ騎士団ポーランドの攻撃を受けた。

ロシア北西部の国境沿いに位置するため、経済的にも軍事的にも重要な地域であったが、18世紀初頭にサンクトペテルブルクが建設されて以後、次第に重要性を失った。

第二次世界大戦では、1941年から1944年までドイツ軍によって占領された。

1991年バルト三国独立後、ラトビアはプィタロヴォなどプスコフ州の一部を自国の領土と主張していたが、最終的にはラトビア側がこの主張を取り下げ、2007年3月27日に両国間で国境画定に関する条約が調印された。

産業[編集]

主要な産業は電気工業や繊維工業、農業など。美しい湖や森林を訪れる観光客が多く、観光業も重要な産業の一つになっている。

都市[編集]

州都プスコフのほかに、主な都市としてヴェリーキエ・ルーキドノーネヴェリなど。

外部リンク[編集]