バルト三国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルト三国
エストニア語: Balti riigid
ラトビア語: Baltijas valstis
リトアニア語: Baltijos valstybės
バルト三国の位置
構成国 エストニアの旗 エストニア
ラトビアの旗 ラトビア
リトアニアの旗 リトアニア
首都 タリン
リガ
ヴィリニュス
公用語 エストニア語
ラトビア語
リトアニア語
面積 175,015 km²
人口2010年 6,827,351 人
GDP (PPP)(2010年 1081 億 USドル
一人あたりのGDP (PPP)(2010年 15,665 USドル
名目GDP2010年 745 億 USドル
一人あたりの名目GDP2010年 10,792 USドル

バルト三国(バルトさんごく)は、バルト海の東岸に南北に並ぶ3つの国を指し、北から順に、エストニアラトビアリトアニアである。3か国とも、北大西洋条約機構(NATO)および欧州連合(EU)の加盟国。通貨は、エストニアラトビアユーロリトアニアリタスである。

歴史的に、エストニアやラトビアは北欧諸国やドイツと、リトアニアはポーランドとのつながりが深く、また3か国はロシアとも深く関わってきた。

民族[編集]

エストニア人は、フィン・ウゴル系民族でフィンランド人と同じウラル語族である。一方、ラトビア人リトアニア人はバルト系民族(印欧語族バルト語派)である。リトアニアが独自の文化を築いて来たのに比べ、ラトビアはリヴォニアを基礎としていたため、民族の覚醒は19世紀に起こる。これら別個の文化を共通化、また自立化させたのは、中世以来政治的支配を行ってきた少数民族バルト・ドイツ人であった。

歴史[編集]

バルト三国を構成する国々は一つにくくられて語られがちではあるが、近代までの三国は別々の歴史を歩んできている。

近代まで[編集]

エストニア[編集]

近代まではドイツ語エストラントという地名が主流であった。フィンランドと同じくフィン・ウゴル系民族である。ヴァイキングに侵攻を受けた後は、ロシア人デーン人の侵略を受ける。ドイツ騎士団に支配された事もあるが、13世紀デンマーク領有する。16世紀リヴォニア戦争が起こると、その支配はスウェーデンに帰する(エストニア公国)。この時代は、スウェーデン・バルト帝国と呼ばれた。18世紀に起きた大北方戦争の結果、ロシア帝国の支配下に入る。 

ラトビア[編集]

古くは先住民族としてフィン・ウゴル系民族のリーヴ人が居住していたため、リヴォニアと呼ばれた(ドイツ風にリヴラントとも言われる)。13世紀にドイツ騎士団の一組織リヴォニア帯剣騎士団によって征服される。この騎士団は、常軌を逸した侵略行為を行ったため、民族はほぼ浄化され、後発のバルト人に同化された。これ以降、リヴォニアは、ドイツ騎士団、リトアニアポーランド王国によって支配を受ける。16世紀、リヴォニア戦争の後にこの地は分断され、南部はクールラント公国となった。17世紀に北部リヴォニアは、スウェーデン領となり、バルト帝国の一州となった。この地も大北方戦争ポーランド分割の後、18世紀に南北ともロシア帝国に帰することとなった。

リトアニア[編集]

中世リトアニア大公国として栄える。元々は非キリスト教国家だったため、北方十字軍であるドイツ騎士団との抗争が繰り返された。しかしリトアニアはコサックの地であるウクライナポドリア)の領有に成功する。1386年、ドイツ騎士団の侵略に耐えかねたリトアニアはキリスト教を受け入れ、ポーランド王国と同盟を組む。これがいわゆるポーランド・リトアニア連合である。リトアニア人1430年まで自立していたが、以降ポーランドとの同君連合となり、リトアニアのすべての貴族階級はポーランド文化に同化した。そして1569年ルブリン合同によって、ポーランド・リトアニア共和国という政治的統一体が誕生すると、リトアニアはその構成国の一つとなった。以降のリトアニアはポーランドと運命を共にする。1795年、第3次ポーランド分割によってポーランド・リトアニア連合が消滅した際、現在のリトアニアの大半の地域はロシア帝国に編入された。

近代以降[編集]

三国ともロシア帝国に支配されていたが、ロシア革命ののち、1918年に三国とも独立を達成した。しかし第二次世界大戦中の独ソ不可侵条約における秘密議定書を発端としてソ連とドイツによる占領が続いた。1940年ソビエト連邦に併合され、ソビエト連邦構成共和国であるエストニアラトビアリトアニアの各「ソビエト社会主義共和国」として連邦政府の強い統制下に置かれた。1941年に始まった独ソ戦によりこの地域はナチス・ドイツの支配を受けたが、1944年から1945年にかけて再びソ連に占領された。戦後、ソ連は自らが得た戦前の旧ポーランド領の一部をリトアニアに編入し、現在に至るバルト三国の国境線が確定した。

1980年代後半、ソ連国内でペレストロイカが進展すると独立回復運動が高まり、1990年3月11日に独立を宣言したリトアニア共和国では1991年1月にソ連軍との衝突で死者が発生した。その後、ソ連8月クーデター後の8月20日にそろって再独立を実現させ、同年12月のソ連崩壊へ大きな影響を与えた。

独立後は概ね三国が共同歩調を取って親米・親西欧の経済・外交政策を展開し、2004年3月29日に三国そろって北大西洋条約機構(NATO)へ加盟した。同年5月1日には、やはり三国そろって欧州連合(EU)へ加盟した。

2005年ウラジーミル・プーチン大統領はバルト三国併合を「悲劇」と認めたものの、新たな謝罪は拒んだ。同年の対独戦争60周年記念式典にはラトビア以外のエストニアのリュイテリ大統領とリトアニアのアダムクス大統領は出席を拒否した。

リトアニアの国会は、ナチスドイツ鉤十字と同様に、ソビエト連邦共産主義の標章(ソビエト連邦の国旗国章である「鎌と鎚」、ソビエト連邦の国歌)を禁止する法案を可決し、エストニアではソ連兵兵士の銅像を撤去する事でロシア系住民の暴動が起きている。

2007年以後はエストニアが、2008年以後はリトアニアラトビアがそれぞれ、ナチスドイツの「鉤十字」とソビエト連邦の「鎌と鎚」を禁止している。バルト三国はソビエト統治時代を「暗黒時代」と見なしている。一方、ベラルーシウクライナ東部はソビエト連邦時代の戦勝記念を祝っている。

統計[編集]

総人口が多い都市

バルト三国の基幹民族(エストニア人ラトビア人リトアニア人)の人口が多い都市。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]