ヴォログダ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォログダ州
ロシア語: Вологодская область
ヴォログダ州の旗 ヴォログダ州の紋章
ヴォログダ州旗 ヴォログダ州紋章
ヴォログダ州の位置
公用語 ロシア語
首府 ヴォログダ
ヴォログダ州知事 オレグ・クフシンニコフ
州議会議長 ゲオルギー・シェフツォフ
構成体種別
連邦管区 北西
経済地区 北方
面積
 - 総計
国内第27位
145,700km2
人口(2010年国勢調査[1]
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第42位
1,202,444人
8.25人/km2
70.7% : 29.3%
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU RU-VLG
番号
ウェブサイト http://www.vologda-oblast.ru/

ヴォログダ州Вологодская область; Vologda Oblast)はロシア連邦北西部のオーブラスチ)。州都はヴォログダ北西連邦管区に属する。

概要[編集]

人口は過去15年間で減少し続けている。

地理[編集]

東ヨーロッパ平原の北東部に位置する。北西部でオネガ湖に、南部でルイビンスク湖に面する。州西部にはベロエ湖がある。主要な河川は、北ドヴィナ川の支流であるスホナ川。面積の3分の2は森林に覆われている。

  • 1月の平均気温 -14度
  • 7月の平均気温 +18度
  • 年間平均降水量 500mm

歴史[編集]

州のいくつかの都市は1000年に及ぶ歴史を持ち、ロシアでも有数の古い地域である。ピョートル大帝の時代にヴォルガ川運河がつくられて、産業が発達した。

経済[編集]

主要な産業は鉄鋼産業、化学工業、木材加工など。農業酪農も盛んで、ヴォログダのバターが知られている。

都市[編集]

ヴォログダ州の地図
赤印は州都ヴォログダとチェレポヴェツ

州都ヴォログダ(人口302,500人)のほかに、主な都市としてチェレポヴェツ(324,400人)、ソコル(44,200人)、ヴェリキイ・ウスチュグ(35,000人)など(人口はいずれも2000年の資料より)。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

脚注[編集]

  1. ^ a b Федеральная служба государственной статистики (Federal State Statistics Service) (2011年). “Информационные материалы об окончательных итогах Всероссийской переписи населения 2010 года (Information on the final results of the 2010 All-Russian Population Census)” (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]