サハ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サハ共和国
ロシア語: Республика Саха
サハ語:Саха Өрөспүүбүлүкэтэ
サハ共和国の旗 サハ共和国の紋章
サハ共和国国旗 サハ共和国国章
サハ共和国の位置
公用語 ロシア語サハ語
首府 ヤクーツク
首長 エゴール・ボリソフ (en
首相 Galina Danchikova
構成体種別 共和国
連邦管区 極東
経済地区 極東
面積
 - 総計
国内第1位
3,103,200km2
人口(2010年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第58位
958,528人
0.3人/km2
64.3% : 35.7%
時間帯 UTC +10,+11,+12(DST: 不明)YAKT, VLAT, MAGT
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト /http://www.sakha.gov.ru/
Sakha Yakutia rep.png

サハ共和国(サハきょうわこく、ロシア語:Республика Саха (Якутия)、サハ語:Саха Өрөспүүбүлүкэтэ、英語:Sakha (Yakutia) Republic)は、ロシア連邦を構成する共和国で、連邦構成主体の一つ。首都はヤクーツク。別名ヤクーチア(ロシア語形より)。旧称ヤクート・ソビエト社会主義自治共和国1922年から1990年)、ヤクート・サハ共和国(1990年から1992年)。面積は3,103,200平方kmで、ロシアのヨーロッパロシアを除いた地域(アジアロシア)の半分を占め、地方行政単位としては世界最大である。連邦管区では極東連邦管区の範囲になる。

概要[編集]

標準時[編集]

地理[編集]

サハ共和国は南北に2500km、東西に2000kmの国土を持つ。約310万㎢という総面積は独立国7位のインド(約329万㎢)よりやや狭く、8位のアルゼンチン(約278万㎢)より広く、日本(約38万㎢)のおよそ8倍の広さに相当する。その最北端は北極海に浮かぶノヴォシビルスク諸島ヘンリエッタ島で、ノヴォシビルスク諸島をはさんで西はラプテフ海、東は東シベリア海が大陸に面する。これらの海は北半球で最も冷たく凍った海で、大河から淡水が流入するため流氷形成が活発であり、年間9カ月から10ヶ月は凍結する。サハ共和国の北極海沿いには、タイミル半島東側のアナバル川河口より東にはフィヨルドは見られず、レナ川などの大きな川は河口で三角州を形成している。これは最終氷期の東シベリアが非常に乾燥していたため氷河が形成されず、氷河地形も作られなかったためである。

サハの土壌は全て永久凍土で、面積の40%は北極圏に含まれる。北部の北極海沿岸はツンドラで緑のコケ類が覆いトナカイが暮らす。ツンドラ帯の南部では小さくねじれたシベリアマツやカラマツが川に沿って育つ。ツンドラより南には針葉樹林帯(タイガ)が広がる。北はカラマツが主で、南に向かうにつれモミマツが現れる。タイガはサハ共和国の47%を覆い、その90%はカラマツ類である。

気候[編集]

ユーラシア大陸北東部のシベリアにあり、大陸性気候である。山がちな国土なため、冬の寒さは極限に達する。その一方、夏は緯度に比べると高温である。特に、内陸盆地では、しばしば猛暑となる。

冬は猛烈に厳しく、南極を除くと世界最低気温となる氷点下71.2度を1926年1月に記録したオイミャコンや、やはり冬の酷寒で知られるベルホヤンスクもあり、北半球の寒極と考えられている。は少ない。

1月の平均気温は北極海沿岸でマイナス28度、その他の内陸部ではマイナス50度に達する。7月の平均気温は北極海沿岸ではわずか2度、一方内陸部では19度にまで上がる。年平均降水量は内陸部で200mm、東部の山岳部で700mm。

山地[編集]

サハ共和国の大きな山脈には、レナ川に並行して走るベルホヤンスク山脈があり、オホーツク海からラプテフ海まで弧状に大きく延びている。ベルホヤンスク山脈の東に並行してチェルスキー山脈が同じく弧状に延びるが、その山脈にあるポベダ山(Pobeda)が標高3,003mで最高峰とされている(近年の人工衛星による調査ではムスハヤ山(Mus-Khaya)が標高3,011mに達し本当の最高峰だとされている。)

南部にはスタノヴォイ山脈アルダン高地など、南シベリアからモンゴルにかけて広がる山地の一部が延びている。アルダン高地は炭鉱地帯がある。

最も東にはチュクチ自治管区にまたがるコリマ丘陵があり、が豊富である。

水系[編集]

サハ共和国の水は全て北極海に流れる。国土の中央には非常に幅の広いレナ川が流れ首都のヤクーツクを通り、国土を南から北に縦貫して北極海へ注ぐ。10月から6月にかけて凍結するものの、重要な交通路になっている。

レナ川には無数の巨大な支流があるほか、インディギルカ川ヤナ川コリマ川といった独立した水系も北極海に流れている。

また北極海沿岸のツンドラ地帯や大河沿いの氾濫原には無数の湖沼があり、大きなだけで700を超える。ヴィリュイ川の中流にある大貯水湖をはじめとしたダム湖も数多く建設されている。

歴史[編集]

かつての交通の主役であったレナ川の蒸気船。19世紀末

サハ人は13世紀中央アジアからこの地に進出した。彼らはテュルク系民族モンゴル系とも混血しており、もともとこの地にいた狩猟採取民族を征服し同化した。テュルク系語とモンゴル系語および先住民の言語の痕跡はサハ語に残っている。ヤクートは「サハ」と自称するが、その語源は明らかではない。

先住のエヴェンキ人はサハのことを「ヤコ」(Yako)と呼び、これが17世紀始めに毛皮を求めこの地に来たロシア人に伝わり「ヤクート」となった。サハ人の一派であるティギン(Tygyn)の王は、ロシア人に対し軍事同盟の代わりにこの地への植民を認めた。この同盟を逆手に取られ、ティギンの人々はチュクチやカムチャツカなど極東の諸民族に対するロシアの征服に追従することとなる。1632年9月25日コサックのピョートル・ベケトフは現在のヤクーツクの場所にレンスキー・オストログ(レンスキー砦)を築き、1638年8月、モスクワの政府はレンスキー砦を中心地とした新行政区を作った。

ロシア人(民族)はレナ川水系をオホーツク海など極東への交通路として使い、サハやその他の民族に対し毛皮を税として取り立て、これを元に貨幣経済を確立した。またロシア人(民族)はレナ川低地で農業をはじめた。特に、19世紀後半にレナ川地方へ追放された宗派の人々が大麦や小麦、芋などを栽培して生活した。19世紀末からソビエト連邦初期には軽工業および蒸気船などの交通が発達し始め、さらに金などの地下資源が見つかって鉱業も始まった。

1922年4月27日、ソビエトはそれまでの「ヤコルスカヤ地方」に替えて「ヤクート・ソビエト社会主義自治共和国」を作ったが、ロシア内戦期間中は首都ヤクーツクをはじめヤクート東部は白軍が実質的に支配し、1921年から1923年はヤクート反乱が起きた。ヨシフ・スターリン体制下では、強制労働所(グラグ)に送られた人々がヤクートでの道路建設・鉱山労働・森林伐採などに従事し、多数が命を落とした。特にオホーツク海の北にありヤクートとチュクチの間にまたがるコリマ丘陵の金山は悪名高い。

1992年、ソビエト崩壊後のヤクートは、ロシア連邦内の「サハ(ヤクーチア)共和国」として承認された。

政治[編集]

サハ共和国の政府の最高職は首長である。ソ連時代の「ソビエト最高会議議長」はソ連崩壊後に「大統領」を名乗るようになったが、2011年1月にドミートリー・メドヴェージェフ連邦大統領が、ロシア連邦内の各共和国の代表が大統領と名乗れなくする法律に署名したことにより、大統領の称号は「首長」と呼びかえられることになった。初代大統領はミハイル・ニコラエフであった。第2代大統領ヴャチェスラフ・シュティロフに引き続き、2010年5月31日よりエゴール・ボリソフ (enが務めている。

立法府は一院制の「イル・トゥメン(Il Tumen)」と呼ばれる議会になっている。

教育[編集]

最も重要な高等教育機関は北東連邦大学(旧ヤクート国立大学)とヤクート国立農業アカデミーである。

宗教[編集]

ロシア人(民族)の到達前は、太陽に対する崇拝やテングリ信仰など、中央アジアのテュルク系諸民族に共通する信仰や、古シベリア諸語の民族に伝わるシャーマニズム(共同体を導く「光」のシャーマンと、魂の旅路を通した癒しを実践する「闇」のシャーマン)が中心であった。ロシア帝国の下で人口の大半は正教会に改宗し聖名を得たが、伝統的な宗教は生活の場で続いている。ソビエト時代多くのシャーマンが跡継ぎを残さず死んだが、ソビエト崩壊後はその復興への関心が高い。

主要都市[編集]

産業[編集]

ウダーチヌイの露天掘りダイヤモンド鉱山、ウダーチナヤ・パイプ

主要産業は鉱業、木材産業、木材加工業である。

  • 総工業生産高 (775億7020万ルーブル
  • 貿易総額 (1億7650万米ドル)

地下資源は石油天然ガス石炭ダイヤモンドなど非常に多様かつ豊富である。特に、ロシア全土で産出するダイヤモンドの99%がサハ共和国産で、ミールヌイウダーチヌイの鉱山は特に大きい。ウラニウムは採掘が始まったばかり。

対日貿易額は約351万ドルで、南ヤクート炭田(ネリュングリなど)からの石炭中心にゴムタイヤ、ブルドーザー、機械部品を輸出している。

工業はヤクーツクに集中しているが、その他金鉱の町アルダン、ダイヤモンドの町ミールヌイとウダーチヌイ、炭鉱の町ネリュングリなどにも鉱工業が発達している。

ロシア国内外からの観光客受け入れにも積極的である。

サハ人らは政治、金融、経済、畜産などに携わり、その他の先住民は猟師、漁師、トナカイ放牧などで生計を立てている。

交通[編集]

貨物輸送では河川を利用した水運が主流である。レナ川とその支流沿いの河港をはじめ、北極海の港(ティクシなど)、4つの船会社が操業している。

旅客輸送では航空機が最も重要になっている。ロシア各地とサハ共和国内の各市町村は空路で結ばれている。ヤクーツクには国際線ターミナルもある。

連邦国道が2本、アムール州から延びるヤクーツク=ボルショイ・ネバと、東へ伸びるヤクーツク=コリマがサハを走っている。永久凍土があるためアスファルトで舗装することは現実的ではなく、道路は粘土で舗装されているが、雨になると泥沼と化しバスなどが立ち往生する。バム鉄道から北へ延びる鉄道支線(アムール・ヤクーツク鉄道)がサハ南部のベルカキト・ネリュングリチュリマンなどの鉱工業都市を結んでおり石炭を日本など東アジアへ運んでいる。鉄道はアルダントンモトまで延伸されており、さらにヤクーツクへ延びる計画があるが、いまだ完成には至っていない。

人口動静[編集]

以下は2002年のロシア国勢調査における人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 949,280人
    • 都市人口: 609,999人(64.3%)
    • 地方人口: 339,281人(35.7%)
    • 男性: 464,217人(48.9%)
    • 女性: 485,063人(51.1%)
  • 世帯数: 305,017世帯
  • 人口増減(2005年
    • 出生数: 13,591人
    • 死亡数: 9,696人
  • 平均年齢: 30.0歳
    • 都市: 31.0歳
    • 地方: 27.4歳
    • 男性: 30.0歳
    • 女性: 26.6歳
  • 民族構成

歴史的な民族比率は以下のとおり。ソ連時代を通じロシア人(民族)やその他ソ連各地出身民族の割合が高まり、1970年にはロシア人(民族)が多数派となったが、ソ連崩壊後の2002年にはロシア人(民族)やウクライナ人(民族)の転出が続きサハ人の方が多数派に戻った。

1939年国勢調査 1959年国勢調査 1970年国勢調査 1979年国勢調査 1989年国勢調査 2002年国勢調査
サハ 233,273 (56.5%) 226,053 (46.4%) 285,749 (43.0%) 313,917 (36.9%) 365,236 (33.4%) 432,290 (45.5%)
ドルガン 10 (0.0%) 64 (0.0%) 408 (0.0%) 1,272 (0.1%)
エヴェンキ 10,432 (2.5%) 9,505 (2.0%) 9,097 (1.4%) 11,584 (1.4%) 14,428 (1.3%) 18,232 (1.9%)
エヴェン 3,133 (0.8%) 3,537 (0.7%) 6,471 (1.0%) 5,763 (0.7%) 8,668 (0.8%) 11,657 (1.2%)
ユカギール 267 (0.1%) 285 (0.1%) 400 (0.1%) 526 (0.1%) 697 (0.1%) 1,097 (0.1%)
チュクチ 400 (0.1%) 325 (0.1%) 387 (0.1%) 377 (0.0%) 473 (0.0%) 602 (0.1%)
ロシア 146,741 (35.5%) 215,328 (44.2%) 314,308 (47.3%) 429,588 (50.4%) 550,263 (50.3%) 390,671 (41.2%)
ウクライナ 4,229 (1.0%) 12,182 (2.5%) 20,253 (3.0%) 46,326 (5.4%) 77,114 (7.0%) 34,633 (3.6%)
その他 14,723 (3.6%) 20,128 (4.1%) 27,448 (4.1%) 43,695 (5.1%) 76,778 (7.0%) 58,826 (6.2%)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]