スレドネコリムスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンモスをあしらったスレドネコリムスクの紋章

スレドネコリムスク (Srednekolymsk、サハ語: Орто Халымаロシア語: Среднеколы́мск)は、ロシアサハ共和国北東部にある都市である。ヤクーツクの北東1,485kmに位置する。人口は3,587人(2002年国勢調査)、1989年の国勢調査では4,489人であった。

コリマ川の中流、川が北極海沿いの低地に出るあたりの左岸に位置し、アンクディンカ川が合流し町を二つに分けている。コリマ川水系を往来する船舶のための港や、ヤクーツクなどへ飛ぶ空港がある。現在の産業は、食品製造、燃料備蓄、毛皮動物や家畜(ウシ、ウマ、トナカイ等)の飼育、川での漁業など。

1643年または1644年に、コサックによってヤルマンカの砦と集落が築かれ、1775年にスレドネコリムスクと改名されたうえで町が創立され、コリマ川地方の中心となった。この地方は毛皮の産地であった一方で、極寒の流刑地でもあり、デカブリストの乱の関係者らもこの町に流刑された。19世紀末、スレドネコリムスクには500人あまりが住み、147軒の家、22のテント、12の商店、木造の教会、教会学校と小さな病院があった。住民は漁業や鳥の狩猟、毛皮の採取、キノコや木の実の採集を行い生活していた。

座標: 北緯67度27分0秒 東経153度41分0秒 / 北緯67.45000度 東経153.68333度 / 67.45000; 153.68333

外部リンク[編集]

www.srednekolymsk.ru