実質経済成長率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
経済成長率から転送)
移動: 案内検索

実質経済成長率(じっしつけいざいせいちょうりつ)とは、実質GDPに基づいた経済成長率のこと。実質成長率とも呼ばれる。名目経済成長率の対義語。

概要[編集]

実質GDPは名目GDPと下記のような関係をもつ。

上式より、名目GDPをGDPデフレーターで除したものが実質GDPとなる。実質経済成長率とは、この実質GDPの変化率のことをいう。

GDPデフレータとの関係[編集]

上式より、名目GDP一定の場合、GDPデフレーターが下落すると実質GDPは上昇するという関係にあることがわかる。

たとえば、原油価格などが高騰して輸入デフレーター(輸入物価)が上昇したとする。このとき、他の条件が同じであれば、実質GDP(あるいは実質成長率)は上昇する。

これは、輸入デフレーター(GDPデフレーターの控除項目)が上昇するとGDPデフレーターが下落するという関係にあることによる。

名目経済成長率との比較[編集]

マネーサプライと密接な関係にある名目成長率 に対し、実質成長率 はむしろ労働投入、資本投入、生産性などによって左右されるという違いがある。

メリット[編集]

  • 物価変動の影響が取り除かれているため、実際に感じる成長率に近く、また時系列による変化を比較しやすい。

デメリット[編集]

  • 物価変動とあわせて算出する必要があり、計算が面倒である。また名目経済成長率のほうが実感に近いといわれる場合もある。

関連項目[編集]