マネーサプライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マネーサプライ(money supply、通貨供給量)またはマネーストック(money stock、通貨残高)とは、金融機関中央政府を除いた経済主体(一般法人個人地方公共団体等)が保有する通貨の合計として定義される。

金融商品のうちで通貨としての機能を持つものの範囲、金融機関と見なす通貨発行主体の範囲については単純に決められず、幾つかの指標が作られている。

日本では現金通貨(紙幣を含む広義の貨幣)、普通預金当座預金定期預金外貨預金譲渡性預金CD:Certificate of Deposit)の総合計の通貨量であるM2+CDが代表的な指標であったが、2007年6月22日郵政民営化に伴い日本銀行はマネーサプライ統計を約30年ぶりに全面的に見直す方針を発表し、2008年5月からは新たな「M3」を代表的指標として名称も「マネーストック統計」として公表している。イギリスではマネーサプライはM0(現金通貨+市中銀行のイングランド銀行(イギリスの中央銀行)預け金)とM4(現金通貨+預金+住宅貸付組合出資金)に分かれる。

マネタリーベース(中央銀行・政府が発行した現金+金融機関から中央銀行が預かっている預金)を信用創造によって金融機関が市中に供給することで増えるとされている。

金融政策との関係[編集]

マネーサプライは物価と深い関係があり、通常は他の条件が変わらなければ、マネーサプライの伸びが高く(低く)なると、物価の伸びも高まる(低くなる)傾向にあると考えられている[1]。このため、欧米の中央銀行では金融政策の中間目標として、マネーサプライの動向が注視されている[1]

日本銀行はマネーサプライを金融政策の目標や金融調節の操作対象としていないが、マクロの金融情勢を表す代表的な指標の1つとして金融政策の判断材料に利用している。 通貨の管理政策はアメリカなどが早くから採用しており、四半期ごとの「M2+CD」の伸びを「増加目標値」として公表、そして、そのターゲットの範囲内に伸びを押さえ込むように通貨管理をしている。イギリスやEUなど他の国ではインフレ目標政策を採用し、インフレ率をターゲットの範囲内に押さえ込むように通貨管理をしている。

最近、市場金利連動型など定期預金やCDとは違った多種多様で仕組みが複雑な金融商品が登場したため、マネーサプライ管理も難しくなってきた。いずれもM1にもM2にも属さない新金融商品のため、新たな通貨種類別の分類が必要となってきた。それに伴い「M2+CD」だけでマネーサプライをとらえる意味がなくなってきた。特にそれら新金融商品にマネーシフトが起きたりすると、「管理」の目が行き届かなくなる。これに現金通貨でも預金でもないクレジットカードが普及したため、一段とマネーサプライのとらえ方が難しくなっている。

統計の種類[編集]

マネーサプライにおける通貨の範囲はいくつかの種類に分かれる。日本では日本銀行M1M2+CDM3+CD広義流動性の4種類について統計を発表していたが、郵政民営化の影響から2008年5月より「マネーサプライ統計」から「マネーストック統計」へ概念が変更された。それまで通貨保有主体であった証券会社・短資会社・非居住者の除外、通貨発行主体と各指標に含まれる金融商品の範囲変更、ゆうちょ銀行の保有現金や未払利子相当額の控除、現金通貨残高、金融機関保有小切手・手形残高(預金からの控除分)など推計方法の変更が実施されている。

統計指標の定義を変更によりM1M2M3広義流動性の4種類を発表している[2]。これらのうち日銀はM3を最も代表的な統計と見なしている。

M1
現金通貨と預金通貨を合計し、そこから調査対象金融機関保有の小切手・手形を差し引いたもの。
対象金融機関は日本銀行(代理店預け金等)、国内銀行(ゆうちょ銀行を含む)、外国銀行在日支店、信金中央金庫信用金庫農林中央金庫商工組合中央金庫、その他金融機関(全国信用協同組合連合会信用組合労働金庫連合会労働金庫信用農業協同組合連合会農業協同組合信用漁業協同組合連合会漁業協同組合)。
※現金通貨 = 銀行券発行高 + 貨幣流通高
※預金通貨 = 要求払預金(当座普通貯蓄通知別段納税準備) - 調査対象金融機関の保有小切手手形
M2
現金通貨と国内銀行等に預けられた預金を合計したもの。対象金融機関は日本銀行、ゆうちょ銀行以外の国内銀行、外国銀行在日支店、信金中央金庫信用金庫農林中央金庫商工組合中央金庫
M3
M1 + 準通貨 + CD(譲渡性預金)。対象金融機関はM1と同じ。
※準通貨 = 定期預金 + 据置貯金 + 定期積金 + 外貨預金
広義流動性
M3 + 金銭の信託 + 投資信託 + 金融債 + 銀行発行普通社債 + 金融機関発行CP + 国債 + 外債。対象金融機関はM3のものに加えて国内銀行信託勘定、中央政府、保険会社等、外債発行機関。

郵便貯金・簡易生命保険管理機構郵便貯金)や住宅金融支援機構といった独立行政法人日本政策投資銀行日本政策金融公庫等の一部政府系金融機関は「政府関係金融機関(中央政府)」と見なされ、M1の対象金融機関ではない。

世界のマネーサプライ[編集]

アメリカ[編集]

M1

アメリカのマネーサプライ(現金, M1, M2, M3) 1959年から

アメリカ米連邦準備銀行は以前、M1,M2,M3の3つの統計を公開していたが、2005年11月10日2006年3月23日分からM3の公表を中止すると発表した。したがって、2006年春より連邦準備銀行はM1, M2の2つの統計だけを公開している。

M1は、一般に支払いの為に使われる通貨からなり、現金当座預金からなる。M2は、M1に流動性の高い預金口座(普通預金及び小額の定期預金)を足したものである。これらの預金は、元本を損失することが全くか、ほとんど無しにM1に交換できるものである。

The M2 measure is thought to be held primarily by households. The third aggregate, M3 is no longer published. Prior to this discontinuation, M3 had included M2 plus certain accounts that are held by entities other than individuals and are issued by banks and thrift institutions to augment M2-type balances in meeting credit demands; it had also included balances in money market mutual funds held by institutional investors. The aggregates have had different roles in monetary policy as their reliability as guides has changed. The following details their principal components[3]:

When the Federal Reserve announced in 2005 that they would cease publishing M3 statistics in March 2006, they explained that M3 did not convey any additional information about economic activity compared to M2, and thus, "has not played a role in the monetary policy process for many years." Therefore, the costs to collect M3 data outweighed the benefits the data provided. Some politicians have spoken out against the Federal Reserve's decision to cease publishing M3 statistics and have urged the U.S. Congress to take steps requiring the Federal Reserve to do so. Congressman Ron Paul claimed that "M3 is the best description of how quickly the Fed is creating new money and credit. Common sense tells us that a government central bank creating new money out of thin air depreciates the value of each dollar in circulation."[4] Some of the data used to calculate M3 are still collected and published on a regular basis. Current alternate sources of M3 data are available from the private sector[5].

As of 4 November 2009 the federal reserve reported that the U.S. dollar monetary base is $1,999,897,000,000. This is an increase of 142% in 2 years.[6] The monetary base is only one component of money supply, however. M2, the broadest measure of money supply, has increased from approximately $7.41 trillion to $8.36 trillion from November 2007 to October 2009, the latest month-data available. This is a 2-year increase in U.S. M2 of approximately 12.9%.[7]

ユーロ圏[編集]

ユーロのマネーサプライ(1998年-2007年)。

ユーロ圏欧州中央銀行は、ユーロの通貨統計を以下のように定義している[8]:

日本[編集]

日本のマネーサプライ(1998年4月-2008年4月)

現行のマネーストック統計については

1998年4月から2008年4月まで[9](マネーサプライ統計)

イギリス[編集]

イギリスのマネーサプライ(M4、1984–2007) (NOTE: y axis needs units!)

イギリスの公式なマネーサプライ統計は2つある。M0として「ワイドマネタリーベース」もしくは「ナローマネー」と呼ばれるものと、M4として「広義流動性("broad money")」または単に「マネーサプライ」と呼ばれるものの2つである。

There are several different definitions of money supply to reflect the differing stores of money. Due to the nature of bank deposits, especially time-restricted savings account deposits, the M4 represents the most illiquid measure of money. M0, by contrast, is the most liquid measure of the money supply.

インド[編集]

インドインド準備銀行は、マネーサプライ統計を以下のように定義している[11]:

  • Reserve Money (M0): Currency in circulation + Bankers’ deposits with the RBI + ‘Other’ deposits with the RBI = Net RBI credit to the Government + RBI credit to the commercial sector + RBI’s claims on banks + RBI’s net foreign assets + Government’s currency liabilities to the public – RBI’s net non-monetary liabilities.
  • M1: Currency with the public + Deposit money of the public (Demand deposits with the banking system + ‘Other’ deposits with the RBI).
  • M2: M1 + Savings deposits with Post office savings banks.
  • M3: M1+ Time deposits with the banking system = Net bank credit to the Government + Bank credit to the commercial sector + Net foreign exchange assets of the banking sector + Government’s currency liabilities to the public – Net non-monetary liabilities of the banking sector (Other than Time Deposits).
  • M4: M3 + All deposits with post office savings banks (excluding National Savings Certificates).

オーストラリア[編集]

オーストラリアオーストラリア準備銀行は、マネーサプライ統計を以下のように定義している[12]:

  • M1: currency bank + current deposits of the private non-bank sector
  • M3: M1 + all other bank deposits of the private non-bank sector
  • Broad Money: M3 + borrowings from the private sector by NBFIs, less the latter's holdings of currency and bank deposits
  • Money Base: holdings of notes and coins by the private sector plus deposits of banks with the Reserve Bank of Australia (RBA) and other RBA liabilities to the private non-bank sector


ニュージーランド[編集]

ニュージーランドニュージーランド準備銀行は、マネーサプライ統計を以下のように定義している[13]:

  • M1: notes and coins held by the public plus chequeable deposits, minus inter-institutional chequeable deposits, and minus central government deposits
  • M2: M1 + all non-M1 call funding (call funding includes overnight money and funding on terms that can of right be broken without break penalties) minus inter-institutional non-M1 call funding
  • M3: the broadest monetary aggregate. It represents all New Zealand dollar funding of M3 institutions and any Reserve Bank repos with non-M3 institutions. M3 consists of notes & coin held by the public plus NZ dollar funding minus inter-M3 institutional claims and minus central government deposits


脚注[編集]

  1. ^ a b みずほ総合研究所編 『3時間でわかる日本経済-ポイント解説』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、26頁。
  2. ^ 「マネーストック」の解説 :日本銀行 Bank of Japan
  3. ^ ebook: The Federal Reserve - Purposes and Functions:http://www.federalreserve.gov/pf/pf.htm
  4. ^ What the Price of Gold Is Telling Us
  5. ^ See, for example
  6. ^ Federal Reserve Statistics[1]
  7. ^ Federal Reserve Statistics[2]
  8. ^ The ECB's definition of euro area monetary aggregates: http://www.ecb.int/stats/money/aggregates/aggr/html/hist.en.html
  9. ^ http://www.boj.or.jp/en/type/exp/stat/exms01.htm click on the link to the exms01.pdf file. They are defined in Appendix 1 which on the 11th page of the pdf.[リンク切れ]
  10. ^ www.bankofengland.co.uk Explanatory Notes - M4 retrieved August 13 2007
  11. ^ Handbook of Statistics on Indian Economy. See the document at the bottom of the page titled, "Notes on Tables". The link to this pdf document is: http://rbidocs.rbi.org.in/rdocs/Publications/PDFs/80441.pdf The definitions are on the fourth page of the document
  12. ^ RBA: Glossary - Text Only Version
  13. ^ Series description – Monetary and financial statistics

関連項目[編集]

外部リンク[編集]