スタノヴォイ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタノヴォイ山脈の位置

スタノヴォイ山脈(Stanovoy Mts., Outer Khingan Range, Станово́й хребе́т, 中国語名:外興安嶺)とはロシア連邦シベリア南東部にある山脈である。アムール水系レナ水系をわかち、西のヤブロノヴイ山脈と東のオホーツク海岸のジュクジュル山脈の間を東西約750kmにわたって連なる。南側にはジャグドゥイ山脈が並行する。

山脈の東端にはレナ川水系のオリョークマ川が、西端にはオホーツク海へのマヤール川がある。多くの氷河があり、その水はアルダン川やその支流ゴナム川となり北のレナ川方面へ流れる。北にはアルダン高地が広がる。南はアムール川へ流れるゼヤ川が発する。主として片岩花崗岩からなる中山性山地で、最も高いところは標高2520mである。

スタノヴォイ山脈はアムール州サハ共和国の境界である。17世紀には毛皮を求めて東方に進出したロシア人国政府との係争地となったが、1689年ネルチンスク条約で一旦は清とロシアの境界となった。しかし1858年アイグン条約により完全にロシア領となった。