オレニョーク川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレニョーク川
オレニョーク川
延長 2,292 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 219,000 km²
水源 中央シベリア高原
河口・合流先 ラプテフ海
流域 ロシア
テンプレートを表示

オレニョーク川(Olenyok、ロシア語: Оленёк)は、ロシアシベリア北部を流れるである。クラスノヤルスク地方に発し、サハ共和国北極海へと注ぐ。長さ2,292kmのうち、河口から1,000kmほどは航行が可能である。主な支流にアルガ=サラ川(Arga-Sala)がある。魚の豊富さに特徴を持つ。

流路[編集]

中央シベリア高原の北部、エコンダ(Ekonda)の200km北方に源を発し北東へ流れ、高原地帯に発した多くの支流を集めながらオレニョークの町を過ぎ、北極海沿岸の広大な低地に出る。レナ川に接近するが、レナ川との間には細い丘陵地帯があるため合流はしない。レナ川デルタのすぐ西に位置するウスチ=オレニョク(Ust-Olenyok)の港の付近で三角州を形成しながらラプテフ海に注ぐ。三角州のうちほとんどをジャンギラフ島(Dyangylakh)という20km四方ほどの平坦で大きな島が占める。