米原万里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米原万里
誕生 1950年4月29日
日本の旗東京都中央区 聖路加病院
死没 2006年5月25日(満56歳没)
日本の旗神奈川県鎌倉市
職業 通訳エッセイスト作家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1986年 - 2006年
代表作 不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か
魔女の1ダース
嘘つきアーニャの真っ赤な真実
オリガ・モリソヴナの反語法
主な受賞歴 1995年 読売文学賞
1997年 講談社エッセイ賞
2002年 大宅壮一ノンフィクション賞
2003年 Bunkamuraドゥマゴ文学賞
処女作 マイナス50℃の世界
テンプレートを表示

米原 万里(よねはら まり、女性、1950年4月29日 - 2006年5月25日)は、日本の、ロシア語同時通訳エッセイストノンフィクション作家小説家である。

著作には、『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』、『魔女の1ダース』、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』、『オリガ・モリソヴナの反語法』などがある。

人物[編集]

東京都出身。明星学園高等学校を経て、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院露語露文学修士課程修了。

生い立ち[編集]

日本共産党常任幹部会委員だった衆議院議員米原昶の娘として東京都中央区聖路加病院で生まれる。父方の親類に有田芳生がいる[1]

大田区立馬込小学校3年生だった1959年昭和34年)、父が日本共産党代表として各国共産党の理論情報誌 『平和と社会主義の諸問題』編集委員に選任され、編集局のあるチェコスロバキア首都プラハに赴任することとなり、一家揃って渡欧した。

9歳から14歳まで少女時代の5年間、現地にあるソビエト連邦外務省が直接運営する外国共産党幹部子弟専用の8年制ソビエト大使館付属学校に通い、ロシア語で授業を受けた。

チェコ語による教育ではなくソビエト学校を選択したのは、ロシア語ならば帰国後も続けられるという理由だった。ソビエト学校は、ほぼ50カ国の子供達が通い、教師はソ連本国から派遣され、教科書も本国から送られたものを用いる本格的なカリキュラムを組んでいたという。

クラスの人数は20人を越えると二つに分けるなど、きめ細かい教育だったが、最初の約半年間は、教師や生徒が笑っていても言葉がわからず、「先生の話すことが100パーセント分からない授業に出席し続けるのは地獄」だったと述懐している。

1964年昭和39年)11月、ソビエト大使館付属学校を第7学年で中退し日本に帰国。1965年1月、大田区立貝塚中学校第2学年編入。日本の試験が○×式あるいは選択式であることにカルチャーショックを受けた。ソビエト学校はすべて論述試験だったからである。プラハの春1968年)が起こったのは日本へ戻った後の、18歳のときだった。

ロシア語を学ぶ[編集]

1966年4月、明星学園高等学校入学、1969年3月に卒業。同年4月、榊原舞踊学園民族舞踊科入学。1971年3月に同校を中退し、同年4月、東京外国語大学外国語学部ロシア語学科に入学、この頃に日本共産党入党。1975年3月に同大を卒業し、同年4月、汐文社に入社。1976年3月、同社を退社し、同年4月、東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専攻修士課程に進学。1978年3月、同修士課程修了。大学院在学中の1985年昭和60年)、「東大大学院支部伊里一智事件」に連座して党から除籍処分を受けた[要検証 ]が、死亡時『しんぶん赤旗』訃報欄には、党歴無記載ではあるが掲載された。後年(2002年5月13日)、逮捕直前の佐藤優に米原は「私は共産党に査問されたことがある。あのときは殺されるんじゃないかとほんとうに怖かったわ。共産党も外務省も組織は一緒よ」[2]と語っている。また、日本共産党から離れた後「今の社会の仕組みや矛盾を説明するのに、カール・マルクスほどぴったりな人はいないわよ。絶対的とは言わないけれど、今読むことのできる思想家の中では、あれほど普遍的に世の中の仕組みや矛盾をきちんと説明できる思想家は他にいない」とたびたび語っていた[3]

日ソ学院(現在の東京ロシア語学院)ロシア語講師、また1990年まで文化学院大学部教員としてロシア語を教える。かたわら1978年頃より通訳翻訳に従事、1980年ロシア語通訳協会の設立に参画し、初代事務局長となる。

TBSのテレビ番組『シベリア大紀行』という番組で、厳寒期の平均気温がマイナス60度になるヤクーツクを取材し、厳冬期のシベリアを一万キロにわたり横断。この経緯をテレビ番組のみならず、児童向けの『マイナス50°Cの世界 寒極の生活』(1986年)[1]として著した。

通訳として[編集]

1983年昭和58年)頃から第一級の通訳として、ロシア語圏要人の同時通訳などで活躍。特にペレストロイカ以降は、ニュースを中心に旧ソ連・ロシア関係の報道や会議の同時通訳に従事する。

1989年から1990年まで、TBS「宇宙プロジェクト」で通訳グループの中心となり、ソ連側との交渉にあたる。TBSの特別番組「日本人初!宇宙へ」ではロシア語の同時通訳を担当。こうした活躍が同時通訳、ひいては米原の存在を一般に広く知らしめることになった。

1990年1月、エリツィン・ソ連最高会議議員(当時)来日にあたって、随行通訳を務める。エリツィンからは「マリ」と呼ばれ、大変可愛がられていた[4]

1992年平成4年)には同時通訳による報道の速報性への貢献を評価され、日本女性放送者懇談会賞(SJ賞)受賞。1995年から1997年まで、さらに2003年から2006年の死去まで、ロシア語通訳協会会長を務める。また同時通訳の待遇改善にも尽力した[5]

1997年平成9年)4月から翌年3月まで、NHK教育テレビ『ロシア語会話』で講師を務める。

作家として[編集]

1995年平成7年)に『不実な美女か貞淑な醜女か』(1994年)で読売文学賞を、1997年平成9年)に『魔女の1ダース』(1996年)で講談社エッセイ賞をそれぞれ受賞。

1980年代後半以降、東欧共産主義政権の没落やベルリンの壁崩壊さらにはソ連の崩壊を、通訳業の現場にいて肌で感じ、プラハのソビエト学校時代の友人たちの消息が気になっていた。親しかったギリシア人のリッツァ、ルーマニア人のアーニャ、ボスニアボシュニャク人のヤースナの級友3人を探し歩き、消息を確かめた記録『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(2001年)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。選考委員の西木正明は、「恐ろしい作品。書き飛ばしているのに、それが弊害になっていない。人間デッサンを一瞬に通り過ぎながら、人物が行間からくっきり立ち上がってくる。嫉妬に駆られるような見事な描写力だ」、と評価している。

2003年平成15年)には、長編小説『オリガ・モリソヴナの反語法』(2002年)で、Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。選考委員を務めた池澤夏樹は、若い夢とイノセンスの喪失を語りながら、暗い社会の中、老女オリガ・モリソヴナの躍動感で「子供たちはその光を受けて輝」いていると述べ、「ある天才的な踊り子の数奇な運命を辿ると同時に、ソ連という実に奇妙な国の実態を描く小説であって、この二重性が実におもしろい」、と評価した[2][3]

晩年[編集]

晩年は、肉体的にも精神的にも負担の多い同時通訳からは身を引いて作家業に専念した。またTBSのテレビ番組『ブロードキャスター』にコメンテーターとして出演していた。

卵巣癌を患い除去したが1年4ヶ月で再発し、2006年平成18年)5月25日に神奈川県鎌倉市の自宅で死去したことが同29日に報道された。享年56、戒名「浄慈院露香妙薫大姉」。死亡時には週刊誌、『サンデー毎日』で『発明マニア』を、『週刊文春』で『私の読書日記』を、それぞれ連載中であった。また、生前最後の著作は『必笑小咄のテクニック』(2005年)となった。

死亡後の7月7日には、日本記者クラブにて「米原万里さんを送る会(送る集い)」が行われた。

エピソード[編集]

趣味は駄洒落下ネタ、そしてと暮らすこと。親しい友人のイタリア語同時通訳者の田丸公美子も駄洒落と下ネタが得意で、米原は田丸に自分の渾名「シモネッタ・ドッジ」なる称号を献上、田丸は米原を「え勝手リーナ」(エカテリーナ)と呼んでいた。

佐藤は「文藝春秋」2008年9月特別号において、米原に橋本龍太郎から関係を迫られたと聞いたとする記事を掲載した。米原は橋本が総理在任中のモスクワ外遊時に通訳を務めていた。この記事はのちに『インテリジェンス人間論』にも掲載された[6]。掲載時に両者とも故人だったためコメントは得られていない。

家族[編集]

父親は衆議院議員米原昶、祖父は鳥取県議会議長、貴族院議員、鳥取商工会議所会頭などを務めた米原章三

実妹のユリは作家・戯曲家の井上ひさしの妻である。万里は死亡時まで、井上が会長を務める日本ペンクラブの常務理事であった。

受賞歴[編集]

著書・関連書籍[編集]

単独での著書[編集]

  1. 不実な美女か貞淑な醜女か(-ブスか)
  2. 魔女の1ダース - 正義と常識に冷や水を浴びせる13章
  3. ロシアは今日も荒れ模様
  4. ガセネッタ&シモネッタ(ガセネッタとシモネッタ)
  5. 嘘つきアーニャの真っ赤な真実
  6. 真夜中の太陽
  7. ヒトのオスは飼わないの?
  8. 旅行者の朝食
  9. オリガ・モリソヴナの反語法
  10. 真昼の星空
  11. パンツの面目ふんどしの沽券(-こけん)
  12. 必笑小咄のテクニック(ひっしょうこばなし-)
  13. 他諺の空似 - ことわざ人類学(たげんのそらに-)
  14. 打ちのめされるようなすごい本
  15. 発明マニア
  16. 終生ヒトのオスは飼わず(しゅうせい-)
  17. 米原万里の「愛の法則」
  18. 心臓に毛が生えている理由(-わけ)
  19. 言葉を育てる 米原万里対談集

共同での著書・対談など[編集]

  • マイナス50℃の世界 - 寒極の生活
  • マイナス50℃の世界
    • 米原万里・著、山本皓一・写真
    • 清流出版 - 2007年1月 125p ISBN 978-4-86029-189-1 ISBN 4-86029-189-1 (上掲同題書を改稿、写真追加)
    • 角川文庫(角川学芸出版)- 2012年1月(清流出版刊書を再構成のうえ、文庫化)
  • 日本の名随筆 別巻66 方言
  • 司馬サンの大阪弁 - '97年版ベスト・エッセイ集
    • 日本エッセイストクラブ・編
    • 文藝春秋 - 1997年7月 ISBN 4-16-353140-8
    • 文春文庫(文藝春秋) - 2000年9月 ISBN 4-16-743415-6
      • 「音楽の音を言葉で表す達人」を収録
  • 木炭日和 - '99年版ベスト・エッセイ集
    • 日本エッセイストクラブ・編
    • 文藝春秋 - 1999年7月 ISBN 416355520X
    • 文春文庫(文藝春秋) - 2002年7月 ISBN 4167434172
      • 「漢字かな混じり文は日本の宝」を収録
  • 私たちが生きた20世紀 - 下
    • 文藝春秋・編
    • 文春文庫(文藝春秋) - 2000年10月 ISBN 4-16-721774-0
      • 「夢を描いて駆け抜けた祖父と父」を収録
  • 二十一世紀に希望を持つための読書案内
    • 筑摩書房編集部・編
    • ちくまプリマーブックス 141 筑摩書房 - 2000年12月 ISBN 4-480-04241-5
  • 17歳のための読書案内
    • 筑摩書房編集部・編
    • ちくま文庫 ち10-1 筑摩書房 - 2007年5月 ISBN 978-4-480-42332-0
      • 「本気で惚れた相手を口説くのは難しい」を収録
  • 酒は老人のミルクである - 玉村サロン絶好調!
  • 母のキャラメル - 2001年版ベスト・エッセイ集
    • 日本エッセイストクラブ・編
    • 文藝春秋 - 2001年7月 ISBN 416357610X
    • 文春文庫(文藝春秋) - 2004年7月 ISBN 4167434199
      • 「愛の代用品」を収録
  • 読書のたのしみ
  • 話せばわかる! - 養老孟司対談集 身体がものをいう
  • ああ、恥ずかし
    • 阿川佐和子・ほか・著
    • 新潮文庫(新潮社) - 2003年10月 ISBN 4101201218
      • 「自分の舌が恐くなる」を収録
  • 君今この寂しい夜に目覚めている灯よ - 佐高信対談集
  • 座談会昭和文学史 第4巻
  • それでも私は戦争に反対します。
  • わたし、猫語がわかるのよ
  • 小説50 - あなたへの「著者からのメッセージ」
  • 父と娘の肖像
  • 懐かしい日々の対話 -- 多田富雄対談集
  • あの日、あの味 - 「食の記憶」でたどる昭和史
  • テレビニュースは終わらない

訳書[編集]

その他[編集]

  • ユリイカ 特集 米原万里
    • 目次
    • ネクラーソフ・最後の詩集 『終焉の歌』 を中心とする抒情詩群(1)
    • 罵り言葉考
    • 私とロシア、そして文読む月日 / 米原万里×沼野充義 対談
    • マーリ・イターロヴナ・ヨネハラの写真帖
    • 米原万里略年譜
    • 青土社 - 2009年1月 ISBN 978-4-7917-0188-9 ASIN 4791701887
  • 希人よ もっと激しく、もっと自由に(まれびとよ-)
  • 叔母の陰謀
    • 2004年9月14日付 読売新聞(大阪本社)に掲載
    • 短編小説
  • センセイの書斎 - イラストルポ「本」のある仕事場
    • 内澤旬子・著
    • 幻戯書房 - 2006年5月 ISBN 4-901998-16-1
      • 31ヶ所の仕事場紹介のうち、米原万里(作家・同時通訳者)「ファイルと箱の情報整理術」
  • 一字一会 - いま、何か一つだけ、字を書くとしたら?
    • 株式会社金曜日 - 2006年7月 ISBN 4-906605-15-X
      • 週刊金曜日』連載の単行本化。100人の執筆者中、書き下ろしで、米原万里(作家・エッセイスト)
  • 米原万里、そしてロシア

著書の他言語版[編集]

  • 프라하의 소녀시대 (『プラハの少女時代』、原本著書題名は『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』)
  • 마녀의 한 다스 (『魔女の1ダース』)
    • 요네하라 마리(米原万里)・著 이현진・訳
    • 마음산책・刊 - 2007年3月 ISBN 9788960900080
  • 속담인류학 -- 속담으로 풀어 본 지구촌 365일 (『ことわざ人類学 - ことわざで読み解く地球の365日』、原本著書題名は『他諺の空似 - ことわざ人類学』)
    • 요네하라 마리(米原万里)・著 이현진・訳
    • 중앙일보시사미디어・이코노미스트中央日報時事メディア社・週刊『エコノミスト』誌編集部)・刊 - 2007年7月 ISBN 9788992390101
  • 팬티 인문학 (『パンツ人文学』、原本著書題名は『パンツの面目ふんどしの沽券』)
    • 요네하라 마리(米原万里)・著 노재명・訳
    • 마음산책・刊 - 2010年10月 ISBN 9788960900851

テレビ番組[編集]

  • 世界・わが心の旅 - プラハ 4つの国の同級生 (NHK衛星第2、1996年2月3日放送、2006年6月13日再放送)
    旅人・ロシア語同時通訳者 米原万里、語り・加藤武
    テーマ音楽・立原摂子、撮影・三石陽一、音声・黒木禎二、編集・中村幸弘、音響効果・片野正美、取材 - オリビア・ベルキアヌ、マルティン・バティカーシュ、ドラガン・ミレンコビッチ、山本充広、構成・長澤智美、プロデューサー・大森裕子、制作統括 - 宮下弘、平賀徹男、共同制作 - NHKエンタープライズ21テレビマンユニオン、制作・著作 - NHK
  • ゆるナビ - ゆるやかナビゲーション 第18回 (NHK総合、2006年9月20日放送)
    忘れられない女性たち「さようならの風景」〜 作家・ロシア語通訳 米原万里
    番組内のひとつのコーナーとして、しまおまほが鎌倉の自宅などを紹介。

脚注[編集]

  1. ^ 米原万里さんの想い出 (有田芳生の「情報の裏を読む」)
  2. ^ 『ユリイカ』2009年1月号、p.166
  3. ^ 井上ユリ・小森陽一編著『米原万里を語る』p.112(かもがわ出版、2009年)
  4. ^ 井上ユリ・小森陽一編著『米原万里を語る』p.114(かもがわ出版、2009年)
  5. ^ 翻訳通訳研究(2006年6月2日付)
  6. ^ ロシア語通訳の米原万里は大きな瞳で筆者を見つめ「私橋龍に襲われそうになったことがあるの」と言った。橋本龍太郎・元首相はエリツィンとの会談で通訳してもらう内容について相談したいと米原万里を3部屋続きのプレジデント・スイートに呼び出し暫く打ち合わせたが途中から様子が変わり米原万里に迫ってきたということだ。「ほんと怖かった。やっとの思いで部屋から逃げ出したわ。仕事にかこつけて呼び出しておいて迫るのは男として最低だわ」と米原万里は続けた

外部リンク[編集]

講演・読みもの[編集]

訃報に接して[編集]