タイミル半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中左がタイミル半島

タイミル半島(タイミルはんとう)はシベリア北部に位置する北極海に突き出た半島。西はカラ海に注ぐエニセイ川が河口で形成するエニセイ湾、東はラプテフ海に注ぐハタンガ川ハタンガ湾で限られる。 半島全域がロシア連邦クラスノヤルスク地方に属するタイミル自治管区に含まれる。

半島の最北端はチェリュスキン岬(北緯77度43分、北極点から約1,300km)。チェリュスキン岬ユーラシア大陸の最北端でもある。その北にヴィリキツキー海峡を隔ててセヴェルナヤ・ゼムリャ諸島がある。 半島の中央部を高さ1,000mほどのビルランガ山脈が走り、山脈の南麓にタイミル湖がある。

住民の数はわずかであり、ロシア人のほかに、ドルガン人ネネツ人ガナサン人などがいる。

2012年、このあたりに住む11歳の少年により、永久凍土のなかからマンモスの死骸が発見された。非常に保存状態が良く、知らせを受けた専門家によると約3万年前に死んだ15-6歳程度の雄のマンモスと推定されている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「世紀のマンモス」発見=11歳少年が偶然、保存状態良好-ロシア”. 2012年10月6日閲覧。