マガダン時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マガダン時間(マガダンじかん、Magadan Time - MAGT)は、2014年10月26日までロシアにおいて使用されていた、協定世界時 (UTC) を12時間進ませた標準時である。(UTC+12)

歴史[編集]

2010年3月28日のサマータイム開始と同時にカムチャツカ時間が廃止され、カムチャッカ時間を用いていたカムチャツカ地方チュクチ自治管区はマガダン時間を用いることとなった。 もともとはUTC+11であり、夏時間では協定世界時より12時間進み(UTC+12)、マガダン夏時間(マガダンなつじかん、Magadan Summer Time - MAGST)と呼ばれていたが、2011年3月27日に夏時間で協定世界時より12時間進み、そのまま夏時間廃止で季節にかかわらずUTC+12固定となった。

国民の不満を受けて2014年7月22日ウラジーミル・プーチン大統領が標準時を冬時間に戻す法案に署名したことにより[1]、同年10月26日よりロシアの時間帯の変更が行われ、カムチャツカ時間、サマラ時間が復活し、マガダン時間は廃止された。

採用していたロシアの地域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ロシア、通年「冬時間」に 10月から日本と6時間差”. 産経ニュース. (2014年7月23日). http://www.sankei.com/world/news/140723/wor1407230046-n1.html 2014年12月7日閲覧。 

関連[編集]