白軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白軍(はくぐん:ロシア語:Белая Армияビェーラヤ・アールミヤ)は、1917年以降のロシア革命期における革命側の赤軍に対する反革命側の軍隊の総称である。

白衛軍(Белая Гвардияビェーラヤ・グヴァールヂヤ)、白色運動(Белое движениеビェーライェ・ドヴィジェーニイェまたはБелое делоビェーライェ・ヂェーラ)とも呼ばれる。その他、各国語によって異なる名称で呼ばれる。ロシア内戦において赤軍と戦闘を繰り広げたが、1920年クリミア半島から最後の部隊が撤退・亡命した。

なお、白軍といえばまず「反革命」と呼ばれることが専らであるが、この場合の「革命」というのはボリシェヴィキによる「十月革命」のことであって、白軍の多くはその前の「二月革命」には反対していない。

概要[編集]

白軍は、ロシア帝国旧領内の各地で設立された。白軍の内訳は旧ロシア帝国軍、白軍派コサック軍から成り、共和制派が多く、各地に共和国を建国した。一般にロシアの右翼とイメージされるが、左翼も含まれた。以前はボリシェヴィキ系の共産主義者以外はすべてが白軍に括られる傾向があったが、これはソ連によるプロパガンダであり、今日ではすべての反ソヴィエト勢力が白軍と呼ばれるわけではない。

また、主要な白軍は反ボリシェヴィキ革命に対する牙城としてなどが支援していた。なお、ロシア内戦期に活動した勢力には、白軍(多数の共和主義者と少数の専制主義者)と赤軍(ソヴィエト共産主義者)のどちらともつかない、社会主義者や非ボリシェヴィキ系の共産主義者の勢力もあった。これらを俗に「ピンク色」と称することがあるが、侮蔑的な呼称である。

白軍指導者にはデニーキンコルチャークセミョーノフなどが存在する。一時はロシアやウクライナの多くの土地を支配下に収め、圧倒的な強さを誇ったが内紛などもあり次第に赤軍に敗北を重ねるようになった。最終的に、1920年11月のペレコープ=チョーンガル作戦で破れ、多くの兵・市民がフランスアメリカ合衆国などへ亡命した。このときの亡命艦隊はロシア艦隊と呼ばれ、1930年代までフランスに抑留されていたことで知られる。

白軍は、ロシア帝国の支配下にあったフィンランドでも設立された。ロシア革命によってフィンランドは独立したが、独立直後の政情不安と混乱を突き、共産主義者である赤衛軍がフィンランド各地で反乱を起こした。この赤衛軍は一時首都ヘルシンキを占領したため、その反対勢力はロシア帝国の軍人だったカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムを登用し、白衛軍を組織した。当時第一次世界大戦中でロシアと対立していたドイツ帝国と、中立ながらフィンランドに同情を寄せていたスウェーデン義勇軍を送り内戦となった。1918年1月から5月まで戦闘が行なわれ、最後は白衛軍が勝利を収めた。

白軍の「白」については、「白軍を構成する主な勢力が旧ロシア帝国軍であり、白色テロと関連づけた」という説と、「ロシアでは白(=雪)が悪を示す色で、赤(=火)が正義を示す色であり、ボリシェヴィキが民衆に相手は悪だと印象づける為に白軍とした」という説があるが、よく分かっていない。

なお、満洲北海道への移住で日本人にも馴染の深い「白系ロシア人」は、革命時に白衛軍側とみなされ国外へ逃亡した人々のことである。

白ロシア(ベラルーシ)は地域名及び共和国名であり、「白系」とは無関係。この場合の「白」の意味についてはベラルーシ#国名を参照のこと。

主な白軍組織[編集]

関連項目[編集]