グリゴリー・セミョーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリゴリー・セミョーノフ

グリゴリー・ミハイロヴィチ・セミョーノフСемёнов, Григорий Михайлович, 1890年9月13日 - 1946年8月30日)はロシア革命当時ザバイカル・コサックの統領(アタマン)であり、極東三州の独占的利権を確立しようとする日本軍参謀本部によって、反革命勢力の軍事指揮官に擁立された。

概要[編集]

セミョーノフは東シベリアのザバイカル州クランツカでコサックの父とブリヤート人の母の間に生まれた。

1908年オレンブルクのコサック学校に入る。3年後卒業し、第一ウェルフネウディンスク連隊に配属され、外蒙国境警備の任につく。その後チタの軍学校に学び、また沿海州の国境警備等の任につき、1914年第一次世界大戦が勃発すると、第一ネルチンスク連隊の一員として東部戦線へ出征。軍功を立てて勲章二個を得た。大尉として第三ウェルフネウディンスク連隊でペルシャ戦線に戦っている時に二月革命が起こった。臨時政府のケレンスキーへ民族部隊の設立を献策して容れられ、シベリアに戻って募兵を始めるが、十月革命の勃発を受けて反革命勢力として活動を開始する。

1918年9月、イギリスに擁立されたコルチャークにより、オムスク臨時全ロシア政府が成立すると、セミョーノフはコルチャークからザバイカルの統治権限を受けるが、両者の戦略や思想の食い違い、英軍と日本軍の思惑の相違があり、その反目の深刻さは軍事作戦面での共同までも妨げていた。

1920年3月、ウラジオストクで新聞を発行していたユダヤ系ロシア人のアナトリー・ヤコヴレヴィチ・グートマンは日本で反過激派(反赤軍)露字新聞「デイロ、ロシー」(Дело России)の邦文翻訳号を創刊した[1]。1920年6月にロシアの陸軍中将ロマノフスキー(ru:Романовский, Иван Павлович?)が軍代表者のセミョーノフやスイロボヤルスキー少将(ru:Сыробоярский, Александр Владимирович?)と協議を行い、「デイロ、ロシー」を買収した[1]。「デイロ、ロシー」の主筆はロマノフスキーが行っていた[2]

彼の粗暴で専制的な素行の噂は、民意による政権樹立を名目とするアメリカにとって、極東から日本の勢力を排除するための口実となり、日本のシベリア出兵継続を危うくさせた。

赤軍に押されてオムスク政府が崩壊する際、500トンとも言われる帝政ロシア中央銀行の金塊の一部を入手して日本の朝鮮銀行に輸送した。続いて列国のシベリア撤退に伴い日本軍の後ろ楯を失い失脚、1921年ウラジオストクを脱出した後上海、アメリカ、日本を転々とする。

1945年8月、大連にいたセミョーノフは赤軍に捕縛され、1946年8月モスクワで国家財産略取のかどで絞首刑を執行された。

同将軍に関しては、吉野松夫という人物と関わりがあり、以下の様な記述も見受けられる。

赤軍捕縛時のセミョーノフ

(吉野氏は)元関東軍ハルビン特務機関員で、白系露人工作を担当、チョウル白系開拓団の監督官とも 言うべき形で副村長をしており、セミョーノフ将軍の姪を妻にしていたといわれる。
終戦時にはハルビンでソ連側に逮捕されたが、特務機関員なのにもかかわらずシベリヤ送りにもならずに、 二十一年大連経由で引き上げてきた。もちろん、妻やセミョーノフ将軍が処刑されたことはいうまでもないことである。
その後、露語に巧みなことから日ソ通信社や旧朝連(朝鮮人連盟)に関係、二十七年に 日ソ貿易商社進展実業の通訳として、樺太炭の摘み取りのため樺太へ出張したこともあるという人物である

三田和夫著「赤い広場―霞ヶ関 山本ワシントン調書」20世紀社 昭和30年 pp.80~81

出典[編集]

  1. ^ a b 10.浦汐政府対日宣伝開始記事ノ件 自大正九年九月 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03040651200、新聞雑誌出版物等取締関係雑件 第四巻(B-1-3-1-075)(外務省外交史料館)」
  2. ^ 6.露字新聞「デーロ、ロシー」発刊/1 大正9年3月12日から大正9年9月6日 「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.B03040699800、新聞雑誌発刊計画雑件(B-1-3-1-117)(外務省外交史料館)」

関連項目[編集]