アタマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アタマンアタマーン: атаманアタマーン)は、コサック共同体で選出される指導者称号。この称号は、14世紀頃に出現した。ウクライナ語では「отаман」(オタマーン)となる。従って、ウクライナのコサックに関してはオタマンあるいはオタマーンと書く方が適切である。

概要[編集]

語源については諸説存在する。コサック自身の主張によれば、アラン語又はゴート・アラン語の「」、「男性」、「勇士」から来ている。別説によれば、テュルク系言語のアタ(父)とトゥマン(1万)の合成語だとされる。テュルク語のオドマン(odoman)は、「牧夫の長老」を意味する。

ウクライナ・コサックでは、シーチの中枢組織であるザポロージャのシーチ英語版キーシュを指揮するキーシュのオタマーンが置かれていた。また、ロシア革命後のウクライナ内戦期には、ウクライナ人民共和国などウクライナ系の軍隊指揮官が「オタマーン」を名乗った。

関連項目[編集]