アレクサンドル・ケレンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア帝国の旗 ロシア帝国の政治家
アレクサンドル・ケレンスキー
Александр Фёдорович Керенский
Alexander Kerensky LOC 24416.jpg
アレクサンドル・ケレンスキー
生年月日 1881年5月2日ユリウス暦4月22日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国シンビルスク(現在のウリヤノフスク
没年月日 1970年3月7日(満88歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
所属政党 社会革命党

内閣 ケレンスキー内閣
任期 1917年7月21日 - 1917年11月8日
テンプレートを表示

アレクサンドル・フョードロヴィチ・ケレンスキー(アレクサーンドル・フョードロヴィチ・ケーレンスキイ;ロシア語: Алекса́ндр Фёдорович Ке́ренскийAleksandr Fyodorovich Kerenskiiアリクサーンドル・フョーダラヴィチ・キェーリェンスキイ,1881年4月22日(ロシア旧暦グレゴリオ暦では5月2日) - 1970年6月11日)は、ロシアの政治家。ロシア革命の指導者の1人で、臨時政府首相を務めた。社会革命党党員。

生い立ち[編集]

ロシアのシンビルスク(今のウリヤノフスク)に生まれる。父フョードルはシンビルスク古典中高等学校の校長であったが、その生徒の中にウラジーミル・ウリヤーノフ(後のレーニン)がいたことは歴史上の皮肉と言っていいであろう(レーニンの兄アレクサンドル・ウリヤノフの処刑後も、彼はウラジーミルを擁護していた)。ペテルブルク大学を卒業。弁護士として働き、1912年社会革命党(SR)議員となった。同年4月、東シベリアのレナ川流域の金鉱で労働者らが軍に射殺されたレナ虐殺事件が起こるとケレンスキーは調査委員会の委員長となり、一躍、改革派議員としてその名を知られるようになる。

ロシア革命[編集]

1917年2月、ペトログラード(サンクトペテルブルク)におけるデモをきっかけに2月革命が開始されると、当時改革派議員の有力者と目されていたケレンスキーは、ペトログラードの労働者ソヴィエトの副議長に任命された。その後臨時政府が組織されると、ソヴィエトを代表して入閣し法相に就任した。この時兵士と労働者の人気はソヴィエト出身のケレンスキーに集まっており、臨時政府の実権も彼が握っていた。5月には軍事大臣に就任し、市民改革および第一次世界大戦の戦争継続を主張した。陸軍の総司令官をアレクセーエフからブルシロフに代え、ドイツに対する攻勢を命令した(ケレンスキー攻勢)。しかし指令系統が破綻しつつあるロシア軍は攻勢に失敗し、逆に7月14日ドイツ東部軍は反攻に転じ、ロシア軍の前線は全面にわたり崩壊した。7月13日ブルシロフを更迭しコルニーロフを新たな総司令官に任命し、自身も首相の座についた。コルニーロフはボリシェヴィキによる混乱がロシア軍を危機に陥れていると考え、前線からペトログラードに部隊を投入してクーデターを決行しようと試みた。9月9日ケレンスキーは彼の更迭を命令したが、コルニーロフはコサック部隊を首都へと向かわせた。ケレンスキーはボリシェヴィキの赤軍に助力を要請、これを見たコサックは命令を拒否しコルニーロフは逮捕されたが、臨時政府の影響力は低下しボリシェヴィキの勢力が増大することになった。

10月上旬フィンランドから帰還したレーニンは、ボリシェヴィキに臨時政府の打倒を呼びかけた。これを聞いたケレンスキーは10月24日早朝に、士官学校生徒などを用いてボリシェヴィキの機関誌印刷所などを襲撃させた。しかしトロツキー率いる赤軍はこれに直ちに反応し、印刷所を回復、郵便局、発電所、銀行を占領した。これに続き、ボリシェヴィキはかねてからの計画通り10月25日にペトログラードで全面的な蜂起を行った(十月革命)。情勢の不利を悟ったケレンスキーはペトログラードの冬宮を脱出、彼はこの時女装し、アメリカ国旗がはためく車に乗っていたといわれる。彼を除く臨時政府の閣僚はすべて逮捕・監禁されたが、後に追放もしくは脱走・亡命した。プスコフに逃れた彼は、この地の騎兵部隊を率いて再び首都へ帰還しようと試みた。ツァールスコエ・セローを占領したものの赤軍との戦闘に敗れ、数週間を隠れ家で過ごした後フランスに亡命した。

亡命、そして死[編集]

1917年8月
亡命先で
(1938年、原稿を手にしている人物)
ケレンスキーの墓。八端十字架が立てられている。

彼はその後も終始一貫して白軍を「反革命右派」、ボリシェヴィキを「反革命左派」と非難した。その後、KGBは「ピエロ」のコードネームを付けて彼を監視し、一時は「無力化すべし」とまで報告したが、結局彼は何も危害を受けることはなかった。

第二次世界大戦の危機が迫ると、フランスから米国に亡命し、1940年代以降、米国内で大学講師や、研究所の職員などをしながら職を転々と渡り歩いた。

また革命政権時代に反ユダヤ感情渦巻くロシアにおいて、ユダヤ人の人権保護を訴えたことから、ユダヤ系の人間から資金援助や支援を受けていた。

ケレンスキーは1970年ニューヨークの自宅で死去した。10月革命の当事者としては最後の生き残りの一人であった。ところが、ニューヨークの在外ロシア正教会およびセルビア正教会からは、ボリシェヴィキによる政権奪取の責任を問われて埋葬を拒否され、彼の遺体は現在ロンドンに埋葬されている。

十月革命の女装伝説[編集]

ケレンスキーは従来女装を好んでいたという噂から、十月革命時には看護婦の姿に女装して逃亡したという噂がバルト水兵から生じていた。しかしトロツキーはこれをデマであるとし、一般的には認められていない。アメリカ大使館の車での逃亡も同様に伝説であるとされている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ゲオルギー・リヴォフ
臨時政府首相
1917年
次代:
ウラジーミル・レーニン
先代:
アレクサンドル・グチコフ
ロシア帝国軍事大臣
1917年5月5日 - 8月30日
次代:
А・ヴェルホフスキー