フェリックス・ユスポフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・ユスポフ。1914年
フェリックス・ユスポフと妻イリナ

フェリックス・フェリクソヴィッチ・ユスポフ公Феликс Феликсович Юсупов, Prince Felix Feliksovich Youssoupov, 1887年3月23日 - 1967年9月27日)はロシア帝国の貴族。ユスポフ家は14世紀タタールの雄エディゲの血を引くロシア屈指の名門で、ロマノフ家よりも金持ちだったといわれている。母はユスポフ家の女子相続人ジナイダ・ユスポヴァ

生涯[編集]

1914年にニコライ2世の姪イリナと結婚し、一人娘のイリナをもうけた。1916年12月、親友で愛人であったといわれるドミトリー・パヴロヴィチ大公らとラスプーチンを殺害した(殺害方法にはさまざまな説があり、未だに謎とされている)。後に皇帝の命によりユスポフ家の領地に追放されている。逆にこのことが幸いし、ロシア革命後はボリシェビキの暗殺を逃れて家族と共に亡命に成功した。パリに移住し、回想録を記した。なお彼は美男子であったことと、同性愛者の気があり女装の趣味があったことでも知られている。しかし、ユスポフとイリナは50年以上にわたって幸福な結婚生活を送り、ユスポフが1967年に亡くなった時にイリナは悲しみに襲われ、3年後に亡くなった。

備考[編集]

池田理代子の漫画「オルフェウスの窓」には、レオニード・ユスーポフ侯爵という人物が登場する。ニコライ2世の姪と結婚し、ラスプーチンを殺害するなど本稿のユスポフ公爵と共通項はあるが、物語の中では自決によって最期を遂げる点などから、本稿のユスポフ公爵とは異なる、これをモデルにした架空の人物と思われる。

外部リンク[編集]