デイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイズ
Days
キンクスシングル
収録アルバム ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ
B面 シーズ・ガット・エヴリシング
リリース イギリスの旗1968年6月28日
アメリカ合衆国の旗1968年7月24日
録音 1968年5月23日27日
イギリスの旗 イギリスロンドン
パイ・スタジオ(No.2)
ジャンル ロック
レーベル イギリスの旗パイ
アメリカ合衆国の旗リプリーズ
作詞・作曲 レイ・デイヴィス
プロデュース

レイ・デイヴィス

キンクスシングル盤 年表
ワンダーボーイ
(1968年)
デイズ
(1968年)
プラスティック・マン
(1969年)
テンプレートを表示

デイズ」(Days)は、レイ・デイヴィスの手による楽曲。1968年に、彼のバンド・キンクスによって最初に録音された。

キンクス版[編集]

デイズは1968年、キンクスのシングルとして発表された。アルバム「ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ」の初期バージョン(大陸ヨーロッパとニュージーランドでしかリリースされていないもの)にも収録されている。現在では、アルバムのリマスター版にボーナストラックとして収められている。

この曲はアップテンポのバラード調で、歌詞はレイ・デイヴィスの得意とするほろにがい感触の内容である。主人公は自分のもとから去って行ったか、もしくは死んでしまったかつての恋人に対して語りかけていて、共に過ごした日々に感謝し、その旅立ちを許している。この詞では「君が行ってしまっても、ぼくはいつも君と一緒にいるよ、信じておくれ」という約束が歌われており、「人が人に与えた影響は、離れ離れになっても残り続ける」というテーマが示されている。

のちのインタヴューでレイ・デイヴィスは、当時のキンクスは自分たちの将来に対する不安を感じていて、それでバンドのオリジナルメンバーたちへ向けた別れの言葉としての意味合いもこの曲は持っている、と語っている(バンドの結成メンバーであるピート・クウェイフは、このシングルの発表後ほどなく脱退することになる)。

バンドが商業的に下降線を辿っていた年にリリースされたこの曲は、レイ・デイヴィスにとって、そしてまたキンクスにとっても重要なシングルである。この曲はアルバムの中の1曲にすることを想定されていたが、前シングルの「ワンダーボーイ」がイギリスのチャートでわずか36位にとどまった失敗を受け、「デイズ」は以前録音された未発表曲「シーズ・ガット・エヴリシング」(1966年2月のセッションで、シングル「キザな奴」と同時に録音された)をB面として急遽シングルとして製作された。このシングルはイギリスのチャートで10位にまで到達したが、アメリカではチャートインしなかった。一方イギリスでも、「デイズ」のチャート成績は上々だったものの以降のバンドの売り上げを伸ばすことはできず、その後リリースされた4枚のシングルはチャートの30位にも届かず、そのうちの2枚はチャートインすらかなわなかった。

チャート順位[編集]

  • イギリス:10位
  • ベルギー:17位
  • ドイツ:28位
  • オランダ:7位
  • ニュージーランド:11位

カースティ・マッコール版[編集]

イギリスの歌手カースティ・マッコールは、1989年に発表したアルバム「カイト」のなかで「デイズ」をカバーしている。このカバーバージョンはシングルとしてもリリースされてイギリスのシングルチャートで12位を記録し、キンクスが1968年に達成したのと同等の成績を残している。1995年にも再びシングルリリースされたものの、売り上げは伸びず、イギリスのチャートで42位となったにとどまった。「デイズ」は彼女の代表曲のひとつに数えられる。

その他のカバー[編集]

この曲は同時期に多くのアーティストによってカバーされており、ペトゥラ・クラークが1968年のアルバム「ペトゥラ」でカバーしたのをはじめ、リバプール出身のビート・グループThe Hillsidersが1969年のシングル「Kentucky Woman」のB面に収録したカバーや、ジェームス・ラストが同じく1969年にリリースしたインストゥルメンタル・バージョンなどがある。

エルヴィス・コステロによるカバーが、1991年の映画「夢の涯てまでも」(ヴィム・ヴェンダース監督作品)のサウンドトラックに収められているほか、彼の1995年のアルバム「コジャック・ヴァラエティ」にも収録されている。