ウォータールー・サンセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォータールー・サンセット
Waterloo Sunset
キンクスシングル
収録アルバム サムシング・エルス
B面 イギリスの旗アクト・ナイス・アンド・ジェントル
アメリカ合衆国の旗ふたりの姉妹
リリース 1967年5月5日
録音 1967年
ジャンル ロック
時間 3分16秒
レーベル イギリスの旗パイ
アメリカ合衆国の旗リプリーズ
作詞・作曲 レイ・デイヴィス
プロデュース

シェル・タルミー

キンクスシングル盤 年表
危険な街角
(1966年) (UK)
----
ミスター・プレザント
(1967年) (US)
ウォータールー・サンセット
(1967年)
オータム・オルマナック
(1967年)
テンプレートを表示

ウォータールー・サンセット」("Waterloo Sunset")はイギリスのバンド・キンクスの楽曲。1967年にシングルとして発表され、アルバム「サムシング・エルス」にも収録されている。

リードシンガーであるレイ・デイヴィスによって作られた。歌詞の内容は、テムズ川の南に独りで住みながら、一組の男女がウォータールー駅の地下鉄乗り場でロマンティックな出会いを果たしウォータールー橋を二人で渡っていくようすを眺めて(あるいは思い浮かべて)いる男性の視点から進んでいく。レイ・デイヴィスは1996年の自伝的小説『エックス・レイ』のなかで、子供のころの入院体験からこの曲のインスピレーションを得たのだと語っている。BBCのラジオ番組『The Davies Diaries』では、デイヴィスは「登場人物たちが誰のことなのかは教えられない。彼らはわたしの良き友人だから」と話し、また2008年に行なわれた別のインタビューでは「あれはわたしの姉がボーイフレンドと一緒に旅立とうとするようすから空想したものだ。彼女たちは、移民して他の国へ行こうとしていたんだよ」とも話している。

歌の中に登場する「テリーとジュリー」というカップルは、当時のイギリスの映画スターであったテレンス・スタンプジュリー・クリスティのことだと広く言われ、また信じられてきた。しかしデイヴィスは2004年のインタビューで「いや、テリーとジュリーは実在の人物だ。わたしはスターについて詞に書いたりはしないよ」と語っている。

レコーディングでは、レイ・デイヴィスの最初の妻であるラサをバックボーカルに起用している。

シングルはイギリスのチャートで2位を記録した(トレメローズの『サイレンス・イズ・ゴールデン』をチャート1位の座から追い落とすことはできなかった)。デイヴィスはこの曲を、自分にとってプロとしてのひとつの里程標であると考えた。シングルをヒットさせるための商業的な要求と、彼自身が持っている物語風な曲作りのスタイルとを、どうにか上手く調和させることができたのである。この曲の綿密なプロダクションはレイ・デイヴィス独りによるもので、それまでずっとキンクスのプロデューサーを務めてきたシェル・タルミーの手を離れた初めてのレコーディングだった。

ロンドンのFM曲は、2004年に投票によって「Greatest Song About London」に選出され、またタイム・アウト誌はこの曲を「Anthem of London」に選んでいる。2004年に『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では42位となった。