リプリーズ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リプリーズ・レコード(Reprise Records)はアメリカレコードレーベルである。フランク・シナトラワーナー・ブラザーズ・レコードの共同出資で設立され、当初はシナトラの作品と彼の音楽仲間であるサミー・デイヴィス・ジュニアやディーン・マーティンらの作品を発売する為の会社であった。後にシナトラレコード会社の経営に興味を失ったことにより、ワーナー・ブラザーズ・レコードが彼の株を買い取り吸収合併した。

合併当初はワーナー・ブラザーズ・レコード内の事業部として、独立会社時代と同様の運営がされていたが、次第に若者向けのロックにも進出するようになった。それと共に、1960年代末頃からはワーナー・ブラザーズとリプリーズのスタッフはほぼ同一となり、レコード盤上のラベルのみの違いとなった。同じアーティストの作品でも、前作はリプリーズのラベルが付いていたが今作はワーナー・ブラザーズのラベルが付くというようなことが少なくない。

日本国内のワーナー(旧ワーナー・パイオニア)のアーティストもこのレーベルを冠した時期があり、主に小柳ルミ子中森明菜武田久美子吹田明日香畠田理恵杉浦幸など女性アイドルが多かった。

尚、リプライズ・レコードは誤表記。

沿革[編集]

  • 1960年 フランク・シナトラとワーナー・ブラザーズ・レコードの折半出資により設立
  • 1963年 フランク・シナトラの持分をワーナー・ブラザーズ・レコードが買い取り、同社に吸収合併

経営者[編集]

独立企業時代のリプリーズの社長は、フランク・シナトラがヴァーヴ・レコードから引き抜いたモー・オースティンである。彼は後にワーナー・ブラザーズ・レコードの社長・会長を歴任することになる。

オースティンの下でリプリーズを若者向けロックに進出させたのが、A&Rマンのレニー・ワロンカーである。彼もオースティンの後を受けてワーナー・ブラザーズ・レコードの社長となった。

オースティンとワロンカーはワーナー・ブラザーズ・レコードを退任した後、共同でドリームワークス・レコードの経営を行った。

主なアーティスト[編集]

注:過去に所属していたアーティストも含む。

リプリーズレーベルに所属していた邦楽アーティスト[編集]

関連項目[編集]