エラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エラート (Erato Disques, S.A.) は、1953年フランスで創設されたレコードレーベルである。クラシック音楽を中核とし、とりわけフランス系の作品や演奏家の紹介に努めてきた。レーベル名はギリシャ神話に登場するエラトーからとられている。

沿革[編集]

1953年にコスタラ出版の録音部門としてフィリップ・ルーリー(Philippe Loury)によって創設された。芸術責任者にミシェル・ガルサンを迎え、フランス系の奏者を中心としたバロック音楽の発掘・録音に力を入れることにより、1960年代には同分野においてフランスを代表するレーベルに成長した。モーリス・アンドレジャン=フランソワ・パイヤールジャン=ピエール・ランパルなどのフランス人音楽家に加え、スイスのミシェル・コルボ、イタリアのクラウディオ・シモーネらが本レーベルを拠点として数多くの録音を残した。

1980年にルーリーが引退すると、新経営陣による経営方針によりラジオ・フランスとの共同制作などが増える一方で従来からの多くの演奏家がエラートを離れ、1992年にはレーベルはワーナー・ミュージック・グループの傘下に入る。以降も、ウィリアム・クリスティワディム・レーピンエレーヌ・グリモーなどの奏者によるクラシック音楽録音に加え、ワールド・ミュージックを中心にリリースするサブレーベル「Detour」を運営したが、2001年には事務所がパリから同じくワーナー傘下であったテルデックと供にロンドンに移され、事実上休眠状態に入る。

2013年にワーナーがEMI Classicsを買収したことによる組織再編によりヴァージン Classicsと統合されレーベルとして復活した。

おもな録音[編集]

関連項目[編集]